お亡くなり・ご危篤の場合

オススメの式場 かわさき北部斎苑

オススメの式場 かわさき北部斎苑

かわさき北部斎苑

かわさき北部斎苑

かわさき北部斎苑は、火葬場を併設した公営斎場です。

かわさき北部斎苑は、川崎市高津区下作延にある市営の斎場です。JR南武線「津田山駅」より徒歩7分という好立地にございます。
こちらの斎場も、かわさき南部斎苑と同じように斎場横に火葬場が併設されておりますので、お通夜から火葬までの全てを移動無しで行う事が出来ます。
市営斎場ですので安価でご利用いただけます。かわさき北部斎苑での葬儀をご検討の場合は、ぜひ(株)花葬までお問合せください。

所在地神奈川県川崎市高津区下作延6-18-1
アクセス JR南武線「津田山駅」下車 徒歩7分
施設概要火葬炉16炉 斎場(式場)2室 霊安室1室

かわさき北部斎苑のご葬儀プラン

かわさき北部斎苑の利用者の声

  •  多摩区 E様
    昔からある斎場ですが、施設はとて綺麗なところです。 少し寒かったのが難点でした。
  •  高津区 T様
    沢山の人が会葬にきてくれましたが、特に難点はありませんでした。
    火葬炉が横でしたので移動がないので楽でした。暑い日や寒い日は移動だけで疲れる。
  •  麻生区 M様
    通夜の時に斎場に宿泊しましたが、親族の控え室も快適でした。
  •  宮前区  S様
    自宅から近くてとても便利でした。近所の方も、かわさき北部斎苑でお葬式をやりますので、場所なども詳しく説明しないで平気でした。
    皆が知っている式場なので安心して葬儀ができました。
  •  高津区  N様
    駅からも近いので親戚からも好評価でした。もう少し早く予約ができれば一番良い式場だと思います。
    人気だから混んでいるのも納得でした。

かわさき北部斎苑を利用するメリット

火葬場と同じ建物にあり便利
火葬場と併設されているため移動をしなくて済みます(高齢な方や足の不自由な方がいる場合は特に便利です)。

葬儀の際、移動時間が無い為、遠方の方なども時間が短縮できて早めに家に帰宅する事ができます。

火葬場に移動するための霊柩車やマイクロバスの費用がかからない
移動のためのマイクロバスなどの費用が不要です。

同じ敷地内に火葬場がありますので、葬儀後、火葬場に移動する手間が無くなりますし、移動のための霊柩車やマイクロバスの費用を節約できます。

民営斎場よりも公営斎場の方が、安価な費用で利用可能
お寺や貸し式場では、20~40万円とかなり高額な使用料金が必要ですが・・・

料金は20,000円から利用できます。
かなり人気の式場といえます。
※詳細は式場の利用料金を参照

よく知られている有名斎場
公営斎場は施設も綺麗で清潔感もあり、落ち着いた雰囲気で作られています。

かわさき南部斎苑は都内でもよく名前の通った有名斎場ですので、参列の方々にお知らせする時に、場所がすぐにわかる人が多いですし、格式といった面でも優れた斎場です。

< かわさき南部斎苑を使う場合の注意点 >
1
 葬儀社選びが大切

かわさき南部斎苑の利用はどの葬儀社でも可能ですので、葬儀社選びが大切になります(かわさき南部斎苑そのものは葬儀社ではありません)。
また貸し斎場なので、この斎場でのお葬式に慣れている葬儀社を選ぶことが大切です。

2
 人気の斎場なので、込んでいると予約が難しい

かわさき南部斎苑は、人気がある斎場なので、時期によっては、予約が難しいということもあります。場合によっては、すぐに他の斎場を手配したり、日程を調整したりする必要があります。
そうした場合でも、すぐに対応できる葬儀社を選ぶことが大切です。

3
 特定の事業者と業務提携はしておりません

葬儀事業者のホームページ等で、かわさき南部斎苑と業務提携しているかのような記述がなされているものがありますが、斎苑は川崎市の施設であり、特定の事業者と業務提携したりすることはありません。

