お亡くなり・ご危篤の場合

お客様インタビュー

お客様インタビュー

二日葬プランのお客様インタビュー

このまま変わらず、このスタイルを貫いてほしいですね。

二日葬プラン

川崎市  中山家

2018年  故人:奥様

二日葬プラン

家族思いで、私の理想の妻でした。

妻は普段、厳しい人で私も娘もよく叱られていました。

娘は特に今年受験ということもあり、「勉強しなさい」という声が響いている、そんな日常を過ごしていました。

妻とはよくレジャー施設や外食に行ったのを覚えています。

私と妻と娘で、近所ではありましたが、遊びに行った場所、思い出は今でもずっと胸の中に残っています。

妻が病気になってから、私も仕事の時間を変えて少しでも多くの時間、みんなで一緒にいられるように家族の時間を大切にしてきました。妻と過ごした日々は私たちにとって一生の宝物となりました。

父のおかげで御社に出会いました。

体調を崩して数年たったころ、妻は私たちより先に天国へ旅立っていきました。

その時に葬儀のことを考える余裕のない私の代わりに、父が色々と葬儀社を探してくれました。

何社か見つけてくれて、まずは電話での問い合わせから始めました。

その時、まず連絡をしたところは見積もりを出してくれたのですが、次から次へと追加オプションをつけていき、いつの間にか営業をかけられ高い見積もりが出来上がっていきました。

葬儀社のイメージ通り必要のないものまで追加される、そんなところでした。

そんな中、御社に電話をしてみたら「必要なものはその時担当者と話して決めてくださいね」とまったくと言っていいほど営業をかけなかったですし、私たち家族の意見を尊重してくれていました。

さらに、他の所は全国対応など手広くやっていたのに対し、御社は地域に特化しているという点から御社にお願いしようと話し合った結果、全員一致で決まりました。

一人ひとりの想いを伝えられた、あたたかい式でした。

式まで、少し時間があったのですが、担当者の方は細かい事なども、いつ聞いても丁寧に対応してくれて、安心して式を迎えることができました。

まず式場に入って色鮮やかな祭壇に驚きました。女性らしくピンクに染められた花と妻の写真が見事に合わさっていました。

それからお式の日までに届けていた妻の大事にしていた、ぬいぐるみやお棺に納めてあげたい物を式場内にきれいに飾ってくれていましたので、つい家族みんなでたくさん写真を撮ってしまいましたね。

そして、開式前には妻の人柄をナレーションとして語ってくれました。これが本当に良かったですね。今まで抑えていた感情が一気に溢れ出してきました。

妻との最後の別れの時、担当者の方が私たちを出棺の直前まで顔が見えるようにしてくれて、最後の1秒まで一緒にいられる時間をつくってくれました。

いつでも親身になって私たちに尽くしてくれました。

今回、御社にお葬式をお願いして、私たちの為にいつも親身になって寄り添ってくれました。

私たちが困ったときには細かくアドバイスをくれ、私たちが悲しい時にはそっと見守ってくれ、私たちがうれしい時には一緒に笑ってくれました。

こんなにも一緒になって私たち家族に尽くしてもらって、本当に御社に出会えて良かったと思っています。

これから、御社の為にアドバイスをするとしたら、このまま変わらず、このスタイルを貫いてほしいということですね。もしどこの葬儀社がいいか迷っている方がいたら、まず間違いなく御社をおすすめすると思いますね。

インタビュー一覧へ戻る

お急ぎの方はこちらまでご連絡ください。 0120-594-073 お問い合わせフォーム
電話をかける
通話無料:24時間365日対応
資料請求する
全員5000円割引プレゼント

資料請求特典
ご相談・お問い合わせ・ご危篤・ご逝去・お急ぎ 0120-594-073