お亡くなり・ご危篤の場合

葬儀コラム

葬儀コラム

2019/02/14

105 家族が余命宣告を受けたら

もしも家族が自宅で死亡してしまったらどうすればいいのでしょうか。   自宅で息を引き取ってしまった場合は、かかりつけ医の医師によって死亡診断書が発行される場合と、警察が介入する場合とがあり、遺体の引き渡しまでに少し時間がかかってしまいます。   家族からすると、自宅に警察がやってきて、ただでさえ家族の死で動転している所に、さらに不慣れなことばかりで、不安に思われることでしょ……

詳細を見る

2019/02/08

104 医師から余命宣告を受けたら

医師から余命宣告を受けたら、家族はどのように対応すればいいのでしょうか。   当事者である本人の体調や気持ちをケアすることも大切ですし、同時に周りの家族は万が一のことにも備えておかなくてはなりません。   家族がしなければならないことをまとめました。     【余命宣告とは】 余命宣告に明確な決まりやルールはないと言われています。……

詳細を見る

2019/02/04

103 焼香の意味

焼香とは、葬儀や仏事において、本尊(仏さま)や死者の供養のために香を焚くことです。小刻みにされたお香(抹香)をつまんで、香炉の中の炭(火種)の上に落とすことで、煙と香りが立ちあがります。   仏教では仏を礼拝し、故人の供養を念じる時に、焼香を捧げます。   この記事では、焼香について詳しくご説明いたします。     【焼香は、仏や死者の……

詳細を見る

2019/02/01

102 お清め塩の意味

葬儀に参列すると、手渡された会葬礼状の中に「おきよめ」などと書かれた小袋が挟まれています。   これは、お清め塩と呼ばれ、葬儀を終えて自宅に帰宅するときに清めのために振りまく塩です。   どうして葬儀の場面で塩を撒くのでしょうか?   その由来や使い方について詳しく調べてみましたのでご紹介いたします。     【お……

詳細を見る

2019/01/25

101 合掌の意味

仏事では、仏様や亡き人に礼拝する時に合掌をします。   この合掌にはどのような意味があるのでしょうか。詳しく調べてみました。     【合掌の意味とは】 合掌は、インドを発祥とする礼拝の仕草です。   顔や胸の前で、右手と左手の手を合わす姿は、私たち日本人にはなじみ深い仕草です。   なぜ右手と左手をあわせる……

詳細を見る

2019/01/18

100 訃報の連絡方法と伝える内容

訃報とは誰かが亡くなったことの知らせを意味します。   また、誰かが亡くなったことに加えて、いつ、どこで、葬儀を執り行うかなども伝えて、葬儀への参列を促す役割も果たします。   あるいは最近では家族葬が多く、身内だけでの葬儀を行ったあとに訃報を流すこともあります。   では、訃報はどのような方法で流せばいいのでしょうか。   この……

詳細を見る

2018/12/14

99 寒中見舞いの正しい書き方

寒中見舞いとは、厳寒の季節に相手を気遣う挨拶状です。   季節の挨拶にはその他にも暑中見舞いや残暑見舞いなどもありますが、寒中見舞いが他と違うのは、葬儀を行った家を気遣う書状でもある点です。   この記事では、主に喪中に絡めた寒中見舞いについてご説明いたします。     【喪中はがきとは?】 寒中見舞いについて説明する前に、まずは……

詳細を見る

2018/11/20

98 供花・供物の贈り方

通夜や葬儀では、さまざまな形で弔意を示します。   式場に実際に足を運んでお焼香をする「弔問」や、金品を包んで故人に供える「香典」などが代表的ですが、このほかにも、供花や供物をお供えするという方法もあります。   供花や供物とはどういったものなのか、どのように申し込んで贈ればよいのかをまとめました。     【供花とは】 供花とは……

詳細を見る

2018/10/10

97 墓じまいとは

先祖代々が祀られているお墓を解体して処分することを「墓じまい」と呼びます。   いま、大変多くの人たちが、様々な理由でこの墓じまいをしています。   墓じまいがどうして多いのか、どのように行うべきなのか、費用がどれくらいかかるものなのか。   おそらく人生の中で一度あるかないかの墓じまいについて、詳しくご説明いたします。   &n……

詳細を見る

2018/09/14

96 葬儀後のお礼について

葬儀のあとのお礼や挨拶回りはどのようにしたらよいのでしょうか。   葬儀が終わったあとも、遺族にはしなければならないことがたくさんあり、慌ただしい思いを強いられるでしょう。   できるだけ早い時期に、お世話になった方々へお礼やあいさつ回りに出向くのが望ましいのですが、時間が取れない場合には、お礼状や電話やメールという方法もあります。   この記事では、……

詳細を見る
資料請求特典
ご相談・お問い合わせ・ご危篤・ご逝去・お急ぎ 0120-594-073