葬儀のコラム | 川崎・横浜の葬儀なら花葬


2021/06/04

新型コロナ禍での葬儀について葬儀のプロが現場での実践事例を踏まえてその対策や注意点を徹底解説

新型コロナウィルス感染症が流行する中で、葬儀はどのようにしたらよいのでしょうか? コロナ禍の葬儀は、誰もが初めて経験するものであるため、不安や心配を抱く方も多いでしょう。

今回は、コロナ禍の葬儀をプロが徹底ガイドします。ぜひ参考にしてください。

1.コロナ禍の葬儀について

新型コロナウィルス感染症の流行により、各地域で緊急事態宣言やまん延防止等重点措置などが敷かれる中、コロナ禍の葬儀では、感染拡大を最大限に考慮して行うことが求められています。葬儀は自粛要請の対象外とされていることから、社会生活において必要なものであると定義できるでしょう。

 

コロナ禍の葬儀は、検温、消毒の実施、マスクの着用など感染症対策を行い、3密(密閉、密集、密接)を避けることが大前提です。その中でも葬儀規模を小さくしたり、会食を控えたりと、葬儀社が独自の工夫を行い遺族と綿密な打ち合わせを繰り返しながら、葬儀を実施しています。

2.コロナ禍で多い葬儀日程

コロナ禍で多い葬儀日程は、直葬、一日葬、二日葬などです。火葬のみを行う直葬は最も簡易的な葬儀式であり、短時間で終わることから、新型コロナウィルスが流行し始めた当初に選ばれることの多かった葬儀形式です。通夜を行わず、葬儀から火葬までを一日で行う一日葬も、葬儀を省略できることからコロナ禍において継続的に多くの方に選択されています。

 

二日葬は、通常の葬儀で最もスタンダードな葬儀として選ばれていた葬儀形式です。コロナ禍で一旦減ったものの、最近ではコロナウィルス感染症の流行の状況を見て、二日葬を選択するケースも増えています。コロナウィルスを心配しつつも、故人とゆっくりお別れする機会を設けたいと考える遺族も少なくありません。コロナ禍においても、換気をしっかりと行い、マスクの着用、検温など感染症対策を万全の体制で行うことで、二日葬の実施を可能にしています。

3.コロナ禍の葬儀にはどこまでの人を呼ぶ?

コロナ禍の葬儀では、どこまでの人をお呼びしたらよいのか悩ましいところです。「お呼びすること自体が失礼あたらないだろうか……」などコロナ禍の葬儀における悩みはつきません。

ここでは、コロナ禍で実際に葬儀を行った方が選択されることの多かった参列者の範囲を紹介します。

 

遺族のみ

新型コロナウィルス感染症が流行した当初は、喪主と子供、兄弟など遺族のみで葬儀を行うケースが多く選択されていました。また、東京など感染数が増加している場所では、遺族のみで執り行うのが一般的になっている地域もあります。最近では新型コロナウィルスの状況を見ながら、呼ぶ範囲をもう少し広げる方も少なくありません。

 

遺族、親族、生前に親交が深かった人

コロナ禍では、遺族、親族に加えて、生前に親交が深かった友人などを交えた葬儀も執り行われています。故人とお別れの機会を設けたいと考える方も多く、交流があまりない方を省いて葬儀を実施するケースもあります。友人のどこまでの方をお呼びするのかは、遺族の判断によるところが大きいでしょう。

 

地域の人

コロナ禍において長距離移動は感染のリスクが高いことから、地域の人だけをお呼びした葬儀も選ばれています。遠方の方を気遣い、親族であっても最初からお呼びしないと判断することも少なくありません。しかしながら、考え方は一つではないため、どれがよいと一概にいえるものではありません。遺族や参列者の双方が納得のいく葬儀の形を実現することが大切です。

4.コロナ禍で注目される葬儀形式

新型コロナウィルス感染症が流行する中、これまでになかった新しい葬儀形式も注目を浴びています。

 

