お亡くなり・ご危篤の場合

葬儀・家族葬なら厚生労働省認定の1級葬祭ディレクター在籍の㈱花葬


2016/10/24

3 川崎市で家族葬を安くする方法

本日は、「川崎市で家族葬を安くする方法」についてご紹介いたします。

 

 

 

【目次】

1. 家族葬とは?家族葬の範囲は?

2. こんな方には家族葬をおススメします。

3. 家族葬の費用

4. 川崎市・横浜市で家族葬を格安でやるやり方

5. 家族葬の問題点

6. 川崎市・横浜市の家族葬のまとめ

 

 

 

1. 家族葬とは?家族葬の範囲は?

 

最近では葬儀の形態は様々で火葬式・1日葬・家族葬・一般葬などがあります。

 

その中でも都心部で一番多いのが、家族葬となります。勿論、川崎市・横浜市も家族葬が圧倒的な人気となっています。また家族葬の参列していい範囲って、どう決めるのかというお問合せが多いのですが、家族葬だから誰も参列してはいけないなどと思う方もいらっしゃると思いますが家族葬には人数などの決まりや制限はなく、家族だけで葬儀を執り行う方もいれば、親戚だけは呼んでやる方・本当に仲良い友人だけは呼びたいなど様々です。

 

また最近の家族葬の傾向としては通夜はやらずに1日だけで終わらせる1日葬が増えています。弊社では6割以上が1日葬を選択されます。

 

※1日葬についてはこちら!

 

昔は近所や友人などに参列してもらい、家族は参列者の対応に追われ葬儀は忙しいというイメージでしたが、今の葬儀は家族葬が主流となり一般参列をお断りし家族だけで、ゆっくりお別れをする形が多くなっています。

 

 

 

2. こんな方には家族葬をおススメします。

 

家族葬は故人とのお別れの時間が取れ、家族は接待の時間が大幅に減り、家族は納得のいくお別れが可能になりました。

 

 

【家族葬のメリット】

●故人とのお別れの時間をゆっくり取りたい

●近所付き合いなどは、あまりなく参列者が少ない

●葬儀にあまり予算をかけず、無理なくお別れしたい

 

 

【家族葬のデメリット】

●葬儀後に自宅に、知人などが参列してくる

●葬儀後に返礼品などを用意したりしないといけない

●知人などに、なんで家族葬にしたとかの説明をしないといけない

 

葬儀後は手続き等、やる事が沢山あります。

 

※葬儀後の手続きに関する詳細はこちら!

 

 

 

3. 家族葬の費用

 

家族葬といっても、葬儀に使う備品などは変わりありません。

 

一番の違いは接待費《返礼品・料理》などを用意する事がないので、葬儀費用は安くなります。昔は接待費で100万円以上が必要でした。

 

ですので、昔は葬儀平均費用が230万円という高額となっていましたが、現代では全国の葬儀費用は約195万円といわれています。(日本消費者協会 2017年葬儀についてのアンケート結果) この金額には葬儀一式費用の、返礼品、料理の接待費・寺院や司式者のお布施なども含まれています。

 

195万が平均なので決して、家族葬だから安いというわけではありません。

 

ですが、家族葬の平均が195万は高いです。ここで皆様は少しでも葬儀の知恵を入れ葬儀社主導の葬儀にならないように事前に調べておくことが重要だと思います。川崎市や横浜市では葬儀社の数は数百社あります。全ての葬儀社に資料請求するのは不可能だと思いますので葬儀社を数社ピックアップして3社から5社には必ず資料請求や事前相談をしましょう。

 

葬儀社の種類は、

 

●互助会

⇒会員制で毎月の積立をする葬儀社、予算は少し高めです。

 

●生協(ゆきげ)・農協(セレサ)

⇒寺院などでの葬儀を得意とします。予算は少し高めです。

 

●葬儀専門葬儀社

⇒町にある葬儀社 価格もサービスも良いと思います。

 

●インターネット葬儀社

⇒小さなお葬式、イオン、よりそうなど、葬儀社の仲介の為、高額の仲介手数料などを取り、あまり良いサービスではありません。窓口なども変わって遺族はたらいまわしにされるみたいです。

 

 

葬儀社選びは一番の重要な部分なので葬儀後に後悔が残らないよう、事前に調べておくことをおススメします。またインターネット等で家族葬専門葬儀社や家族葬ホールなどのネーミングの葬儀社は家族葬のプロでは無いのでご注意ください。

 

また家族葬で費用のデメリットが一つだけあります。それは参列者が少ないと参列者が用意する香典が受け取れないので遺族の負担は昔と比べると増えているかもしれません。

 

花葬では、格安なプランを用意し、無駄を省いた葬儀社となっていますので是非、他社と比べてみてください。費用・品質はどこにも負けません。

 

※費用について詳しくはこちら!

