お亡くなり・ご危篤の場合

葬儀のコラム | 川崎・横浜の葬儀なら花葬


2020/05/21

最近流行っている火葬(直葬)プランは満足感?後悔?どちらですか?

最近、会葬者が沢山来るお葬式や、豪華なお葬式がへりつつあります。最近では1日葬や火葬だけのプランを選ばれる方が増えてきています。葬儀社によっては3件に1件は火葬だけと言っていました。なぜこのような形が増えてきたのでしょうか。

火葬プラン「直葬」とは、お通夜や、葬儀を執り行わず家族数名で行う儀式です。従来の「お葬式」の形式にこだわらない人が増えた事が大きな理由だと思います。ただ、直葬は事前に内容を調べて検討をしておかないと、後にトラブルになるケースもあるため注意が必要です。 今回は火葬プランについて解説していきたいと思います。

1.火葬プランとは儀式を執り行わない式の事

火葬プランは費用を抑えるには一番のやり方ですが、お寺様がお経を読んだり皆でゆっくりお別れする事はできません。

本来の葬儀費用は200万円近くがかかりますが、火葬プランはでは20万円前後が相場になっています。

最近、ネットは見ていると5万円や8万円などで出来ますとありますが100%嘘ですので注意してください。

備品を見ていると足りないものが沢山ありますので、必ずプラン詳細を見て判断することをオススメします。

2.火葬プランのメリット・デメリット

メリット

1 メリットはやはり費用の部分が一番にきます。

 通夜や葬儀を執り行わないので、その分備品代や祭壇などに費用が必要なくなります。

 

2 体の疲労も無くなり半日で終わるので、身体の部分でもメリットがあります。

 

デメリット

私が思うに、デメリットは多数あります。

1 お別れの時間が少ない分、後悔をされる方が沢山いらっしゃいます。

 もう少し、こうしてあげれば良かったなどの声が必ずでています。

 

2 親戚や故人の兄弟からの文句が出ています。○○さんは今まで頑張ってきたのに。

 こんなお別れしかないの?などやはり親戚の納得が得られないと難しいと思います。

 

3 後日、お葬式を知らずにご自宅にお参りに来られる方が多数いらっしゃいます。

 その対応が大変だったなどと言われる方が多数いらっしゃいます。

 

私の立場で、どっちが良い、悪いは言えませんが、メリット・デメリットを考えて、家族で相談をしてプランを選ぶといいと思います。

3.本記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?火葬プランのメリット・デメリットをよく理解していただき、納得のいくご葬儀が出来るようにしてください。

 

花葬のコラムでは、これからお葬式を経験される方に後悔の無いお葬式をしてもらえるように、様々な疑問や不安に対する解決策やマナーなどを日々、掲載しお知らせしていきます。

 

しかし、後悔の無いお葬式にしていくには事前の準備や知識を皆様自身が得ておくことです。お葬式に関する知識は、とても多く、コラムだけでは伝えるのが難しいので是非一度、問い合わせをしてください。

メールでも受け付けていますので、利用なさってください。葬儀に不慣れな方にも分かりやすく、ご説明させていただきます。

 

花葬のプランについて

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名価格(税抜)人数の目安葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000人数の目安10名程度にオススメ葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000人数の目安20名程度にオススメ葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000人数の目安30名程度にオススメ葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000人数の目安100名程度にオススメ葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。

   資料請求