葬儀のコラム | 川崎・横浜の葬儀なら花葬


2021/04/10

市営斎場(公営斎場)で葬儀費用を抑えたい方は「かわさき北部斎苑」と「かわさき南部斎苑」をおススメします!

川崎市には、「かわさき北部斎苑」と「かわさき南部斎苑」の二つの市営葬儀場があります。二つの市営葬儀場は、川崎市民が多く利用し、人気の斎場となっています。

今回は、川崎市の市営葬儀場を徹底解説。市営葬儀場がおすすめの理由や川崎市の葬儀費用相場なども紹介しています。ぜひ参考にしてください。

1.川崎市の市営葬儀場の詳細

まずは、「かわさき北部斎苑」と「かわさき南部斎苑」の市営葬儀場の詳細を見ていきましょう。

 

かわさき北部斎苑

かわさき北部斎苑は、川崎市高津区にある公営斎場です。白を基調とした近代的な外観が目を惹くスタイリッシュな佇まいが特徴的。葬祭ホールは大、中、小のホールがあり、火葬炉は16炉設置。大規模な葬儀から家族葬や直葬などの小規模な葬儀までさまざまな葬儀形形式に使用されています。アクセスは、JR南武線「津田山駅」以外にも、JR南武線の「久地駅」、東急電鉄の「溝の口駅」から行くことも可能です。

 

名称かわさき北部斎苑
住所〒213-0033

川崎市高津区下作延6丁目18番1号

電話番号044-822-3171
火葬炉16炉
休憩室17室
葬祭ホール合計:3室

・200人用1室

・100人用1室

・50人用1室

アクセスJR南武線「津田山駅」より徒歩約7分

葬祭場・墓地|川崎市より筆者作成)

 

かわさき南部斎苑

川崎区にある公営斎場のかわさき南部斎苑は、JR川崎駅からバスで16分程度の場所に位置しています。バスは本数が限られているため、自家用車でのアクセスも多くなっています。広くゆったりとしたスペースに葬祭ホールと火葬場が併設され、葬儀から火葬までを同一施設で行えるのが大きなメリットです。

 

名称かわさき南部斎苑
住所〒210-0863

神奈川県川崎市川崎区夜光3丁目2−7

電話番号044-277-8146
火葬炉12 炉
休憩室9室
葬祭ホール合計:3室

・200人用1室

・100人用1室

・50人用1室

アクセスJR川崎駅、京急川崎駅からバスを利用

東口14番乗り場

川10系統 塩浜行き、「かわさき南部斎苑」下車

川10系統 水江町行き、「池上町」下車徒歩約5分

 

東口6番乗り場

川40系統 かわさき南部斎苑経由塩浜営業所行き、「かわさき南部斎苑」下車

川40系統 水江町行き、「「池上町」下車徒歩約5分

葬祭場・墓地|川崎市より筆者作成)

 

斎場利用料金

川崎市の火葬場の利用料金は一律。葬祭ホールは、部屋の大きさで区分され、料金が決められています。民間葬儀場に比べて市営葬儀場は安い料金設定が魅力。市営葬儀場は埋まりやすく、早めに予約するのがおすすめです。尚、予約は、電話予約、インターネット予約システムから行いますが、基本的には全ての手配を葬儀社が請け負います。

 

火葬場の利用料金

区分川崎市内川崎市外
12歳以上6,750円60,000円
12歳未満4,500円30,000円
死産児2,250円15,000円

葬儀使用料改定について|川崎市健康福祉局より筆者作成)

 

葬祭ホールの利用料金

施設名葬祭ホールの種別川崎市内川崎市外
 

かわさき南部斎苑

A(区画なし)200人用90,000円270,000円
A(区画)100人用45,000円135,000円
B(区画なし)100人用45,000円135,000円
B(区画)50人用22,500円67,500円
C50人用22,500円67,500円
 

