お亡くなり・ご危篤の場合

川崎市の葬儀・家族葬なら1級葬祭ディレクター在籍の葬儀社・花葬


火葬プランのお客様インタビュー

№86 このような心温まる式をつくる(株)花葬さんのこれからの発展は間違いないですね。

火葬プラン

川崎市  静野家

2019年  故人:お父様

火葬プラン

せっかちな父でした

父の性格を一言で言うと「せっかち」でしたね。旅行に行っても前もって決めておいたスケジュール通りにいかないと「早くしろ」と急かしたりしていましたね。

転勤族だったので日本中あちこち移り住みました。三重県に家があったのですが、妻(私達の母)を亡くしてからは名古屋、川崎と移り住んで来ました。

一人暮らしが長かったせいもあって、何でも自分ひとりでやっていました。子供に頼ったりすることはなかったですね。私達にも自主性を認めていて、「ああしろ、こうしろ」と口うるさく言うことはなかったですね。

若い時は釣りやゴルフをしていましたが、こちらに移り住んでからは孫と一緒に美術教室に通っていました。

遺品整理をしましたが、こんなに沢山の絵を描いていたとは、今までわかりませんでした。私も趣味で絵を描いています。やはり親子ですね。

病院に来る電車の中で(株)花葬さんに決めました

病院から急に呼び出しがあって、慌てて駆けつける途中で(株)花葬さんに決めたのです。

父は生前から直葬でやってほしいと希望していました。エンディングノートにも書いてありました。お話ししたように一人暮らしでしたので、何でも自分で決めていました。

そこでパソコンに「直葬」とキーワードを入れると、(株)花葬さんが出て来ました。ホームページを見ていくと{おもてなし認証規格}というのも目に入りました。

口コミもすごく参考になりました。こういう点が決め手になりました。ここなら間違いないと思いました。

私が病院に着くと間もなく父は亡くなったのですが、すぐに病院から「いつお引き取りなさいますか」と聞かれて、「あっ!もう出なくてはいけないんだ!」と思いました。それで先ほど決めておいた(株)花葬さんにお願いした次第です。

調べておいてよかった、とその時思いましたよ。

(株)花葬でやってみて感じたこと

父の希望もあって式をしなかったのですが(母の時もそうでした)告別室というところで父と対面しながらお花を入れてお別れすることが出来ました。

思ったよりも長くお別れの時間をとってくれたのでゆっくりできました。

病院から出るとき以来だったので、父がどんな風になっているか心配だったのですが、それ程やつれた様子もなく、お顔を綺麗にしてもらっていたのでホッと致しました。

最後に見る父の顔でしたのでラストメイクをやってあげて良かったなと思いました。

あと遺影写真ですね。よく式場でする時に飾ってある大きな写真は必要なかったのでどうしようかと思っていましたが、「自分で選んだお父様の写真を好きなフレームにいれて持ってきて」と提案してくれたのです。

私が父の為にしてあげられる最後のこと、との想いで一生懸命作りました。
これが大変良かったです。

また毎日電話をくれたのは有難かったです。日ごと色々な疑問が出てくるので助かりました。

役所の手続き一覧表も助かりました。お陰さまでスムーズに手続きが出来ました。

なるべく遺族に負担がかからないようにとの(株)花葬さんの心配りが感じられ嬉しかったです。

(株)花葬さんはますます発展していくと思います

田舎の葬儀には何回か参列したことがありますが、色々なしきたりがあって、遺族側も参列する側も本当に大変でした。

それに比べると今回はかんたんなお葬式でしたが(株)花葬さんは一切手を抜かず一生懸命やってくれました。

依頼の電話から始まって、病院へのお迎え、打合せ、そして火葬と(株)花葬さんの誠実なスタッフの方々の手によって、温かなお見送りが出来たことは本当に感謝しています。

このような心温まる式をつくる(株)花葬さんのこれからの発展は間違いないですね。

インタビュー一覧へ戻る

お急ぎの方はこちらまでご連絡ください。 0120-594-073 お問い合わせフォーム
電話をかける
通話無料:24時間365日対応
資料請求する
全員5000円割引プレゼント

   資料請求