お亡くなり・ご危篤の場合

家族葬なら川崎の「(株)花葬」。

コンテンツ

コンテンツ

宮前区で家族葬の葬儀を行う際の会食について 費用やその内容とは?

家族葬は、故人と親しい人のみが参列する葬儀です。一般的には両親や兄弟、子どもとその家族といった直系の家族に加え、近親者や友人などが参加します。参列者数が少ないので、葬儀費用を抑えられるメリットがあり、宮前区のみならず全国でも家族葬を行う方が増加している傾向にあります。

家族葬は参列者の少ない葬儀ですが、気になるのは葬儀での食事の扱いです。一般葬では、通夜振る舞いや精進落としと呼ばれる会食の席を葬儀の合間に設けます。しかし、参列者の少ない家族葬では、会食の席を用意する必要はあるのでしょうか。会食の場を作るならば、その費用はどの程度になるのでしょうか。こちらでは、家族葬の会食について花葬が解説いたします。

家族葬で食事の振る舞いは必要か?

家族葬で食事の振る舞いは必要か?

葬儀では、参列した方や来ていただいた僧侶へ食事を振る舞うことがあります。

通夜の日に用意する食事を通夜振る舞い、告別式当日に用意する食事を精進落としと言います。通夜振る舞いは参列者全員へ、精進落としは火葬の間に親族を中心とした近親者や僧侶へ食事を振る舞うのが一般的です。

しかし、近年の家族葬では通夜を行わないケースも多く、通夜振る舞いの食事は用意しない傾向も見られます。あるいは、地域の習慣で最初から通夜振る舞いをしないといったケースもあるようです。

通夜振る舞いをしないとなれば、参列者に持ち帰りのお返しを用意して渡すのがよいでしょう。品物としてはお茶やお菓子、お酒、軽食、夕食代わりのお弁当などを用意します。または、ビール券や商品券を用意するところもあります。

故人を偲ぶために会食を行う場合は、故人の好きだった料理店で食事をする、または故人の好きだった食べ物を会食に用意するのもよいでしょう。宮前区で食事の振る舞いについてお悩みでしたら、ぜひ花葬へご相談ください。

葬儀の会食にかかる費用

葬儀の会食にかかる費用

葬儀の会食というと、通夜振る舞いと精進落としの2つが一般的です。それぞれで食事内容も費用も異なりますので、違いを見てみましょう。

●通夜振る舞いの費用

通夜振る舞いの相場は、一人あたり3,000円~5,000円ほどです。例えば、30人参列者がいるとすると、15万円ほどになるでしょう。

食事の内容としては、料理と清めのお酒を用意するのが一般的です。昔は肉や魚を避けた料理が主流でしたが、今は寿司や刺身、オードブルなどの食べやすい食事が好まれます。少しだけ手をつけて退席する人もいるので、参列者の半分~3分の2程度の料理を用意すれば十分と言われています。

費用を抑えるなら、オードブルなど大皿に盛り付けた料理を選ぶと見栄と量のバランスがとりやすいでしょう。

●精進落としの費用

精進落としは火葬後あるいは葬儀後に設ける会食の場で、僧侶や親族の方をねぎらう意味もあります。近年は火葬後に初七日を行い、法要が一通り終わった後に精進落としをすることが多く見られます。

精進落としの相場は、一人あたり5,000円~8,000円ほどといわれています。一般的に通夜振る舞いよりも豪華な食事を用意します。故人との関係を考えて精進落としの参加者を決めます。

会食では会席料理を出すのが一般的です。斎場が仕出しを用意することもできますが、会場を変えて料亭で行うケースもあります。

家族葬でも会食の場を用意しよう!宮前区の葬儀は花葬へ

通常の葬儀では、通夜振る舞いや精進落としとして料理を用意するのが一般的です。どちらの場合も食事を用意しますが、通夜振る舞いは故人を偲ぶ席であり、精進落としは僧侶や親族をねぎらう意味が含まれています。

家族葬では通夜を行わないケースや家族以外の人が参列しないケースもあるため、必ずしも通夜振る舞いや精進落としは必須ではありません。その場合、他のお店で会食の場を用意するのもひとつの方法です。

宮前区で家族葬を行う際にどのような食事を用意すればいいかお困りでしたら、花葬へご相談ください。花葬では職人によるおもてなし料理をご用意いたします。

お役立ちコンテンツ

川崎で葬儀社を利用しての家族葬のご相談は【(株)花葬】へ

会社名 株式会社 花葬
住所 〒211-0053 神奈川県川崎市中原区上小田中6-7-1
電話番号 0120-594-073
URL https://hanasou-sougi.co.jp/
資料請求特典