川崎市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2021/09/25

川崎市で葬儀を行う際に、事前に知識を得ておくと便利な火葬場詳細や火葬場の予約方法、利用上の注意点、葬儀社の選び方を解説

川崎市の火葬場の予約方法を知っていますか? 川崎市で葬儀を行う際に、火葬場の予約方法や火葬場の場所について、事前に知識を得ておくと非常に便利です。

今回は、川崎市の火葬場一覧や火葬場の予約方法、注意点、葬儀社の選び方などを解説します。ぜひご覧ください。

1.川崎市の火葬場一覧

川崎市には、かわさき北部斎苑とかわさき南部斎苑の二つの公営火葬場があります。かわさき北部斎苑、かわさき南部斎苑ともに葬祭ホールが併設され、葬儀から火葬までを同一施設で行うことができます。また、公営火葬場は、川崎市民が12歳以上で6,750円と安い料金で利用できるのが大きな魅力です。

 

川崎市の葬儀場について詳しくはこちらをご覧ください。

神奈川県川崎市付近の葬儀場一覧

 

施設名称所在地電話番号葬祭ホール火葬場休憩室
かわさき
北部斎苑
〒213-0033

川崎市高津区
下作延6丁目18番1号

044-822-31713室16炉11室
かわさき
南部斎苑
〒210-0863

川崎市川崎区
夜光3丁目2−7

044-277-81464室12炉9室

 

火葬場の利用料金

区分川崎市内川崎市外
火葬場12歳以上6,750円60,000円
火葬場12歳未満4,500円30,000円
火葬場死産児2,250円15,000円

 

葬祭ホールの利用料金

収容人数川崎市内川崎市外
200人収容90,000円270,000円
100人収容45,000円135,000円
50人収容22,500円67,500円
25人収容11,250円33,750円

2.川崎市の火葬場の予約方法とは?

川崎市の火葬場の予約は、葬儀社が全ての手配を請け負うのが一般的です。葬儀社は火葬場だけでなく、葬儀場の予約の手配も行っています。希望の日程で葬儀をするには早めに葬儀社を選定し、葬儀日程や葬儀場、葬儀プランなどについて葬儀社と打ち合わせをする必要があります。

3.川崎市の火葬場の予約における注意点

川崎市の火葬場を予約する際は、どのような点に気をつければよいのでしょうか? ここからは、川崎市の火葬場の予約における注意点を詳しく紹介します。

 

3-1.市民料金の適用に注意する

公営斎場は川崎市民であれば安く利用できるのが大きな魅力です。しかし、川崎市民の料金が適用されるには、故人が川崎市在中である必要があります。喪主が川崎市民であっても、故人の住民票が川崎市になければ市民の料金は適用されません。混同しないよう、くれぐれも注意が必要です。

 

3-2.火葬場の混雑状況を考慮する

大都市圏の火葬場は混雑していると言われていますが、川崎市も例外ではありません。場合によっては、ご遺体を自宅や安置所で数日間安置するケースもあります。遺族は、混雑状況を考慮して火葬場を予約する必要があります。

4.川崎市の葬儀社の選び方のポイント

同じ葬儀プランでも、葬儀社によって葬儀内容や葬儀費用が大きく異なります。そのため、葬儀社選びは非常に重要なポイントになります。ここからは、川崎市の葬儀社の選び方のポイントを詳しく見ていきましょう。

 

4-1.葬儀費用や葬儀内容を確認

優秀な葬儀社は、葬儀費用や葬儀内容を明確に提示しています。見積書の金額に詳細な項目を記載し、葬儀内容についても事前に詳しく説明してくれるでしょう。「合計金額しか記載されていない」「葬儀内容に曖昧さを感じる」といった場合は、詳細について葬儀社に尋ね、しっかりと説明してもらうことが大切です。曖昧な点が多い葬儀社は、信頼できる葬儀社とはいえませんので、くれぐれも注意が必要です。

 

4-2.遺族の立場から葬儀を提案してくれる

信頼できる葬儀社は、遺族の立場を優先し、さまざまな葬儀を提案してくれます。葬儀は故人や遺族の意向を尊重し、遺族が納得できる葬儀にすることが何よりも大切です。遺族の話しに親身になって耳を傾けてくれるような良心的な葬儀社を選びましょう。

 

4-3.公営斎場を利用できる

川崎市の公営斎場は、民営斎場に比べて葬儀費用が安く、葬儀から火葬までを同一施設で行えるのが大きな魅力です。葬儀を行うなら、経済的負担や身体的負担の少ない公営斎場を選ぶのがおすすめです。しかし、葬儀社によっては、民営斎場を利用する場合もあります。まずは、葬儀社に公営斎場を利用できるかどうか確認するとよいでしょう。

 

4-4.契約を急がない

契約を急がすような葬儀社には注意が必要です。見積もりを出してもらった際に、契約を急がされるケースも少なくありません。しかし、葬儀は、数十万~数百万円単位の金額を支払うため、冷静な判断が必要です。数社を比較検討する余裕も与えないような葬儀社には、注意しましょう。

 

4-5.地域の葬儀事情に精通している

葬儀社は、土地のしきたりや葬儀事情を理解していることが好ましいです。最近では、全国対応や一都三県対応などの葬儀社も増えてきました。しかし、これらの葬儀社は地域の葬儀事情を理解していないことも多く、トラブルに発展するケースもあるため、注意が必要です。地域の葬儀実績が豊富な地域密着型の葬儀社を選ぶのが最も安心できます。

5.川崎市の火葬におけるQ&A

ここでは、川崎市の火葬で多く寄せられる質問をQ&Aにまとめています。

 

Q:火葬の際に提出する書類はある?

