横浜市保土ヶ谷区での葬儀の補助金制度とその詳細


横浜市保土ヶ谷区の補助金制度

一緒にお読みいただきたい記事

横浜市保土ヶ谷区の葬儀の流れ

横浜市保土ヶ谷区の葬儀の種類と費用相場

横浜市保土ヶ谷区の葬儀場の選び方

1.横浜市保土ヶ谷区の補助金制度

葬儀費用の急な出費に頭を悩ませる遺族も少なくありません。このような場合に利用できるのが葬儀の補助金制度です。葬儀の補助金制度には、国民健康保険の加入者や社会保険の加入者が利用できるもの、生活保護を受けている人が利用できるものなどさまざまなものがあります。

 

横浜市保土ヶ谷区で利用できる補助金制度を以下に記載しました。要件などを確認して書類を揃え、期限内に申請しましょう。

2.横浜市保土ヶ谷区の補助金制度の詳細

2-1.葬祭費
国民健康保険の加入者とその扶養家族、または後期高齢者医療制度の加入者が死亡した際の葬儀に支払われる制度。

 

●支給額:5万円

 

【申請に必要な書類】

・被保険者証

・葬祭費用の領収書など(葬儀を行ったことがわかるもの)

・葬祭を行った方の振込先金融機関、口座番号などの控え

・葬祭費を申請人以外の口座に振り込む場合のみ、申請人の印鑑が必要

 

●期限:葬儀を行ってから2年以内

 

●問い合わせ先:保土ヶ谷区保険年金課保険係

※詳しくはこちら⇒葬祭費:横浜市

※申請は、亡くなった方の区で行う必要があり、葬儀を行った方など申請者のお住まいの区ではありません。

 

2-2.社会保険の埋葬料 家族埋葬料
組合健保や協会けんぽなど社会保険の被保険者の葬儀の際に支給される制度。

被保険者が養う家族が亡くなった場合には、家族埋葬料が支給されます。

 

●支給額:5万円(埋葬料、家族埋葬料)

 

●期限:葬儀から2年以内の期限が多い。

(加入する社会保険によって異なる)

 

●問い合わせ先:加入する社会保険

 

2-3.社会保険や共済組合の埋葬費
埋葬料の申請資格のある方がいない場合に、葬儀を行った方に支給される制度。

 

●支給額:5万円を支給上限額とし、実際に埋葬にかかった金額が支払われます。

 

●期限:葬儀から2年以内の期限が多い。

(加入する社会保険によって異なる)

 

●問い合わせ先:加入する社会保険や共済組合

 

●埋葬料と埋葬費の違い:

違いは、埋葬を行う方の生計が亡くなった方(被保険者)によって維持されていたかどうかという点にあります。埋葬料は、亡くなった方が埋葬を行う方の生計を維持していた場合に支給され、埋葬費は、亡くなった方が埋葬を行う方の生計を維持していない場合、つまり、遺族などではない第三者などに支給されるものです。

 

2-4.共済組合の埋葬料 家族埋葬料
国家公務員共済組合や地方公務員共済組合、私立学校教職員共済などの埋葬に支給される制度。

 

●支給額:5万円(埋葬料、家族埋葬料)

 

●期限:葬儀から2年以内の期限が多い。

(加入する共済組合によって異なる)

 

●問い合わせ先:加入する共済組合

 

2-5.葬祭扶助
生活保護を受けていた故人や生活保護を受けている遺族などに支払われる制度。

 

●葬儀形式:直葬(火葬式)

※必要最低限の葬儀になります。

 

●支給額:

10歳以上は225,530円、10歳未満は179,230円と定められ、これを基準に各自治体が上限金額を設定。

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名価格(税抜)人数の目安葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000人数の目安10名程度にオススメ葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000人数の目安20名程度にオススメ葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000人数の目安30名程度にオススメ葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000人数の目安100名程度にオススメ葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。

ご都合に合わせて相談方法をお選びいただけます ご都合に合わせて
相談方法をお選びいただけます
  • 電話でのご依頼・ご相談

    お急ぎの場合やご質問など、
    お気軽にご相談ください。
    24時間・365日、専門スタッフが
    親切丁寧にご対応いたします。

    電話番号 電話番号

  • 資料請求

    何から始めれば良いか分からない方、
    色々なご不安やご質問がある方、
    すぐに葬儀の準備を進めたい方など、
    詳しい資料をお送りします。

    資料請求 資料請求