かわさき北部斎苑

A200人用90,000円270,000円
B100人用45,000円135,000円
C(区画なし)50人用22,500円67,500円
C(区画)25人用11,250円33,750円

葬儀使用料改定について|川崎市健康福祉局より筆者作成)

2.川崎市の葬儀に市営葬儀場がおすすめの3つの理由

ここからは、川崎市の葬儀に市営葬儀場がおすすめの3つの理由を詳しく解説します。

 

葬儀費用を安く抑えられる

川崎市の葬儀に市営葬儀場がおすすめの理由は、何と言っても葬儀費用を安く抑えられることです。葬儀費用は、ご遺体の搬送費や祭壇、棺、葬儀場などの葬儀式にかかる費用、宗教者へかかる費用、宗教者や参列者への飲食接待費などがあります。葬儀規模や葬儀形式にもよりますが、数十万単位から数百万単位の葬儀費用がかかる場合も多いといえます。削れる項目はできるだけ削り、葬儀費用を抑えたいところです。

 

市営葬儀場を利用することで、葬儀費用を大きく減らすことにつながります。尚、葬儀社によっては民間葬儀場を使用する場合もあります。市営葬儀場を使いたい場合は、事前に問い合わせておくとよいでしょう。

 

葬儀から火葬までを同一施設で行える

市営葬儀場は、葬儀から火葬までを同一施設で行うことが可能。葬儀場と火葬場が離れている場合、マイクロバスや自家用車などで火葬場へ移動しなければなりません。火葬場への移動を面倒に感じる方も多く、身体の不自由な方や高齢者がいる場合には、尚更不便に感じることも。その点、市営葬儀場は移動する手間が省け、利便性が非常によくなっています。

 

大、中、小の葬祭ホールがある

かわさき北部斎苑、かわさき南部斎苑のどちらも大、中、小の3つの葬祭ホールが併設されています。大きさの異なる葬祭ホールは使い勝手がよく、大規模な葬儀から直葬などの小さな葬儀までさまざまな葬儀に対応できるのが嬉しいポイントです。

3.川崎市の葬儀費用相場とは?

葬儀費用相場は、葬儀規模や葬儀形式によっても大きく異なります。日本消費者協会「第11回葬儀に関するアンケート調査報告書」の2017年の結果では、東京・埼玉・神奈川の葬儀の平均金額は186万円。全国平均金額は、195万7千円となっています。

 

日本消費者協会による葬儀費用のアンケート調査

全国平均195万7千円
東京・神奈川・埼玉186万円

 

葬儀において葬儀費用は非常に重要です。葬儀費用は選ぶ葬儀社によっても異なり、同じ内容の葬儀プランでも金額は依頼する業者によって大きく変わるのが現実です。葬儀社を選ぶ際は、費用面や葬儀内容、スタッフの対応などを考慮しながら、数社を比較検討し、慎重に選んでいきたいものです。

4.川崎市の火葬場の混雑状況について

近年、大都市圏の火葬場は混雑していると言われています。川崎市も例外ではなく、状況によってはご遺体を数日間、葬儀場やご自宅で安置しておくといったケースもあります。火葬場を予約する際は、必ずしも希望の日程に行える訳ではないということを知っておくとよいでしょう。

5.本記事のまとめ

川崎市にある二つの市営葬儀場は、民間葬儀場に比べて費用が安く抑えられるのが大きな魅力。また、葬儀から火葬までを同一施設で行えるため、非常に利便性に富んでいます。

 

川崎市や横浜市の葬儀には、ぜひ弊社をご利用ください。弊社は、地域密着型の葬儀社であり、業界最安値の安心の低価格を実施。市営葬儀場を使用していますので、火葬場への移動もありません。

 

葬儀にお困りの方は、弊社へお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名価格(税抜)人数の目安葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000人数の目安10名程度にオススメ葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000人数の目安20名程度にオススメ葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000人数の目安30名程度にオススメ葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000人数の目安100名程度にオススメ葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。

   資料請求