お亡くなり・ご危篤の場合

葬儀コラム

葬儀コラム

2016/11/19

29 葬儀での遺影写真について考えて用意してみる!


<h3 data-lazy-src=

<h3 data-lazy-src=

<h3 data-lazy-src=

4 まとめ

遺影写真のイメージは「白黒」「喪服」「堅い表情」というのが常であった。
しかし、現在の葬儀事情からすれば、出来るだけ故人らしさを大切にしようと風潮もあり
その形は徐々に変わってきています。
故人らしさを大切にしようという動きは葬儀全体でみられるもので、遺影写真についてもそれは当てはまるもの。後に作成する場合でも生前に撮影しておく場合でも、故人の意思を汲み取るということが重要であるといえる。
写真加工技術が進歩し、かけていたメガネを消す事もできるようです。 終活セミナーや葬儀社のイベントなどで遺影撮影をしてくれるところもあるようです。機会があれば利用してみるのもいいかもしれません。

一覧へ戻る
資料請求特典
ご相談・お問い合わせ・ご危篤・ご逝去・お急ぎ 0120-594-073