A:火葬の際は、火葬許可証を火葬場に提出しなければなりません。火葬許可証は区役所で発行されます。まずは、死亡届に必要事項を記入し、病院の医師から発行される死亡診断書とともに区役所の窓口に提出します。その際に、区役所に用意されている火葬許可申請書に記入をし、併せて提出します。書類が受理されると、区役所から火葬許可証が発行される流れです。

 

尚、死亡届は死亡から7日以内の提出が義務付けられています。

 

Q:死亡届の提出や火葬許可証の受け取りは葬儀社に依頼できる?

A:葬儀社が手続きを代行してくれるケースもあります。遺族は葬儀の準備などやるべきことが非常に多くあります。葬儀社に任せられるものはできるだけ依頼し、少しでも負担を軽減することが大切です。

 

Q:火葬許可証を紛失した場合はどうすればよい?

A:区役所で再発行してもらうことが可能です。発行から5年以内であれば再発行できるケースがほとんどですので、早めに申請しまでしょう。再発行の際は、身分証明書や印鑑などを持参します。

 

Q:遺族は火葬場に何を持っていけばよい?

A:遺族が火葬場へ行く際は、以下のような持ち物を持参しましょう。火葬が終わるまでに1時間程度の時間がかかります。この間、遺族や親族は控室などで待機しますが、軽食やお茶菓子を持参し、飲食をしながら待つのが一般的です。尚、火葬場に喫茶店がある場合は、そちらで待機するケースも多くなっています。

 

●火葬許可証

●遺影

●位牌

●骨壺

●軽食、お茶菓子など

6.本記事のまとめ

川崎市の火葬場の予約は、葬儀社が全ての手配を行うのが一般的です。そして、川崎市の2つの公営火葬場は川崎市民であれば、安く利用することが可能です。川崎市民の料金が適用されるのは、故人が川崎市在中である場合に限ります。喪主が川崎市民であっても市民の料金は適用されませんので、注意しましょう。

 

川崎市の葬儀でお悩みの方は、ぜひ一度弊社へご相談ください。弊社は、業界最安値の葬儀を提供し、川崎市の葬儀実績が豊富にあります。地域のお客様から信頼があり、多くの葬儀に選ばれています。

 

まずは、お気軽に弊社へご連絡ください。

 

 

※本記事と併せてお読みいただきたい記事はこちら!

神奈川県川崎市で葬儀を行う時の火葬場の詳細や火葬料金、予約方法、葬儀場の詳細、補助金制度などについて紹介します

川崎市の火葬場を解説!川崎市の火葬場の紹介、火葬場の予約や補助金制度、さらには葬儀社の選び方などについても解説

直葬(火葬式)が最近増えている理由やメリット・デメリットとおススメの火葬場の紹介【2021年最新版】

7.筆者のプロフィール

 

㈱花葬は、現代表の大屋徹朗(※平成21年9月30日に「葬祭ディレクター1級」を取得)が、大手葬儀社の営業時代に感じた『もっと低価格でご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービスを提供したい』との思いから、2017年に川崎市中原区で創業した葬儀社です。2021年10月で創業5年目を迎えますが、2021年5月末現在、横浜市・川崎市で既に1.500件以上の葬儀提供実績があり、おかげ様で多数のメディアでも取り上げられております。

 

現在、川崎フロンターレと川崎ブレイブサンダースの公式スポンサーを務めており、両者と地域貢献活動でも連携を取っております。その取り組みが評価され、2020年、2021年に社会貢献が川崎市より評価され、表彰を受けました。また、2021年より「SDG.S 川崎市ゴールドパートナー」としても認定されています。

 

弊社はご利用いただいた皆様からの評価が非常に高く、「ご紹介」や「リピート」でのご依頼が半数を占めます。これからも『ご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービス』をモットーに、高品質な葬儀サービスのご提供に努めて参ります。

 

 

運営会社:株式会社花葬

川崎フロンターレ・川崎ブレイブサンダース 公式スポンサー

川崎市の葬儀でよくある質問

  • qaアイコン
    川崎市でおすすめの火葬場は?
    qaアイコン
    川崎市には、「かわさき北部斎苑」と「かわさき南部斎苑」の二つの市営火葬場があります。「かわさき北部斎苑」、「かわさき南部斎苑」ともに「葬祭ホール」が併設されおり、同一施設内で「葬儀」から「火葬」まで行うことができるので非常に便利です。
  • qaアイコン
    川崎市の火葬場はどうやって予約するの?
    qaアイコン
    川崎市の火葬場の予約は、葬儀を依頼した葬儀社が代行して行ってくれます。「かわさき北部斎苑」や「かわさき南部斎苑」などの人気の市営斎場の予約は取りにくい場合がありますので、葬儀社に相談しましょう。
  • qaアイコン
    川崎市で火葬場を選ぶ際の注意点は?
    qaアイコン
    川崎市で火葬場を選ぶ際の注意点として、川崎市民とその他で利用料金が異なるので事前に利用料金を確認する、人気の火葬場は混んでいる場合があるので混雑状況を事前に把握することがポイントです。
一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名価格(税抜)人数の目安葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000人数の目安10名程度にオススメ葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000人数の目安20名程度にオススメ葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000人数の目安30名程度にオススメ葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000人数の目安100名程度にオススメ葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。