< 式場の利用料金 >
式場名収 容料 金時間
第2式場(市民)100人30,000円(税込)通夜18時~19時
葬儀12時~13時
第2式場(市民以外)100人90,000円(税込)通夜18時~19時
葬儀12時~13時
第3A(市民)
※2018年4月1日利用開始
25人7,500円(税込)通夜19時~20時
葬儀12時~13時
第3B(市民)
※2018年4月1日利用開始
25人7,500円(税込)通夜18時~19時
葬儀9時30分~10時30分
第3AB統一(市民)
※2018年4月1日利用開始
50人15,000円(税込)通夜18時~19時
葬儀9時30分~10時30分
第3A(市民以外)
※2018年4月1日利用開始
25人22,500円(税込)通夜19時~20時
葬儀12時~13時
第3B(市民以外)
※2018年4月1日利用開始
25人22,500円(税込)通夜18時~19時
葬儀9時30分~10時30分
第3AB統一(市民以外)
※2018年4月1日利用開始
50人45,000円(税込)通夜18時~19時
葬儀9時30分~10時30分

かわさき北部斎苑 新式場オープン


  • 外観

  • 正面

  • 式場

  • 親族控室・お清め処

  • 導師控室

  • 更衣室(※男女別々に有り)

  • 授乳室

※注意
施設内での宿泊はできませんので、午後9時までには建物内から退去をお願いします。
通夜振舞いは、親族控室を利用し、エントランスやロビーでの飲食は禁止となっております。

< かわさき北部斎苑の設備情報 >

「かわさき北部斎苑」は、神奈川県にある斎場です。昔「川崎市立葬斎場」と呼ばれていた建物ですが、現在は名前が変わっています。この「かわさき北部斎苑」について詳しくご説明いたします。

< かわさき南部斎苑と似た構成になっている >

かわさき北部斎苑は、「かわさき南部斎苑」と似たような作りになっています。設備が整っており、広く、さまざまな部屋が用意された大型の斎苑です。

火葬炉は実に16炉もあり、一度に多くの人を受け入れられるようになっています。休憩室も大きく、50人用の部屋が7部屋、25人用の部屋が4部屋も用意されています(ただし、25人用の3部屋は工事用の事務所として使用されていました)。また、管理棟にも休憩室が6部屋用意されており、非常に多くのご家族が使えるようになっています。16炉がフル稼働しても控室が足りなくなるということはありません。

式場の数は、斎場に2部屋、管理棟に2部屋あります。かわさき南部斎苑と同じように4室での展開で、収容人数もかわさき南部斎苑と同じです。200人用が1室と100人用が1室、それから50人用が2部屋となっています。祭壇の準備などはありませんから、祭壇を希望する場合は葬儀会社が手配して用意してくれることになります。

霊安室も用意されています。霊安室は、12人まで入ることができるようになっており、これもまたかわさき南部斎苑と同じです。なお、ほかの火葬場がそうであるように、動物の火葬を行うことはできません。
駐車場の収容台数やアクセスによさに関しては、かわさき南部斎苑の方に軍配があがります。かわさき北部斎苑の場合は50台までしか車を停めることができません。50台というと多い印象がありますが、もともとかわさき北部斎苑は非常に多くの会葬者を受け入れられるようになっているため、すべての人が車で着てしまうと収容台数オーバーになってしまいます。公共の交通機関を使うのもよいのですが、公共の交通機関にはそれほど恵まれていない(後述します)ため、1台の車に乗り合わせていくのがよいかもしれません。

かわさき南部斎苑は公共交通網にも恵まれており、最寄りのバス停から徒歩3分程度で行くことができます。また、停車するバスも多く、非常に便利でした。しかしかわさき北部斎苑の場合は、JR南部線「津田山駅」で降りてから徒歩7分程度も歩かなければなりません。健康な状態で、かつ気候にも恵まれていれば大した距離ではないのですが、ご年配の方やお体の不自由な人にとっては歩くには少し厳しい距離です。幸い駐車場は車いす対応となっていますから、これを使うとよいでしょう。

< かわさき北部斎苑の運営のやり方 >

ここからはより具体的に、かわさき北部斎苑の運営の仕方についてご紹介いたします。

【開苑時間について】
火葬施設は、1月1日と友引が、式場は1月1日がお休みです。元旦にお休みをとっているところは非常に多いのですが、「友引も不可」という点については注意が必要です。友引は月に6日ほどありますから、葬儀を行う日もこれを考慮して選ばなければなりません。

