お葬式の費用が高額になる原因を詳しく解説

お葬式で費用が心配な方

葬儀費用が高くなる理由

葬儀費用が高くなるにはいくつか原因があります。
葬儀社に任せっきり、立派な式場の選択と
自然と費用は高くなっていきます。

イラスト

全国の平均葬儀費用の内訳

イラスト
  • 内訳1 葬儀プラン
    どのような葬儀にするかの中身

    平均額:121万円

  • 内訳2 料理などの接待費
    葬儀後に振舞うお食事など

    平均額:31万円

  • 内訳3 司式者お布施
    司会者と住職へのお礼金

    平均額:47万円

イラスト
イラスト

花葬の葬儀費用の内訳

  • 葬儀プラン28.8万円

  • 接待費10万円

  • お布施10万円

葬儀プラン 28.8万円
接待費 10万円
お布施 10万円

葬儀費用が高くなる理由は?

病院や警察の紹介葬儀社を避ける

病院や警察の紹介葬儀社を避ける

8割以上の方が病院で亡くなっています。しかし病院などでは長く安置する事ができません。
そこで病院などは提携の葬儀社を勧めます。ここで紹介のマージンが発生しています。
突然亡くなってしまった場合は警察扱いになり、警察も同様で葬儀社を勧めてきます。

病院や警察では、ご遺体の安置はできません。
そこで提携の葬儀社を紹介してくれます。
価格やサービスなど不透明な部分が多数あり。

病院や警察の紹介葬儀社を避ける

■ 注意するポイント

病院や警察から勧められると、信頼性も高いため
そのまま依頼する人がほとんどですが、
葬儀費用に紹介料が上乗せされます。

曖昧で安価に見せた葬儀会社を避ける

曖昧で安価に見せた葬儀会社を避ける

葬儀費用が心配な方は「見えている費用が高いか安いか」という点ばかりに着目しがちです。
しかし、葬儀費用は式場の条件などによって費用は大きく変わってきます。
費用の内訳や中身をしっかりと確認することが大切です。

表示価格ばかりに着目しがちですが
葬儀費用の内訳や付属している条件に
よって費用は大きく変わってきます

曖昧で安価に見せた葬儀会社を避ける

■ 注意するポイント

インターネットなどで葬儀費用を「一式」と表現している葬儀会社に依頼しても、
プラン内容【付属の備品】を確認しなければ追加料金が発生する可能性が高くなります。

「全国対応」などの記載がある場合は注意!

葬儀ブローカーと呼ばれ、葬儀社を紹介し
高額な紹料が発生し、利用者には
追加料金が発生する事が高くなります

豪華なセレモニーホールは避ける

豪華なセレモニーホールは避ける

立派な葬儀式場を選択すると式場の使用料金などが必要となり、使用するだけで15万~30万前後の費用が必要となります。ここで、川崎市・横浜市の公営斎場を使用すると1万~8万前後で済みます。また駐車場などもあり、利用するのに安心できるポイントです。

豪華な葬儀会館を選択すると、使用料として
15万~30万前後の費用が必要となります。
霊柩車などの車両費用も別途費用なので必要!

豪華なセレモニーホールは避ける

■ 注意するポイント

公営斎場は、川崎市・横浜市が管理しているので比較的、安価な使用料金となります。

川崎市・横浜市の公営斎場を選択すると
市が運営しているので1万~8万円で済み
駐車場も完備し霊柩車などの費用も不要!

