川崎市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2020/06/18

棺に入れてもいいものとは?棺の種類や料金など棺を徹底解説【2021年最新版】

故人が最後に入るおやしろが棺です。棺には、故人らしいものを仕立てたいと思う遺族も多いものです。近年、棺の種類は多様化。きれいな花に囲まれた姿が見られるような「透明な棺」や環境に優しいものとして「段ボール棺」なども登場しています。

今回は、棺の種類や料金、棺に入れてもよいものなど、棺を徹底解説します。ぜひ参考にしてください。

1.棺の種類

棺には、伊丹十三監督の映画「お葬式」に登場したことでも有名な洋風の布張り棺や全ての面に彫刻を施した最高級棺、透明の棺、談ポール棺などさまざまな種類があります。最もオーソドックスな木材を使用したものや布製のもの、段ポールを利用したものなど、材質も色々です。また、棺の形状には、箱型やかまぼこ型、山型、R型などがあります。

 

費用面と故人や遺族の意向を考慮し、希望に沿った棺を選んでいきましょう。

2.棺の料金の目安

棺は、祭壇と並び、葬儀費用の中心となるものです。棺の種類別に見た料金の目安を紹介します。

 

●桐棺…料金目安:5万円~40万円程度

シンプルなものから凝ったデザインの彫刻を施したものまで幅広い種類があります。

 

●布張棺…料金目安:7万円~40万円程度

温もりや、柔らかさを感じさせてくれます。故人がお好きな色合いやデザインに合わせて決めていくケースも多いです。

 

●エンバー棺…料金目安:15万円~40万円程度

エンバーミングを施したときに入られます。故人とのよりよいご対面を考えて作られています。

 

●エコ棺…料金目安:5万円~20万円程度

強化段ボールと合成版で作られた環境に優しい棺。木材と見分けがつかないほどです。

 

●天然木棺…料金目安:30万円~300万円程度

天然の桐・樅(もみ)・檜(ひのき)を素材に割れ目や節目がないように作られた最高級品です。最高品質だけが持つ、気品があふれます。

 

●キリスト式棺…料金目安:10万円前後

キリスト教式にふさわしい棺です。黒や白一色に十字架などが入ったシンプル棺が一般的です。

 

●海外輸送棺…料金目安:50万円~80万円程度

飛行機で無事に帰ってこられるように厳重に作られています。諸外国の基準をクリアした棺になります。※別途輸送費・手続きが必要です。

 

●子供棺…料金目安:5万円~10万円程度

可愛らしいお花や動物のデザインをあしらったものがあります。親御様の想いが入った棺です。

3.棺に入れてよいもの

棺に入れてもよいもの(副葬品)は、お菓子や趣味のもの、衣類など燃えやすいものです。

 

また、故人が好きだった果物を入れる場合は、事前にカットをし、少量のものを入れます。メロン、スイカなど大きな果物やりんご、オレンジなどの水分の多い食べ物は火葬の時間が余分にかかり、納骨のさいに灰が邪魔になります。燃焼の妨げになるため、これらを入れるのは、控えたほうがよいでしょう。また、故人が愛用していたメガネや釣り竿(カーボン)、ゴルフクラブ(金属)も入れられません。これらを棺に入れたい場合には、蝋(ろう)で作られた模造品を入れます。

 

故人の好きだったものが入れられない場合は、蝋や木、紙で作った模造品、日本酒、化粧品などもよく棺に入れられます。

 

また、副葬品には、故人への想いを素直に書き上げた手紙を入れるケースもあります。これまでの感謝の気持ちやお礼を伝える機会となり、棺に入れるものとして手紙が選ばれているのです。

 

【棺に納めてよい物の例】

・愛用していた洋服

・お菓子

・お手紙

・生花

・趣味などの愛用した物

 

などが一般的な物になります。

4.棺に入れててはいけない物

棺には、燃えにくいものや有害物質が発生するものは入れてはいけません。具体的には、金属、ガラス、陶器、分厚い本にビニール製品、プラスチック製品、缶詰などが棺に入れてはいけないものです。

 

また生きている人の写真を入れてはいけないとされています。写真を棺に入れて燃やすことで、一緒にあの世に呼ばれると言われ、縁起が悪いという理由があるからです。

 

もし上記の内容の物で入れたい場合は骨壺の中に一緒に納める事ができます。

眼鏡やアクセサリーなどは入れる方が多くいらっしゃいます。

 

【棺に納めてはいけない物の例】

・眼鏡、腕時計、指輪

・革靴などのビニール製品

・お金

・水分の多い果物 【スイカ・メロンなど】

・分厚い本、アルバムなど

5.本記事のまとめ

棺にはさまざまな種類があり、費用も大きく異なります。また、棺は、有害物質が発生するものなどは入れられないようになっています。燃えやすいものを入れるのが基本です。棺の種類や費用、入れてはいけないものなどを理解することで、いざという時の葬儀に慌てずに対処できるでしょう。

 

横浜市や川崎市の葬儀には、弊社がおすすめです。弊社は、地域密着型の葬儀社であり、低価格が大きな魅力。口コミや評判も高く、地域のお客様から厚い信頼を得ています。

 

最近では、葬儀社の案内で全国対応や1都3県などといった記載があるものもよく見かけるようになりました。 しかし、葬儀は地域によって、しきたりや場所の特徴などがあります。知らないことで、結果としてお客様に迷惑をかけてしまうといったケースもあるのです。そのため、全国対応・1都3県などと記載のある葬儀社には気をつけたほうがよいといえます。

 

弊社は、花葬クラブにて無料相談も承っております。まずは、弊社までお気軽にご連絡ください。

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名価格(税抜)人数の目安葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000人数の目安10名程度にオススメ葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000人数の目安20名程度にオススメ葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000人数の目安30名程度にオススメ葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000人数の目安100名程度にオススメ葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。