横浜市久保山霊堂での葬儀の知識


横浜市久保山霊堂での葬儀の知識

 

一緒にお読みいただきたい記事

横浜市久保山霊堂が初めての方

横浜市久保山霊堂での葬儀に備える

横浜市久保山霊堂の費用を知る


1.横浜市久保山霊堂の葬儀における知識・マナー

久保山霊堂で葬儀を行う時は、横浜市の葬儀事情や葬儀マナーを理解しましょう。


1-1.横浜市の葬儀事情
横浜市では、「後火葬」による葬儀が基本です。「前火葬」は東北地方や沖縄県で行われ、「後火葬」は北海道、関東地方、関西地方、九州地方などで主に行われています。

 

また、横浜市では、通夜振る舞いが行われるケースも多くなっています。通夜振る舞いは、通夜の後に別室で料理やお酒を、僧侶や参列者に振る舞うものです。通夜振る舞いの案内があった際は、予定がない限りできるだけ出席するのがマナーです。

 

大都市圏の火葬場は混雑傾向にありますが、横浜市も例外ではありません。火葬場の混雑状況によっては、ご遺体を数日間、安置所やご自宅で安置するケースもあります。


1-2.横浜市の葬儀マナー
横浜市の葬儀における、服装、焼香、数珠のマナーを以下にまとめました。

 

●服装のマナー

葬儀では、喪服を着用するのが一般的です。喪主や遺族は和装などの正喪服や準喪服を、参列者は準喪服を着用します。

 

準喪服の場合、男性はブラックスーツを着用し、白無地のワイシャツに黒のネクタイなどを選びます。女性は、アンサンブルやワンピースを着用し、スカートは短すぎない、ひざ下の丈にしましょう。

 

靴下やストッキング、靴などの小物類は、男女ともに黒で統一します。男性はバッグを使用せず、必要なものを喪服のポケットに入れます。

 

女性は結婚指輪以外のアクセサリーをできるだけつけないようにして、派手な小物は避けましょう。女性がバッグを持っていく際は、殺生を連想させるため革製ではなく布製のものを持っていくようにします。

 

●焼香のマナー

焼香は、仏式の葬儀で行わる儀式です。焼香の仕方は、宗派によっても異なります。以下に、仏式の葬儀で最も一般的な立礼焼香の手順をまとめています。

 

1.祭壇へ進みます

2.遺族、僧侶に一礼します

3.焼香台の前まで進み、遺影に一礼します

4.抹香をつまみ、目の高さまで持ち上げて手を下げ、香をくべます

5.4の動作を3回行い、数珠を手にかけて合掌します

6.遺族、僧侶へ一礼し、席へ戻ります

 

●数珠のマナー

数珠は、仏式の葬儀に必要な仏具です。数珠は基本的に左手に持ち、房を下に垂らします。合掌の際は左手に右手を添える、または、両手に数珠をかけるというやり方が一般的です。

 

数珠の貸し借りは、マナー違反となります。急な訃報の葬儀で数珠が用意できないといった場合などは、数珠はなしで参列するのも仕方がありません。しかし、喪主や遺族は、数珠を使用するのが基本です。

 

尚、数珠は「畳みの上」や「椅子の上」などに置くのは禁止されていますので、くれぐれも注意しましょう。


2.まとめ

横浜市の葬儀では、後火葬が行われます。また仏式の葬儀では焼香の儀式を行い、仏具には数珠を持参するのがマナーです。

 

弊社の花葬は、格安の葬儀を実現する葬儀社です。横浜市の特徴やしきたりをよく理解し、口コミでは高い評価をいただいております。

 

横浜市の葬儀にお悩みの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

※横浜市で人気の葬儀場一覧はこちら

※川崎市・横浜市の葬儀は花葬へお任せください。

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名 価格(税抜) 人数の目安 葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000 人数の目安10名程度にオススメ 葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000 人数の目安20名程度にオススメ 葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000 人数の目安30名程度にオススメ 葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000 人数の目安100名程度にオススメ 葬儀の流れハイクラスプラン

※表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。

ご都合に合わせて相談方法をお選びいただけます ご都合に合わせて
相談方法をお選びいただけます
  • 電話でのご依頼・ご相談

    お急ぎの場合やご質問など、
    お気軽にご相談ください。
    24時間・365日、専門スタッフが
    親切丁寧にご対応いたします。

    電話番号 電話番号

  • 資料請求

    何から始めれば良いか分からない方、
    色々なご不安やご質問がある方、
    すぐに葬儀の準備を進めたい方など、
    詳しい資料をお送りします。

    資料請求 資料請求