葬儀費用を高くする
オプション一覧

  • 1

    式場・施設使用料

    施設によって15万~30万の費用が
    必要になる場合もあります。

  • 2

    各スタッフの人件費

    葬儀中の進行役、案内を行うスタッフ、駐車場などの案内を行うスタッフなど、葬儀にはさまざまなスタッフが必要になります。

    進行役、案内など、葬儀には
    さまざまなスタッフが必要になります。

  • 3

    祭壇・位牌

    祭壇には白木祭壇や、生花祭壇などの種類があり、祭壇の大きさにより費用がかかります。

    白木祭壇や、生花祭壇などの種類があり、
    祭壇の大きさにより費用がかかります。

  • 4

    寝台車・遺体搬送費

    病院からの搬送、式場から火葬場への
    搬送など遺体を移動するための費用です。

  • 5

    各種葬儀で必要になる道具の費用

    各種葬儀道具の費用

    花立て・香炉・燭台の三具足や線香、蝋燭、焼香具、受付で必要な芳名帳、筆記用具などがあります。

    花立て・香炉・燭台の三具足や
    線香、蝋燭、焼香具、芳名帳、
    筆記用具などがあります。

  • 6

    遺影の作成費

    故人が写っている写真を遺影として
    加工してもらうための費用です。

葬儀費用を安く抑えるには

事前相談はなぜ必要か? 事前相談はなぜ必要か?
葬儀プランの見直し

葬儀プランの見直し

葬儀プラン(葬儀に必要なものがセットになった葬儀パッケージ)は葬儀会社によって、その内容は様々です。様々な規模の小さい葬儀プランがあるので、葬儀の内容を見直すことで葬儀費用を抑えることが可能です。

葬儀費用を抑えるには、葬儀プラン
(必要なものがセットになったパッケージ)の
内容の見直しをおススメします。

葬儀プランの見直し

■ 注意するポイント

葬儀社によっては細かいプラン内容があります。
家族葬プラン・1日葬プラン・火葬プランなどを
利用すれば、余分な葬儀費用を抑える事ができます。

補助金制度の利用

補助金制度の利用

川崎市にも横浜市にも、故人が生前に健康保険に入っていれば、各区に申請すればもらえる補助金制度があることをご存じでしょうか?補助金を利用することで葬儀費用の一部を補填でき、比較的安く葬儀を行うことができます。詳しくは下記をご参照ください。

川崎市・横浜市には、故人が生前に健康保険に
入っていれば補助金制度が利用できます。

※詳しくは、下記をご参照ください。

補助金制度の利用

■ 注意するポイント

補助金制度を利用する事で葬儀費用の一部を補填できますので、比較的安く葬儀を行う事ができます。

補助金制度を利用する事で葬儀費用の一部を補填
出来ますので比較的安く葬儀を行う事ができます。

相見積もりの利用

相見積もりの利用

葬儀費用は葬儀社の提案内容や葬儀プランによって大きく異なります。本当に必要な葬儀サービスだけを抜粋し、出来れば生前に2社以上の葬儀社から相見積りを取って葬儀費用の比較をすることをおススメします。

葬儀費用は葬儀プランや内容で大きく異なります
2社以上から相見積りを取って比較する。

相見積もりの利用

■ 注意するポイント

葬儀社により、プランの費用や必要備品などの追加費用などは大きく変わってきます。
葬儀社の提案力で余分な費用を抑えられます。

葬儀社により、プランの費用や必要備品などの
追加費用などは大きく変わってきます。
葬儀社の提案力で余分な費用を抑えられます。

川崎市の葬祭費給付制度について

川崎市では、対象者が生前に「国民健康保険の被保険者」「社会保険の被保険者」であった場合に
公的機関より葬儀費用の一部を「給付金」として受け取ることができます。

給付金額

「川崎市民」の皆様には
“ 50,000円 ”
が支給されます。

※「給付金」は、葬祭費用の「領収書」と引き換えする形で葬儀後に交付されます。
事前に受け取ることはできません。

給付申請に必要な書類

・申請する方の本人確認書類
・ご印鑑印鑑(朱肉を使用するもの)
・葬儀費用の領収書、請求書、又は会葬礼状など
・喪主様の銀行口座・故人様の保険証

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名 価格(税抜) 人数の目安 葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000 人数の目安10名程度にオススメ 葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000 人数の目安20名程度にオススメ 葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000 人数の目安30名程度にオススメ 葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000 人数の目安100名程度にオススメ 葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。

葬儀の仲介業者にご注意

近年インターネットで葬儀社に依頼するケースが増えてきました。低価格で便利なように見えますが、実際は葬儀の「仲介」だけをして、価格(安さ)だけを保証しているだけに過ぎません。実際に葬儀を執り行うのは委託された各地の葬儀社であり、葬儀社担当者の「経験値」、「接客力」、「専門知識」など、人的サービスにバラつきが出てしまいます。また、仲介業者への「仲介手数料」が高いので、強引に「オプション」を取られる事が多いようです。ぜひ事前相談にて比較検討される事をおすすめします。

葬儀の仲介業者にご注意

花葬は、
自社で葬儀を執り行う「葬儀社」
だから、ネット葬儀社よりも
高品質で、低価格です。

葬儀の仲介業者にご注意01