後日葬儀

コロナ禍で思うように葬儀を行えないといったケースも多く、「後日葬儀」を選択する方も増加しています。後日葬儀とは、火葬のみを済ませ、コロナ禍が落ち着いた頃や収束後に改めて葬儀を行うものです。現在の状況ではしっかりとした葬儀を実施するのは難しいものの、故人と最後のお別れをしたいという希望がある場合などに選ばれています。

 

オンライン葬儀

コロナ禍ならではといえる新しい形の葬儀形式が、オンライン葬儀です。オンライン葬儀は、遺族や親族などが実際の葬儀に参列し、遠方の方など参列が難しい方にはビデオ通話を用いて葬儀に参加してもらうというもの。オンライン葬儀を行いたい場合は、どのような形で実施したいのかを事前に葬儀社に相談するのがおすすめ。実施する人はまだまだ少ない葬儀形式ですが、緊急時やむを得ない場合には、オンライン葬儀がよりよい選択になることもあるでしょう。

 

ステイホーム葬

一昔前までは多く行われていた自宅での葬儀が、コロナ禍で再び選択されています。自宅での葬儀は「ステイホーム葬」と呼ばれています。ステイホーム葬は、自宅でお亡くなりなられた後に、そのまま葬儀を行い、火葬場へ移動するという流れが一般的です。一軒家にお住まいの方はステイホーム葬を行いやすいことから、マンションやアパートに比べて選択する方も多くなっています。

5.コロナ禍の葬儀のQ&A

ここでは、コロナ禍の葬儀におけるQ&Aとして注意点などをまとめています。実際の葬儀の参考にしてください。

 

Q:喪主が新型コロナウィルスに感染してしまった場合の葬儀はどうする?

A:喪主になった方が新型コロナウィルスに感染してしまった場合は、喪主の変更を行う、代理の人を立てるなどをして葬儀を行います。新型コロナウィルスに感染した方は例え喪主ではあっても葬儀に参列するのは控えるのがマナーです。治療が終わり、万全の状態に戻った時に周囲の方にお礼や挨拶をするのがよいでしょう。

 

Q:コロナを理由に参列を辞退してもよい?

A:コロナを理由に参列を辞退するのは、失礼にあたりません。コロナ禍において参列するかどうかは、参列者の意志に委ねられます。心配な場合は素直に理由を伝え、辞退しましょう。事態が収束したらご自宅に伺うなどの旨を伝え、無理をすることのないようにします。

 

Q:コロナ禍での葬儀はどのように行われる?

A:コロナ禍での葬儀は、感染症対策をしっかりと行っています。マスクの着用、検温、手指の消毒、換気、間隔を開けた椅子の配置など新型コロナウィルスを考慮した取り組みが各葬儀社でされています。

 

Q:新型コロナウィルスで亡くなった方の葬儀はどうなる?

A:新型コロナウィルスでお亡くなりになられた場合も葬儀を行うことが可能です。しかし、ウィルスは火葬によって死滅できる可能性も高いことから、火葬は亡くなってから24時間以内に行うなど通常よりも早まるケースが多くなっています。「後日葬儀」や「オンライン葬儀」など柔軟な対応が求められます。

6.本記事のまとめ

コロナ禍の葬儀では直葬や一日葬、二日葬などが多く選択され、後日葬儀やオンライン葬儀、ステイホーム葬などの新しい葬儀形式も執り行われるようになってきました。葬儀社は、十分な感染症対策を行った上で葬儀を実施しています。不安な方は、無理することなく参列を控えるのもよいでしょう。

 

横浜市や川崎市の葬儀には、地域密着型の弊社をご利用ください。弊社は、業界最安値など安心の低価格を実施し、コロナ禍の感染症対策も万全な状態で行っています。

 

地域の葬儀には自信があります。まずは、お気軽に弊社へご相談ください。

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名価格(税抜)人数の目安葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000人数の目安10名程度にオススメ葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000人数の目安20名程度にオススメ葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000人数の目安30名程度にオススメ葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000人数の目安100名程度にオススメ葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。

   資料請求