お亡くなり・ご危篤の場合

川崎市の葬儀・家族葬なら1級葬祭ディレクター在籍の葬儀社・花葬


2020/09/13

家族葬と密葬の違いを詳しく解説|気になる葬儀の流れ・費用目安・注意点も紹介

家族葬と密葬は、親族や故人と親しい人のみで行う小規模な葬儀です。家族葬と密葬は参列者の規模など似ている点が多いため混同されやすいのですが、異なる葬儀の形式です。この記事では家族葬と密葬についてそれぞれの特徴やメリット・デメリット、葬儀の流れなどを詳しく説明します。家族葬や密葬に興味のある人は、ぜひ参考にしてください。

家族葬とは

家族葬とは家族や親族を中心に、故人と親しい友人などが参列する小規模な葬儀のことです。近親者だけで行うため葬儀の規模が小さく、会食や法要を省略する場合もあります。費用を抑えることが可能ですが、香典は少なくなる傾向があるため一般葬よりも割高になる場合もあります。

 

なお、家族葬はシンプルな葬儀の形式ですが、一般葬と流れは変わりません。また、20〜30名程度の参列者で家族葬を執り行うこともあり、人数などの明確な定義はありません。

密葬とは

密葬とは、家族や親族を中心に故人と親しい友人などが参加する小規模な葬儀のことです。参列者は家族葬と同様ですが、密葬は後日、本葬や社葬、お別れ会を執り行います。企業の経営者や著名人は密葬の後に本葬などを行うことが多いですが、最近では一般の人でも密葬を行うケースが増えてきました。

 

密葬は小規模な人数で行いますが、その後の本葬やお別れ会では親族以外の人でもしっかりと故人とお別れする時間をとることができます。

 

家族葬と密葬の違い

家族葬と密葬は親族や故人と親しい人が参列する点では同様ですが、異なる点もあります。密葬は後日、本葬やお別れ会を行いますが、家族葬は葬儀のみです。また、密葬の場合は葬儀に呼ぶ人以外に葬儀をすることを一切伝えず、密葬に呼ばれた人も周囲の人々に伝えないことがマナーです。

 

直葬という形式もある

直葬とは通夜や葬儀を行わず、火葬と収骨のみを行う葬儀の形態です。家族葬よりもさらにシンプルな葬儀の形式となります。ほかの葬儀の形態より故人とのお別れの時間は少なくなりますが、費用を抑えることができ、遺族の負担を軽減することが可能です。

家族葬・密葬の流れ

ここでは家族葬と密葬の流れを準備と当日にわけて説明します。それぞれの葬儀の大まかな流れを理解しましょう。

 

家族葬の流れ

■準備

まずは葬儀社を選ぶことから始めます。家族葬に慣れている葬儀社を選ぶとスムーズに式を執り行うことができるでしょう。葬儀社が決まったら参列者を決めます。勤務先関係など、葬儀に呼ばずとも訃報情報を伝える必要がある場合は、案内を出してください。

 

また、葬儀に呼ばない親族が多いときも事前に連絡を入れることで、後々のトラブル防止につながります。香典の辞退をする際は、案内の際にその旨も伝えましょう。一連の連絡が終わったら菩提寺にも連絡します。家族葬を受け付けていない菩提寺もあるため、事前に家族葬であることを伝えてください。

 

■当日

家族葬とはいっても葬儀の流れは一般葬と変わりません。参列者は故人の身内であることがほとんどのため、思い出話に時間を割いたり喪主以外の親しい親族が挨拶をしたり、故人が生前好きだったものを並べたりと、比較的自由に式を行うことができます。故人が生前に希望していたことがあれば、参列者や葬儀の流れに反映することも可能です。

 

なお、参列者が身内のみの場合、会食を省略することもあります。

密葬の流れ

■準備

密葬の場合も基本的に家族葬と流れは同じです。密葬の参列者は事前に親族間で決めておきましょう。基本的に参列者以外へ訃報の連絡をするのは密葬の後になりますが、近しい友人や知人や親族で呼ばない人にも事前に連絡をしておくと、後々のトラブル防止につながります。

 

菩提寺には事前に密葬であることを伝えます。密葬後に初めて菩提寺に連絡すると納骨を断られる可能性もあります。

 

■当日

密葬の当日の流れも家族葬と同じく、一般的な葬儀と変わりありません。通夜から葬儀、告別式、火葬までを行います。最近では初七日法要を葬儀当日に行うことが一般的となり、火葬後に斎場や寺院に戻ってから執り行います。そして、四十九日ごろを目安に本葬となります。

家族葬・密葬にかかる費用はどのくらい?

