お亡くなり・ご危篤の場合

川崎市の葬儀・家族葬なら1級葬祭ディレクター在籍の葬儀社・花葬


2020/09/15

家族葬で起こるトラブルとは?未然に防ぐための5つの対策をわかりやすく解説

家族葬は一般的な葬儀に比べて、トラブルが起こりやすいのが特徴です。この記事は家族葬をトラブルなく執り行いたい人に向けて、家族葬の際に起こり得るトラブルと、その回避策について解説します。家族葬のメリット・デメリットや、葬儀社の選び方も解説するので、ぜひ参考にしてください。

家族葬とは

一般的に家族葬とは、遺族やごく親しい間柄の友人知人のみが参列し、小規模で執り行う葬儀のことです。小規模といっても、何名以内という区別は明確にされておらず、正式な定義などはありません。葬儀の内容は、宗派の形式の沿ったものから、宗派にこだわらない自由なものまで、さまざまな選択肢があります。

家族葬のメリット・デメリット

家族葬にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。ここでは家族葬のメリットとデメリットについて詳しく解説します。

 

家族葬のメリット

親しい人のみが参加する家族葬では、一般葬より来客対応が忙しくありません。そのため、故人とのお別れの時間を、ゆっくり過ごすことができます。また、参列者が少ないため費用も抑えられます。一般葬と比べて自由度が高いため、葬儀の内容などで故人の希望を叶えやすいのも家族葬のメリットです。

 

家族葬のデメリット

家族葬のデメリットの多くは、葬儀後に起こります。葬儀当日の参列者が少ない分、故人とのお別れのために、後日、自宅などへ訪れる弔問客への対応が増える可能性があります。事前の周知や配慮が不十分であると、一般葬では起こりにくいトラブルが発生してしまう場合もあります。

家族葬で起きやすい6つのトラブル

家族葬ではどのようなトラブルが起きやすいのでしょうか。ここでは家族葬で起きやすい6つのトラブルをご紹介します。

 

呼ばなかった親族が不満に思う

葬儀に呼ばなかった親族が不満に感じてしまうことが、家族葬の代表的なトラブルです。「どうして呼ばなかったのか」「自分もお別れがしたかった」などの理由から関係がこじれてしまうと、以降の付き合いに支障をきたしてしまうこともあります。親族から不満が出ないよう、納得できる回答を用意しておくとよいでしょう。

 

近所付き合いに支障が出る

故人が近所の人と交流していた場合、近所付き合いに支障をきたしてしまう可能性もあります。家族葬は、近所の人の参列を辞退することになるため、人によっては「冷たい」という印象を持たれてしまう場合もあります。親族の場合と同様に、今後の付き合いに問題を残さないよう、近所へも配慮することが大切です。

 

思っていたより費用がかかった

一般葬よりも費用を抑えられることが家族葬のメリットですが、予想よりも費用がかかったというトラブルです。一般葬では、参列者からの香典が葬儀費用に充てられ、実質の費用が抑えられます。しかし、家族葬は香典を辞退することも多く、受け取ったとしても参列者が少ないため、持ち出し費用がかかるのが理由です。

 

呼んでいない参列者がきてしまう

呼んでいない参列者がきてしまうトラブルもあります。葬儀会場の席数には限りがあります。想定していない人が参列してしまい、急遽席を用意する必要になってしまったというケースです。参列者への返礼品も、人数分しか用意していないと、このような場合が起きたときに不足してしまいます。そうならないためにも、返礼品は余分に用意しておくとよいでしょう。

 

葬儀会場がミスマッチだった

葬儀会場の広さや参列者の人数がミスマッチであることも、トラブルの原因となります。「家族葬専用の会場にしたが狭すぎた」「人数に見合わない広さになってしまい寂しく感じた」といったことにならないように、参加人数をしっかり把握し、それに見合った会場を探すようにしましょう。

 

菩提寺に納骨できない

基本的に菩提寺がある場合でも家族葬は行えます。しかし、無断で家族葬にしてしまうと、菩提寺から理解を得られず、最悪の場合、納骨を断られてしまうケースもあります。宗派や考え方はそれぞれです。トラブルに発展しないよう、菩提寺には事前に家族葬であることを連絡しておくと安心です。

