川崎市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2020/05/23

最近、増えている死後離婚について

最近、聞きなれない言葉を耳にします。「死後離婚」という言葉です。死後離婚とは配偶者が亡くなった後に「姻族関係終了届」を市区町村に提出し配偶者との家族と縁を切る方法です。

法務省の統計によると、年々増加傾向で2009年の1823件から2014年の5年間で20%近く増加し2202件になっているみたいです。

1.死後離婚の理由

死後離婚の理由ランキング。

 

1位 夫が亡くなってまで親族と付き合いたくない
2位 縁の無い土地のお墓で夫やその両親と一緒のお墓に入りたくない
3位 夫が嫌い

 

このアンケートは女性にしか取ってないんですかね?男の人が嫌われていますね。私も気をつけなければいけませんね。

2.死後離婚の手続き方法

姻族関係終了届には配偶者の親族などの同意は必要ありません。届出は、本籍地、住んでいる市区町村の窓口に提出します。

必要な物は配偶者の死亡事項の記載がある戸籍(除籍)謄本と印鑑、身分証等が必要になります。

この手続きが出来るのは配偶者のみになります。苗字はどうなるのでしょうか?

姻族関係終了届けを出しても戸籍は変わりません。苗字は変えないでいいですし、旧姓に戻す事もできます。

申請を出しても苗字を変えるのは本人のみで、子供などは変更しなでも平気です。

もし子供の苗字を変える場合は家庭裁判所に提出する書類があります。

3.死後離婚のメリット・デメリット

メリット

姻族関係が終了する事で配偶者の親族などの扶養義務はなくなります。

相続について

姻族関係が終了しても配偶者の相続はできます。子供がいる場合も配偶者の親の遺産を子供が相続する権利もあります。

 

遺族年金について

生きている時に離婚をすると遺族年金はもらえませんが、死後離婚の場合はもらう事ができます。

デメリット

配偶者が嫌いで死後離婚するのであれば、あまりデメリットはありませんが、配偶者の親戚が嫌いで死後離婚を選択した場合はお墓参りなどに支障がでるかもしれませんね。

4.この記事のまとめ

長年連れ添った夫婦でも、死後離婚が増えているんですね。男性の方は日々から奥様を大切に過ごす事が死後離婚しない方法ですね。

後は、奥様の気持ちに任せるしかないですね。

花葬のコラムでは、これからお葬式を経験される方に後悔の無いお葬式をしてもらえるように、様々な疑問や不安に対する解決策やマナーなどを日々、掲載しお知らせしていきます。

しかし、後悔の無いお葬式にしていくには事前の準備や知識を皆様自身が得ておくことです。お葬式に関する知識は、とても多く、コラムだけでは伝えるのが難しいので是非一度、問い合わせをしてください。

 

川崎市(川崎区・幸区・中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区)・横浜での葬儀、葬儀後のお悩みは、安心・低価格・高品質の葬儀専門社・(株)花葬にご相談ください。

 

厚生労働省認定・1級葬祭ディレクター在籍

24時間・365日対応の葬儀社 株式会社花葬

お問合せ:0120-594-073

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名価格(税抜)人数の目安葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000人数の目安10名程度にオススメ葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000人数の目安20名程度にオススメ葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000人数の目安30名程度にオススメ葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000人数の目安100名程度にオススメ葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。