お亡くなり・ご危篤の場合

家族葬なら川崎の「(株)花葬」。

葬儀コラム

葬儀コラム

2020/06/24

湯灌の儀式の意義とは? 旅立ちと最後の風呂

本日は、「湯灌の儀式の意義」に関するお話を掲載します。お湯をそそぐ(灌)と書いて「湯灌(ゆかん)」と言います。納棺の前にご遺体を湯水できれいに洗浄をすることを意味します。自宅で死を迎えることが多かった時代は、親族やご近所の方々の手で行われていました。生前の悩みや苦しみ、煩悩を洗い流す儀式の意味があります。

詳細を見る

2020/06/22

いつもそばに「手元供養」で故人を想う

本日は、「手元供養」に関するお話を掲載します。葬儀、火葬後、遺骨を墓に入れない場合、散骨や樹木葬以外の選択に自宅にそのまま保管する方法があります。

遺骨を手元に置いて供養することを「手元供養(てもとくよう)」と言います。手元供養品は、アクセサリー、ペンダント、ミニ骨壺など数々のアイテムがあります。

詳細を見る

2020/06/21

自由な形で見送る無宗教葬(自由葬)で故人らしく

本日は、「自由葬」に関するお話を掲載します。仏式の葬儀など特定の宗教にこだわらず、自由な形で葬式を行う「無宗教葬(自由葬)」と呼ばれるものがあります。事前に家族葬を行い、改めて故人の希望に沿った自由な形の「お別れ会」を開くケースもあります。

詳細を見る

2020/06/20

散骨・海洋葬「思い出の海へ」は叶えられるのか?

本日は、「散骨・海洋葬」に関するお話を掲載します。火葬後は、遺骨を骨壺に入れ、お墓に納骨するケースが一般的です。一方、遺骨を自然に還す「散骨」が増えてきているようです。

散骨とは、海や山、川、空、そして宇宙などへパウダー状にした遺骨を撒くことです。とくに、日本人には身近な存在である、「海洋散骨」が認知されてきています。

詳細を見る

2020/06/17

演出・演奏で故人を偲ぶ葬儀で最高の供養を

本日は、「葬儀での演出・演奏」に関するお話を掲載します。仏式や神式、キリスト教式と形式にこだわらない自由葬が増える中、音楽葬などの演出を取り入れた葬儀がよく見られるようになりました。

式場に入ると、かすかに故人の好きだった曲が流れている。魚釣りが好きだった故人のメモリアルコーナーに、釣り道具や自慢の一尾の写真を飾るなどで想いを馳せることができます。

詳細を見る

2020/06/16

ありし日の姿によみがえるエンバーミングとメイク

本日は、「エンバーミングとメイク」に関するお話を掲載します。葬儀のキーワードで「メイク」は浸透してきましたが、「エンバーミング(Embalming)」は聞きなれない人が多いでしょう。訳すと「遺体衛生保全」。北米など土葬が基本な国では、衛生管理のための一般的な遺体処理方法です。

故人をありし日の姿によみがえらせる「エンバーミング」と「メイク」はご遺族の悲しみを和らげる技術でもあります。

詳細を見る

2020/06/07

故人様の好きだった音楽で送る葬儀

本日は、個性的な葬儀に関するお話を掲載します。故人様の好きだった音楽で送る葬儀というものがあります。

詳細を見る

2020/06/04

依頼が増えているエンバーミングについて!

皆さんはエンバーミングという遺体保存技術の特別な処置を知っていますか?例えば旅行や仕事などで海外で亡くなった場合、その遺体は日本に移送されますが、お棺に納めてそのまま空輸するわけではありません。

亡くなり方が事故などでも日本に感染病を持ち込む可能性がありますし、お葬式を行うまでの日にちがありますのでご遺体の状態を保存を良くしておく必要があります。こういった時には、遺体の状態を維持する為や感染症の防止などに利用されるのがエンバーミングという特別な処置です。

それではエンバーミングとはどのようなやり方で手行われるもので、なぜご遺体の状態を保存しておく必要があるのか。今回は、そんなエンバーミングについて解説していきます。

詳細を見る

2020/05/12

葬儀・法要などにお供えする供物について

葬儀・法要の際には、故人や仏様への感謝の気持ちを表すために供物を贈ります。供物は何でもいいというわけではなく、宗教によっても変わってきます。

故人の宗教に合わせて最適な供物を贈るためには、宗教ごとの規律や考え方に合った品物を選びなど、贈る際のマナーをきちんと把握しておく事が大切です。 そこで今回は、葬儀・法要で贈る供物について、贈る際のマナーや、宗教別の相応しい品物などを紹介します。

詳細を見る

2020/04/11

近年省略されつつある「枕経」の意味

本来はご遺体をご安置するとき、僧侶に「枕経」というものをあげてもらいます。昔は自宅で葬儀を行うことが多かったため、枕経に触れる機会も多かったかと思います。

しかし、現在は自宅での葬儀があまり行われないこともあり、枕経に関する知識を持っている人も少なくなっています。いざ僧侶に依頼する際に困らないように枕経について覚えておきましょう。

詳細を見る
   資料請求