お亡くなり・ご危篤の場合

お客様インタビュー

お客様インタビュー

ハイランクプランのお客様インタビュー

こんな素晴らしい企業で働くスタッフの皆さんも誇らしいでしょう!

ハイランクプラン

川崎市  小川家

2018年  故人:お父様

ハイランクプラン

みんなに好かれた父でした。

父はお祭りが好きで、お酒が好きで、仲間が好きで、そして女性も大好きな父でした。

横浜育ちですが「江戸っ子」のような気質の父でした。「宵越しの金は持たない」みたいなところもあって、一旦出かけると朝まで帰ってこないという遊び好きでしたね。

私も成人してからは、父に色々な遊びを教えてもらいました。父親が息子にそんなことを教えるというのは珍しいでしょ。

趣味もいっぱいありましたね。まずダンス。これには夢中になっていました。あとカメラ。何でも興味を持つとトコトンのめり込むタイプなので、高価なカメラを何台も購入しましたね。旅行も好きで、年に1~2回は必ず仲間と海外旅行に出かけていました。

まあ好きな事を精一杯やって、楽しい人生だったのではないでしょうか。

人の世話も良く焼いていました。頼まれてもいないのに・・・。人が困っているのを見ると手を貸さずにはいられなかったのでしょうね。ですから皆に好かれていました。その人たちが葬儀には大勢参列してくれました。

父もうれしかったと思います。

(株)花葬に決めたのは・・・。

まず、ある葬儀社に見積りをしてもらいました。びっくりする程高かったですね。

それから普段からよく目にする地元の葬儀社。ここはいかにも葬儀社という構えの店で、なんだか入りにくくて、相談する気になりませんでした。

そこでネットで見つけた御社にお願いしてみることにしました。

葬儀の打合せは、父の死を知って集まってきた親戚や友人達が大勢いる、しんみりというより笑いと喧騒のなかで行うハメになり、担当者もびっくりしたと思いますよ。

結果として希望通りの予算で、しかも式の内容の説明がわかり易く、父の人生に相応しいお葬式が出来そうだな、という予感がしました。

毎日電話をくれて、何くれとなく相談に乗ってくれた担当者には本当に感謝しています。ここまででやってくれる葬儀社が(株)花葬なんですね。

「口コミサイト一位」というのも実感しました。

芸能人のようなお葬式でした。

花が好きだった父のために、花満載の祭壇にしました。

父の自慢のカメラと多数の写真。華やかなダンスの衣装。勇ましいお祭りの法被など、父の人生を彩った懐かしい品々がメモリアルコーナーとしてロビーに飾られました。

参列者の方々も父のことをあれこれ話題にして見入っていましたね。

お焼香をして帰るだけの従来型のお葬式では、これほど亡くなった人が話題になる事はないでしょう。皆さんが今は亡き父に想いを馳せている姿を目にして息子としてうれしかったですね。

お経が始まる前のナレーション。これも御社では必ずやっていると聞いていましたが、感動しました。思わず涙が溢れて来ました。参列した人も改めて父の人生を思い起こしてくれたと思います。

式場の雰囲気や葬儀進行の演出は、芸能人のお葬式のようでした。派手好きで、賑やかなことが大好きな父でしたから、このような演出に満足してくれたと確信しています。

もちろん私も御社に頼んで良かったと、既にお通夜が終った時点で思いました。告別式も期待していますよと、思わず言ってしまいました。

もちろん期待通りの告別式で納得の式でした。

(株)花葬に期待すること。

父にぴったりのお葬式でした。御社にお願いして正解だったと思っています。

打合せの時に私が感じた予感は当たったのです。2~3社検討しましたが花葬に決めたのは何かの巡り合わせだったのでは、とさえ考えてしまう程です。

お葬儀業界も競争が激しく大変だと思いますが、(株)花葬さんは間違いなく「勝ち組」の企業になると確信しています。こんな素晴らしい企業で働くスタッフの皆さんも誇らしいでしょう!

葬儀後の手続きの煩雑な事を一寸こぼしたところ、すぐに専門家を紹介しましょう、と言ってくれて、その迅速な対応のよさに感心してしまいました。

ある大手葬儀社を贔屓にしている親戚がいますが、私と同年代の従兄に「(株)花葬さんにしなよ!」と耳打ちしておきます(笑)

インタビュー一覧へ戻る

お急ぎの方はこちらまでご連絡ください。 0120-594-073 お問い合わせフォーム
電話をかける
通話無料:24時間365日対応
資料請求する
全員5000円割引プレゼント

資料請求特典
ご相談・お問い合わせ・ご危篤・ご逝去・お急ぎ 0120-594-073