家族葬でトラブルを回避するための5つの対策

家族葬でのトラブルは、周囲への配慮や事前に確認すべきことに注意することで回避ができます。ここでは5つの対策を解説します。

 

家族葬は故人の希望であると丁寧に伝える

親族や近所の人から理解が得られない、というトラブルを回避するには「家族葬は故人の希望である」と説明することが対策になります。家族葬への理解がない人でも「故人の希望なら」と納得してもらいやすいでしょう。これからの親戚付き合いや近所付き合いを、円滑にするためにも、丁寧に説明するようにしましょう。

 

訃報の連絡は最低限にする

家族葬の場合、呼んでいない参列者が来場しないよう対策をとることも、トラブル回避のポイントになります。訃報の連絡は最低限にして、連絡をする際も「家族葬のため参列は辞退ください」と明確に伝えるようにしましょう。また、葬儀の日時や場所は伏せておきましょう。日時や場所を伝えると、参列を促されていると受け取られる場合もあります。

 

葬儀社の見積もりは具体的に確認する

費用に関するトラブルは、事前に葬儀社から受け取る見積書で回避しましょう。パンフレットや公式サイトに表記された金額だけで判断せず、今回の家族葬のプランには何が含まれているのかを見積書で確認します。プランの基本項目はもちろん、オプションを付けた場合の追加など、具体的に確認するようにしましょう。

 

地域の風習を確認する

地域によっては、葬儀には必ず地域の人が参列することが風習になっている場合があります。それを知らずに身内だけで家族葬を執り行うと、近隣トラブルになりやすいため注意しましょう。このようなトラブルを避けるには、自治会の役員や地域密着の葬儀社に、家族葬を行いたいと相談しておくといった方法があります。

 

葬儀会場の収容人数を確認する

参列予定者の人数をできるだけ正確に把握して、会場の大きさと参列者数のミスマッチを回避しましょう。人数が把握できたら、葬儀会場の収容人数を葬儀社に確認し、参列者数に見合った会場を紹介してもらいましょう。また、感染症対策の観点から、広めの会場がよい場合もあります。こちらも葬儀社に事前に相談しておくとよいでしょう。

トラブルを未然に防ぐためのよい葬儀社の選び方

トラブルを未然に防ぐには、葬儀社に相談することが大切です。ここでは、トラブルを予防するためのよい葬儀社の選び方を解説します。

 

説明がわかりやすい

トラブルを予防するために相談しても、担当者の説明がわかりづらければ、遺族と葬儀社で認識齟齬が生まれてしまう可能性もあります。お互いの認識がずれたままでは、葬儀で間違った対策をしてしまうかもしれません。葬儀社は、細かいことも詳しく説明してくれて、こちらの疑問や希望もじっくり聞いてくれる担当者がいるところを選ぶようにしましょう。

 

葬祭ディレクターが在籍している

「葬祭ディレクター」は、実務経験が必要な厚生労働大臣による認定資格です。無資格でも葬儀社で働くことは可能です。しかし、葬祭ディレクターは、葬儀のプロとして確かな実力を持ったスタッフである証明になります。このような専門家が在籍しているかも、葬儀社を選ぶポイントとなります。

 

地域密着で口コミがよい

地域密着の葬儀社は、その地域の葬儀の事情や傾向について詳しい知識やノウハウがあります。家族葬を行う地域の事情を踏まえたうえで、近隣住民や菩提寺とのトラブルを回避するよう配慮してくれるでしょう。実際にその葬儀社を利用した人の口コミも参考にしながら探すとよいでしょう。

まとめ

家族葬は、故人の希望に沿った葬儀を行いやすく、費用も抑えられる小規模の葬儀です。一方で、親族や近隣とのトラブルが起きやすいといった面もあります。家族葬を行う際は、トラブル回避のための対策を、相談できる葬儀社を選ぶことが大切です。

 

 

花葬は川崎市、横浜市の地域に密着した葬儀社で、きめ細かいフォローが魅力の葬儀社です。厚生労働省認定の1級葬祭ディレクターも在籍しており、日本最大級の口コミサイトで1位を獲得、葬儀社格付けでも最高位の5つ星を獲得しています。川崎市、横浜市で家族葬をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

 

 

資料請求、電話問い合わせ

一覧へ戻る
   資料請求