横浜市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2021/01/06

喪主の役割とは? 横浜市の葬儀での喪主のマナーなど解説

葬儀において欠かせない存在であるのが喪主。喪主は、葬儀を進行し、遺族代表として挨拶するなど、中心となって葬儀を執り行うものであり、その役割は非常に多岐に渡ります。

今回は、役割やマナー、決め方など、横浜市の喪主について詳しく解説します。

1.横浜市の葬儀における喪主の役割

喪主は、遺族を代表し、葬儀を執り行う人のことを指します。喪主の役割は葬儀の進行だけでなく、葬儀社の選定、寺院への連絡、役場や役所への死亡届の提出などがあり、その内容にはさまざまなものがあります。

 

ここからは、横浜市の葬儀における喪主の主な役割について詳しく見ていきます。

 

葬儀社の選定

葬儀社の選定は、喪主が中心になって行います。故人様がお亡くなりになり、いざ葬儀社を探そうとなると、慣れないことに慌ててしまう人も多いものです。しかし、葬儀費用は、葬儀社によっても大きく異なるものであり、葬儀社は比較検討しながら、慎重に選んでいきたいものです。

 

尚、病院でお亡くなりになられた場合は、病院から葬儀社を紹介されるケースもあります。しかし、病院紹介の葬儀社は、費用が高額であることが多く、安易に決めてしまわないよう注意が必要です。

 

葬儀の監修、進行

喪主は、葬儀の監修や進行を行います。具体的には、一般葬、家族葬などの葬儀形式を決め、葬儀の式次第などを葬儀社と共に打ち合わせします。そして、葬儀当日には、葬儀を滞りなく行うために、葬儀社と一緒に中心となって葬儀を進行します。

 

遺族を代表しての挨拶

葬儀では、喪主が挨拶をする場面が多くあります。僧侶への挨拶、通夜、出棺、告別式などでの喪主挨拶、参列者への挨拶などさまざまな場面で遺族を代表し、挨拶を行います。大勢の前に立っての挨拶は、緊張するものです。葬儀を滞りなく進めるためにも、挨拶文は、事前に作成しておくことがおすすめです。

 

寺院への連絡、日程調整

仏式の葬儀の場合、菩提寺へ喪主が連絡を入れるのが一般的。葬儀の日程は、寺院のスケジュールと調整を行う必要があるため、お亡くなりなられてから菩提寺へすぐに連絡をするほうが、物事がスムーズに進みます。

 

死亡届の記入、提出

死亡届の記入と提出は、喪主が行うことが多いものです。死亡届は、7日以内に提出する必要がありますので、死亡が確認されたら、速やかに記入し、役場や役所に提出しましょう。

 

尚、死亡届の書類は、役場や役所、病院などに置いてあり、パソコンなどからダウンロードすることも可能です。

2.喪主は誰が務める? 喪主の決め方

葬儀を執り行う際、喪主は、誰が務めればよいのか分からないといった声も多く聞きます。ここからは、一般的な喪主の決め方を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

故人の遺言によって決まる

故人の遺言に喪主についての記載がある場合は、遺言に従って喪主が決まります。遺言は、故人の希望であり、喪主を選定する際に最も効力が強いものとなります。

 

配偶者や血縁者の中から決める

遺言書がない場合は、故人の配偶者や血縁者が喪主を務めるのが一般的です。配偶者が最も優先順位が高いものとなり、血縁者の中での優先順位は、長男、次男以降の直系の男子、長女、次女以降の直系の女子という順になります。喪主は、配偶者、そして次に血縁関係の深い順から決まるということを覚えておくとよいでしょう。

 

尚、故人に配偶者や血縁者がいないといった場合は、友人や知人が喪主を務めても問題ありません。実際に、生前に親交が深かった友人やお寺の住職などが、喪主を務めるケースもあります。

3.横浜市で喪主を務める際の注意点

喪主は、遺族の代表として恥ずかしくない立ち振る舞いをしたいものです。ここからは、横浜市で喪主を務める際の注意点について解説します。

 

葬儀の服装

近年の葬儀では、参列者などは略式喪服を着用することも多いですが、喪主は、正式喪服や準喪服などを着用するのがマナーです。男性の場合、洋装は、ブラックのモーニングコートやブラックスーツ、白いワイシャツ、黒いネクタイ、黒い靴などを着用し、光沢のあるものは避けます。和装は、黒紋付き羽織袴を着用します。

女性の場合、洋装は、黒のアンサンブルやスーツを着用し、小物類や靴など、全ての持ち物において光沢のあるものは避けます。和装は、黒無地着物を着用します。

 

喪主は、葬儀を取りまとめる重要な役割となりますので、身だしなみには、十分に気を配る必要があります。

 

葬儀社選び

喪主が中心となって決める葬儀社選びは、非常に重要となります。葬儀社によっては、高額な費用を見積書に記載しているケースもあり、注意が必要です。横浜市で納得のいく葬儀社を選ぶためには、複数の葬儀社を比較、検討することが大切。

 

葬儀社を比較する際は、見積書の内容やスタッフの対応などもチェックし、口コミサイトなども参考にしていきましょう。葬儀社選びで迷った際は、一人で決めることはせず、遺族などと相談し、周囲の意見も聞きながら決めていくとよいです。

 

役割分担

喪主だからといって、全てを一人で抱え込む必要はありません。迷った時や困った際には、遺族や親族、葬儀社のスタッフなど周囲の人と役割分担しながら、葬儀を進めて行くことも大切です。周囲のアドバイスを聞き、頼りながら、後悔のない葬儀にしていきましょう。

4.本記事のまとめ

横浜市の葬儀での喪主の役割について解説しました。喪主は、葬儀社の選定や葬儀の監修、進行、遺族を代表しての挨拶などやるべきことが多くあります。葬儀を滞りなく進めるためにも、やるべきことを事前に理解しておくことが大切です。

 

横浜市の葬儀にお悩みの方は、ぜひ一度弊社へご相談ください。横浜市や川崎市の葬儀を請け負う弊社は、業界最安値を実施するなど、低価格を実現しているのが大きな魅力です。そして、1級葬祭ディレクターが在籍するなど、地域のお客様から厚い信頼を得ています。

 

横浜市各区の葬儀はこちらから!

また、最近では、葬儀社の案内で全国対応や1都3県などといった記載があるものもよく見かけるようになりました。 しかし、葬儀は地域によって、しきたりや場所の特徴などがあります。知らないことで、結果としてお客様に迷惑をかけてしまうといったケースもあるのです。そのため、全国対応・1都3県などと記載のある葬儀社には気をつけたほうがよいといえます。

 

横浜市で葬儀を執り行う方は、ぜひ弊社へお気軽にご連絡ください。弊社スタッフがご要望をお伺いし、価格、内容共に、お客様の納得のいく葬儀を実現いたします。

 

【本記事と併せて読みたい横浜市の葬儀事情】

葬儀費用は誰が負担する?横浜市の葬儀費用の負担について【プロが徹底解説】

横浜市で香典返し辞退の場合への正しい対処法を解説!香典返しが不要に?

・横浜市の直葬で知っておくべきこと!メリットやデメリット、マナーなどを解説

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名価格(税抜)人数の目安葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000人数の目安10名程度にオススメ葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000人数の目安20名程度にオススメ葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000人数の目安30名程度にオススメ葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000人数の目安100名程度にオススメ葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。

   資料請求