 

 

 

4. 川崎市・横浜市で家族葬を格安でやるやり方

 

葬儀で費用を抑えて執り行う方法は、一番は葬儀社選びになります。

 

葬儀社により葬儀で請求される物品は異なります。またプランに付いていない物も異なります。昔は立派な会館で葬儀をして立派な祭壇や棺などを用意して葬儀を執り行っていましたが時代が変わり家族葬の場合は立派な物品などは不要になってきました。

 

葬儀を安心して執り行うには事前に何社かの見積もりを取り、担当者と会ったりするのが満足のいく内容で不安のない葬儀社選びになるでしょう。

 

また余計な物品などは断り、見栄などは不要で一番は故人らしい葬儀を執り行ってください。立派な物より、送る側の気持ちが一番でしょう。

 

また葬儀の仲介業者などが最近は増えて来ています。

 

家族葬一式●●万円と安い料金を提示している葬儀の仲介業者は元のプランの価格は決まっていますが、オプションなど細かい事は不透明なので注意が必要です。

 

※葬儀社選びについての詳細はこちら!

 

 

 

5. 家族葬の問題点

 

葬儀は昔に比べて、トラブルなどが増えてきています。その一番のトラブルは家族葬です。遺族が故人の友人や知人などの関係を把握していなくて、家族葬を執り行い、参列者を限定したり、または葬儀後に訃報を出したりするケースがトラブルの原因になります。これは葬儀後に故人の関係者などから、最後に顔を見せて欲しかった、なぜ、参列させてくれなかったのか、などと言われるケースが増えています。

 

また、人によっては縁が切れる方もいるぐらいです。葬儀後、遺族は精神的にも肉体的にも辛くなるので、故人の関係などを慎重に考えて家族葬などの葬儀のプランなどを決定してください。家族葬の場合は葬儀後に自宅に弔問にお見えになるケースもあるので家の掃除などもしなくてはいけない事もあるので注意が必要です。

 

 

 

6. 川崎市・横浜市の家族葬のまとめ

 

葬儀は100人いれば100通りのお葬式や家族の思いがあります。

 

最近は、お葬式の情報など得やすい時代になりましたが、正しい事を言っているコラムはあまりありません。家族葬という言葉が一人歩きしている状況です。家族は注意点などを気にしながら葬儀のやり方をお考えください。

 

また、葬儀社が言っている事が全て正しいわけではなく、家族の故人に対する気持ちがお葬式は一番、正しいやり方になります。今回のコラムは家族葬について解説しましたが、難しい問題など、注意点などは少しは解決できたでしょうか。

 

 

【川崎市・横浜市の家族葬を安く安心してできるポイント

●費用を抑えるためには葬儀社選びは慎重に行ってください。

●家族葬は、式自体は簡単に終わるが、葬儀後が大変

●見栄などは不要で故人が喜ぶお葬式を考える

●故人の関係者の把握は必ずしておく

 

 

葬儀が終わった後の事まで考えると気が重いですが、親戚や友人などに不義理な家族と思われないように注意し、後悔の無い家族葬を執り行ってください。

 

(株)花葬では、お客様のご都合やご要望をお聞きし、川崎市内・横浜市内の市営斎場をご紹介しご葬儀においては、手軽さだけではなく、埋葬の対応まで含めた地元のお寺などとの繋がりがとても大切です。

 

葬儀は突然起こることです。いざというときに慌てたり、不安になったりしないよう事前相談しておくことが、とても大切です。(株)花葬は、神奈川県川崎市・横浜市に根付いた葬儀業者として、ご葬儀後までをも見据えた進行をしていきますので是非、一度お問合せください。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
24時間・365日専門スタッフが親切・丁寧にご対応
川崎・横浜の低価格葬儀専門の株式会社 花葬(ハナソウ)
川崎市・横浜市内での葬儀・終活は(株)花葬にお任せください。
●お問い合わせ:https://hanasou-sougi.co.jp/contact/
●お電話はこちら:0120-594-073
【ご対応可能エリア】
川崎市全域、横浜市全域

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

一覧へ戻る
資料請求特典
   資料請求