ここでは家族葬や密葬にかかる費用の目安をご説明します。どれくらいの費用になるのか、参考にしてください。

 

家族葬の費用目安

家族葬の費用目安は100万円前後であり、一般葬よりも費用を抑えられることが多いです。ただし、小規模な家族葬は料理や返礼品などの用意は少ないものの、香典も少ないため費用負担が変わらない場合もあります。

 

密葬の費用目安

密葬の費用目安は100万円前後となり、家族葬と同様で一般葬よりも費用を抑えることが可能です。ただし、密葬の後に本葬やお別れ会を行う場合は別途費用がかかります。本葬やお別れ会では会場や参列者数、祭壇の大きさなどさまざまな要因で費用目安が変化します。

家族葬・密葬のメリットとデメリット

家族葬や密葬にはそれぞれメリットとデメリットがあります。メリットとデメリットを順にご説明します。

 

家族葬

■メリット

家族葬のメリットは、故人との別れの時間を近親者など気兼ねのない人々でゆっくりと過ごせることです。葬儀の形にとらわれず、アットホームなお別れができるでしょう。また、葬儀の内容も故人や遺族の希望にあわせやすく、自由度が高いです。

 

■デメリット

家族葬は葬儀後に訃報を知った人が弔問に訪れることがあるため、その対応に思いのほか手間がかかる場合があります。また、人によっては家族葬を「故人を粗末に扱っている」と受け取ってしまい、遺族に不満をもたれる場合もあります。

 

さらに、葬儀に招かなかった人と親族がトラブルになることも考えられるため、葬儀に呼ばない人への対応は事前に決めておいた方が良いでしょう。

 

密葬

■メリット

密葬は、本葬やお別れ会も行うため親族以外も故人とお別れをする時間があります。より多くの人々が故人とお別れできるのが密葬のメリットです。また、本葬やお別れ会を行うまで、時間があるため葬儀の規模や場所の選定など準備に時間をかけられます。

 

密葬自体は少数の親族で執り行うため、故人とゆっくりお別れの時間を過ごすことができ、家族葬と同様、柔軟な葬儀にすることも可能です。

 

■デメリット

密葬のデメリットは参列者以外に他言してはいけないことです。密葬にお呼びしていない人に知られてしまうと、それらの人々への対応が必要になります。トラブルになる可能性もあるため、弔問辞退の旨を近隣の人々などに伝えることが必要です。費用面では、本葬の費用もかかることにも注意してください。

家族葬・密葬はどんな人に向いている?

家族葬が向いているのは、親族のみで故人とお別れしたいと考えている人です。また、費用をできるだけ抑えたい人、故人の希望にあわせて送り出したい人にも家族葬が向いています。そのほか葬儀が小さくても心を込めてお見送りしたいなど、丁寧に葬儀をこなしたい人に適しています。

 

密葬を行うのは芸能人や企業の経営者など、社会的地位が高い人々が多いです。しかし、最近では一般の人でも交友関係が広く参列者が多い場合に密葬を選ぶことがあります。

家族葬・密葬に参列するときのマナー

家族葬や密葬に参列をお願いする連絡がない場合は、訃報を知っても参列しないことがマナーです。また、葬儀に呼ばれて同伴者と向かいたいときは事前に喪主や遺族に確認するようにしてください。香典や供花の辞退のお知らせがあったら香典は持参しないようにします。

 

そして葬儀に参列した後は、遺族が葬儀を終えたことを報告するまでは参列したことを口外しないようにしてください。葬儀に向かうときの服装は一般葬と変わらず、ブラックフォーマルが基本です。

まとめ

家族葬と密葬は小規模な葬儀ですが、本葬の有無などの違いがあります。それぞれメリットも異なりますので、適した葬儀を選んでください。なお、家族葬や密葬など葬儀に関して不明点がありましたら、花葬にご相談ください。花葬は川崎市、横浜市の地域密着型葬儀社できめ細かいフォローが特徴です。日本最大級の口コミサイトでは1位となり、葬儀社の格付け認証では最高位の5つ星を獲得しました。

 

 

厚生労働省認定の1級葬祭ディレクターがおり、資料請求も受け付けています。安心してご相談ください。

 

 

電話問合せはこちら

一覧へ戻る
   資料請求