【葬儀プランと条件】
「200人まで受け入れられる」という非常に広いお部屋を用意していますが、かわさき北部斎苑では社葬は取り扱っていません。そのため、社葬をしたいのであれば民間の式場を使うことになっています。

現在は葬儀も多様化しています。音楽の生演奏などでお見送りをするケースもありますが、かわさき北部斎苑ではそれもできません。また、昔は一般的だった足つきの花輪を入れることもできませんし、祭壇の垂れ幕を飾ることもできません。また、「案内板」の役目を果たしていた立て看板も設置することができません。

また、車の使用台数にも制限があります。1つの喪家に対して6台以内と決められています。

【使用料金】
火葬にかかる費用は、1500円~4500円です。ただしこれは市内に住んでいる人の金額です。市外に住んでいる人の場合は、料金が10倍以上となります。また、各部屋の使用料金は3倍になります。
例外的に、亡くなった子どもの父母は川崎市内に席を置いている場合は市内居住者の料金で挙げられます。また、川崎市の生活保護を受けている人が亡くなった場合も同様です。

【使用時間】
会場によって多少の違いはありますが、告別式の利用時間は10分程度、通夜振る舞いも21時までに行うこと……などの決まりがあります。事前にしっかりと確認しておきましょう。

< かわさき北部斎苑での葬儀プラン >

前述したように、かわさき北部斎苑では社葬は取り扱っていません。しかしそれ以外の葬儀ならば行えます。現在は小規模な葬儀がよく注目されていることもあり、かわさき北部斎苑を使って家族葬や一日葬、直葬(火葬式)を行うご家庭もよく見られますが、一般葬を行うこともできます。
なお、かわさき北部斎苑の場合は自治体が運営する葬儀式場であり火葬場でもありますから、宗教や宗派は不問です。

かわさき北部斎苑の場合、火葬場と葬儀式場が一体化しています。また休憩室も完備しています。そのため、別のところで葬儀をして出棺、火葬場に行って焼いてもらい、収骨して、また式場に戻り繰り上げ初七日法要を行う――――といった手間がいりません。ひとつの会場で完結するため、参列者にも喪主(喪家)側にとっても負担が少ない会場だといえます。

ただ、「自分の自由に葬儀を組み立てたい」「生演奏で送ってもらいたい」などの希望がある場合、かわさき北部斎苑はむきません。かわさき北部斎苑は火の取り扱いなども含めて、かなり規則が厳しいからです。自分の、あるいはお見送りをされる人の好みにあった葬儀ができるかどうかは、しっかり考えて選ばなければなりません。

大規模な葬儀を行うこともできますし、小さな葬儀プランを行うこともできるかわさき北部斎苑は、「どこで挙げようか迷っている」という人にとって心強い味方となります。市外在住者の場合は金額がハネあがりますから原則としておすめはできませんが、川崎市内で葬儀を挙げようと考えているのであれば、かわさき北部斎苑はひとつの選択肢となりうるでしょう。

1
 バリアフリー未対応

かわさき北部斎苑はバリアフリーに対応していないため、ご不安な方がいる場合には事前に葬儀社に確認が必要です。

2
 ご遺体の安置が可能

葬儀までの間、故人のご遺体をかわさき北部斎苑に安置することが可能です。
ご遺体の安置料: 

  • 1日  :1,000円
  • 市民外:3,000円

3
 全宗派でご利用可能

かわさき北部斎苑では全ての宗派のお葬式に対応しているのでどなたでも安心してご利用いただけます。

4
 遺族の宿泊が可能

かわさき北部斎苑内に宿泊することが可能です。
宿泊にかかる費用: 無料 布団代金は別途

5
 駐車場あり

かわさき北部斎苑の敷地内に駐車場がございます。当日の状況にもよりますので事前に確認しておくことをおすすめします。
駐車台数: 台数は一葬家  6台まで。

6
 シャワーまたはバスルームなし

かわさき北部斎苑内には入浴またはシャワーができる設備がありません。

かわさき北部斎苑へのアクセス

神奈川県川崎市高津区下作延6-18-1
JR南武線「津田山」駅より 徒歩7分
お急ぎの方はこちらまでご連絡ください。 0120-594-073 お問い合わせフォーム
電話をかける
通話無料:24時間365日対応
資料請求する
全員5000円割引プレゼント
資料請求特典