葬儀コラム

葬儀コラム

2017/02/14

54 葬儀後に必要な手続きまとめ!

1 はじめに

葬儀を終わった片にお話を聞くと、皆様が口を揃えて言うのが、手続き関係が本当に大変だったと
必ず言います。葬儀社によっては、全然アドバイスをしない会社も有り大変です。
喪主などになると49日法要や、お礼参りなどで忙しいのに、期日が決まった手続きなども沢山あります。花葬では優先順位の高い手続きなどはも全てアドバイスさせていただいています。
本日は葬儀後の手続きについて解説、アドバイスをさせていただきます。
2 葬儀後に必要な手続きリスト!

優先順位の高いもの


1 生命保険の死亡保険金請求 〔3年以内、保険会社窓口〕
2 土地、建物の登記変更 〔無期限、不動産所在地の登記表〕
3 所得税準確定申告、納税 〔4ヶ月以内、住所地の税務署〕
4 国民健康保険の脱退 〔14日以内、市区町村国民健康保険窓口〕
5 年金受給権者死亡届け 〔国民年金14日以内・その他年金10日以内〕
6 相続税の申告、納税 〔10ヶ月以内、住所地の税務署〕
7 相続の放棄 〔3ヶ月以内、住所地の家庭裁判所〕
3 相続確定後に行うもの

1 不動産名義変更 〔確定後速やかに、地方法務局〕
2 預貯金の名義変更 〔確定後速やかに、契約先窓口〕
3 自動車所有権の移転 〔確定後15日以内、陸運局支局〕
4 クレジットカードの解約 〔確定後速やかに、契約先窓口〕
5 各種公共料金の名義変更 〔確定後速やかに、それぞれの会社〕

補助金、給付金などに関わるもの

1 国民年金の一時死亡金請求 〔2年以内、市区町村国民年金窓口〕
2 国民健康保険の葬儀費用請求 〔2年以内、市区町村健康保険窓口〕
3 国民年金の遺族基礎年金請求 〔5年以内、市区町村国民年金窓口〕

などがあります。もし不明な事がありましたら、お問い合わせください。
4 区役所でもらえる書類

死亡届けを居住地の区役所に提出すると、以下の書類がもらえます。
区役所により書式は異なりますが、内容は変わりませんので、参考にどうぞ。

死亡届けに伴う主な手続きのご案内

1世帯主の変更〔3人以上の世帯において、世帯主が亡くなった 場合は必要となりす。〕    住民記録係、印鑑登録証、住民基本台帳カードの返却、住民記録係

3葬祭費の請求〔国民健康保険加入者及び75歳以上の方が亡くなった時〕
必要な書類    
国民健康保険証〔国民健康保険加入者のみ〕
葬儀を行った方の名義の銀行口座
葬祭の領収書、または 会葬礼状
印鑑 〔朱肉を使う印〕国民健康保険係り

4老人医療証、後期高齢者医療証の返却  国民健康保険係り

5国民年金加入者及び受給者の諸手続き  国民年金係

※厚生年金加入者及び受給者については社会保険事務所に問い合わせ。 詳しい事は各担当窓口へ問い合わせください。 
受付時間 月曜日~金曜日 8時30分~17時00分

その他 1 電気・ガス・水道などの公共料金 〔名義変更届〕
2電話の名義変更 〔加入継承届書〕
3自動車の相続と移転登録(相続同意書)
4故人の運転免許証の返却(運転免許証返納届)
5故人のクレジットカードの返却(脱会届) など・・・
分からない事は専門家に相談を。
<不動産関係は司法書士へ>     <税務手続きは税理士へ>
5 最後に

葬儀後の手続きは本当に大変で難しいと思います。
花葬では、無料でフルサポートしますので、お問い合わせください。
花葬のコラムでは、これからお葬式を経験される方に後悔の無いお葬式を
してもらえるように、様々な疑問や不安に対する解決策やマナーなどを
日々、掲載しお知らせしていきます。
しかし、後悔の無いお葬式にしていくには事前の準備や知識を
皆様自身が得ておくことです。
お葬式に関する知識は、とても多く、コラムだけでは伝えるのが
難しいので是非一度、問い合わせをしてください。
必ず皆様の不安を無くしてみせます。
メールでも受け付けていますので、利用なさってください。
葬儀に不慣れな方にも分かりやすく、ご説明させていただきます。
花葬 大屋 徹朗
一覧へ戻る