お亡くなり・ご危篤の場合

家族葬なら川崎の「(株)花葬」。

葬儀コラム

葬儀コラム

2020/09/11

家族葬の参列者はどこまで呼ぶか|呼ばない方々への対応方法なども紹介します

この記事では家族葬を行うときに、参列者をどこまで呼ぶかを解説しています。家族葬の参列者をどこまでとするかは明確な決まりがなく、遺族の意向で決めることが可能です。ただし注意点もあるため、あわせて解説します。そのほか参列者の決め方や呼ばない人への対応なども紹介します。家族葬を行うときの参考にしてください。

詳細を見る

2020/09/10

家族葬での挨拶|必要な挨拶の種類やタイミング・例文など紹介します

この記事では、家族葬での挨拶について解説しています。家族葬を検討している人の中には「家族葬に挨拶は不要?」と悩んでいる人もいるでしょう。家族葬での喪主挨拶が必要かどうか、必要な挨拶の種類やタイミングや例文などについて解説しています。ぜひ家族葬をする際の参考にしてください。

詳細を見る

2020/09/08

家族葬への弔電を受けるとき断るとき|弔意に感謝を伝えるためのポイント

近年よく耳にする家族葬とは、家族とごく親しい関係にある人たちだけで執り行う葬儀の形式です。静かに故人を見送りたい、外部との接点をできるだけ少なくしたいという気持ちから、家族葬を選択する遺族が増えてきました。家族葬における香典は辞退するのが一般的ですが、送られてくる弔電については、どのように扱えばよいのかと迷うこともあるでしょう。

この記事では、家族葬における弔電の扱いについて解説します。

詳細を見る

2020/09/07

家族葬でも会社に連絡すべき?伝える内容や注意点、例文などわかりやすく解説

家族のみで故人を見送る家族葬ですが、故人やその家族が勤める会社に葬儀を行うことについて連絡をする必要があります。

この記事では、家族葬を検討している人に向けて、家族葬でも会社に連絡しなければならない理由、連絡時のポイント、知っておきたい注意点などを解説します。

会社に書面を出す際の例文も紹介しているので、参考にしてください。

詳細を見る

2020/09/04

家族葬における通夜について|訃報での連絡や喪主の挨拶などわかりやすく解説

家族葬とは、近親者のみが参列する葬儀のことです。近年、家族葬が注目されていますが、喪主になった場合の対応についてよくわからない人も多いのではないでしょうか。

この記事では故人の遺志を尊重して行う家族葬について、喪主の立場から詳しく解説します。家族葬でのマナー、喪主の挨拶などについても紹介するため、ぜひ参考にしてください。

詳細を見る

2020/09/01

葬儀の返礼品 会葬御礼と香典返しについてわかりやすく解説

葬儀では、参列していただいた人や、香典をいただいた人に対して返礼品を渡します。

返礼品の選び方、渡し方にはいくつかの方法があり、何をどのようにお返しするべきかわからないという人もいるのではないでしょうか。

川崎市・横浜市の葬儀に強い(株)花葬が、葬儀における返礼品についてわかりやすく解説いたします。

詳細を見る

2020/08/30

葬儀のご挨拶|例文をふまえた詳しい解説

お葬式では必ず、参列していただいた方たちに挨拶をする事があります。それは家族葬でも1日葬でも葬儀の形態にかかわらずしていただきます。

ですが、よく喪主様達、ご遺族の方々は「上手く話せないから例文をください」や「カンペは無いの?」など、沢山の不安要素が思い浮かぶみたいです。今回は、その誰もが嫌がる挨拶について解説していきたいと思います。

今回は挨拶のタイミングや流れ・例文などを含めて解説していきます。

詳細を見る

2020/08/05

葬式(一般葬・家族葬など)で出棺や火葬は礼儀とマナーを守ることが大切

葬式に参列する方が出棺・火葬に同行する場合、守るべきマナーがあります。参列者の方で特に故人と親しかった方は、焼香後にすぐ立ち去るのではなく故人やご遺族のことを考えて、合掌か黙礼で出棺をお見送りすることがマナーです。

詳細を見る

2020/07/12

訃報の連絡方法と伝える内容

訃報とは誰かが亡くなったことの知らせを意味します。また、誰かが亡くなったことに加えて、いつ、どこで、葬儀を執り行うかなども伝えて、葬儀への参列を促す役割も果たします。あるいは最近では家族葬が多く、身内だけでの葬儀を行ったあとに訃報を流すこともあります。

では、訃報はどのような方法で流せばいいのでしょうか。この記事では、訃報の連絡方法とその内容についてご紹介いたします。

詳細を見る

2020/07/08

葬儀後のお礼について

葬儀のあとのお礼や挨拶回りはどのようにしたらよいのでしょうか。葬儀が終わったあとも、遺族にはしなければならないことがたくさんあり、慌ただしい思いを強いられるでしょう。

できるだけ早い時期に、お世話になった方々へお礼やあいさつ回りに出向くのが望ましいのですが、時間が取れない場合には、お礼状や電話やメールという方法もあります。この記事では、葬儀後にやるべきお礼やあいさつ回りのマナーについてまとめました。

詳細を見る
   資料請求