川崎市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2020/08/20

【高津区】葬儀・家族葬に必要な供花の費用や種類

葬儀のスタイルはいくつかありますが、近年よく行われているのが少人数で参列する家族葬です。参列者が少ないので葬儀費用が一般葬などよりも安くなり、費用をかけずに葬儀したい方に人気となっています。高津区でも、家族葬で葬儀を考えている方もいるのではないでしょうか。

家族葬も葬儀の内容は一般葬と同じで通夜や告別式を執り行っていきますが、葬儀で祭壇の隣に配置するお花のことを供花といいます。親族や身内が供花を用意する他に、参列しない方が葬儀場に向けて贈ることも可能です。小規模な家族葬では、供花の扱いについて注意しなくてはならない点があります。こちらでは、家族葬での供花の扱いについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

1.高津区の葬儀で配置される供花とは?

葬儀で供えるお花のことを、供花と言い「きょうか」または「くげ」と読みます。故人への弔辞の意味が込められており、死者の霊を慰める意味もあるのが特徴です。供花は葬儀を行う会場や祭壇に飾り、親族や親戚一同と書いた札を添えて配置します。また、故人と親しかった人は、参列しなくとも供花を贈ることが可能です。

 

家族葬を行う場合、葬儀の案内状に供花を辞退する旨が記載されているときは、贈らないようにしましょう。これは参列者の金銭的負担を考えて、供花を受け取るのを辞退するということです。

 

供花辞退と案内が来たのに供花を贈ることは、喪家にお返しをする手間と費用を負担させるので、無理に贈ることは止めましょう。供花辞退の案内がない場合は、葬儀社または花屋に連絡をすることで供花手配ができます。供花を贈りたいなら、まずは家族葬を行う葬儀社に連絡すると良いでしょう。

2.高津区の葬儀でみられる供花の種類とは

葬儀で使う供花は供花、花輪、枕花の3つが基本です。

 

供花

葬儀で献花が用意される場合は、参列者は供花を贈ることはしません。葬儀場や祭壇に飾られるお花が供花であり、故人の霊を慰めるために会場に配置します。スタンドにお花を取り付けて会場に置くのが一般的です。また、供花は通夜の午前中に、葬儀では前日に届くように手配します。

花輪

花輪は通夜や葬儀会場の周りを飾るお花です。造花を使うことが多く、参列できない場合や香典の代わりとして花輪を贈る人もいます。個人名ではなく、連名または社名で贈ることが多いです。家族葬では花輪を飾る場所がない会場もあるので、あらかじめ辞退するケースもあります。

枕花

枕花は故人の枕元に飾るお花であり、通夜の前日までに手配するのが一般的です。故人が亡くなった後すぐに手配して、自宅に遺体を安置するときに故人の枕元に飾り、式場に移動する際はお花も一緒に移動させます。

宗派ごとに供花に使うお花が違うのが特徴です。仏教では昔からの菊のほかに洋風の花、季節の花、故人が好きだった花などを用意できます。神道では白い菊や白い洋風の花を用意し、キリスト教では白系の洋風の花が主流です。輪菊は使いません。

3.高津区で葬儀をする際の供花の費用

供花は1基単位で贈るのが一般的です。1基あたり、7,000円~20,000円、枕花であれば5,000円~20,000円程度です。供花を贈るなら、葬儀屋に連絡して手配してもらいましょう。どうしても自分で用意したいなら、葬儀屋に事前に問い合わせてどのようなお花を贈ればいいか・いつまでに贈ればいいかを聞いておくのがおすすめです。

 

大きすぎるお花は会場に飾りにくく、高価すぎるお花は喪家の負担になるので、葬儀会場の規模を考慮し、贈るお花を考えましょう。

 

葬儀では、お花代を渡すこともできます。これは先方に直接お花を贈るのではなく、お花を購入してもらうために渡すお金です。お花代は葬儀に参列するなら、必ず渡すお金ではありませんが、故人と関係が深い人は渡すことが多くなっています。白い無地の封筒に、御花代と書いてお金を入れて渡します。香典の代わりに渡す人もいるようです。

4.花葬の供花・商品一覧

花葬の供花・商品一覧

商品名:スタンド花 菊

価格:30,000円(税別)

商品名:スタンド花 ミックス

価格:30,000円(税別)

商品名:スタンド花 洋花

価格:30,000円(税別)

商品名:スタンド花 菊

価格:20,000円(税別)

商品名:スタンド花 ミックス

価格:20,000円(税別)

商品名:スタンド花 洋花

価格:20,000円(税別)

商品名:スタンド花 菊タイプ

価格:15,000円(税別)

商品名:スタンド花 榊

価格:15,000円(税別)

商品名:スタンド花 樒

価格:15,000円(税別)

商品名:果物缶詰 詰合せ

価格:15,000円(税別)

5.家族葬でも供花を贈ることはできる

高津区でも増えている家族葬は参列者の少ない葬儀ですが、供花を贈ることはできます。葬儀の案内状に供花辞退の旨が記載されているなら、無理に供花は贈らないようにしましょう。それ以外の場合は、会場の規模などを考えて、喪家の負担にならないようなお花を贈るのがおすすめです。

 

高津区で家族葬を考えているなら、花葬にご相談ください。供花についても丁寧にお答えいたします。

6.高津区で葬儀・家族葬なら地域密着・経験豊富な花葬

高津区で葬儀・家族葬に関することなら地域密着・経験豊富な花葬にお任せください。神奈川県川崎市内横浜市内に密着した、お客様第一主義の葬儀サービスをご提供しております。

 

家族だけのお見送りの場合は直葬や1日葬、ご予算に応じて2日葬や火葬、花いっぱいのハイクラスプランをご用意いたしました。宗教にとらわれない自由葬やお別れ会も執り行うことが可能です。必要なものを厳選したセットプランになっており、費用はお客様からご要望がない限り、プラン内で納めるよう心掛けております。余計な費用は不要ですので安心してご依頼ください。

 

これまで多くの方のご紹介やリピートご依頼をいただいており、品質・サービスともに高い評価をいただきました。プランや費用の違い、予算に沿ったご葬儀や供花のご用意など、ご家族の想いを実現する様々なご要望にお答えいたします。 生前相談をされていない方のご相談にも対応しておりますので、緊急の際はお電話でいつでもご連絡ください。

 

花葬の葬儀プランについて詳しく知りたい方はこちら

花葬の「お客様インタビュー」はこちら

花葬のこれまでの葬儀事例はこちら

 

7.筆者のプロフィール

 

㈱花葬は、現代表の大屋徹朗(※平成21年9月30日に「葬祭ディレクター1級」を取得)が、大手葬儀社の営業時代に感じた『もっと低価格でご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービスを提供したい』との思いから、2017年に川崎市中原区で創業した葬儀社です。2021年10月で創業5年目を迎えますが、2021年5月末現在、横浜市・川崎市で既に1.500件以上の葬儀提供実績があり、おかげ様で多数のメディアでも取り上げられております。

 

現在、川崎フロンターレの公式スポンサーを務めており、両者と地域貢献活動でも連携を取っております。その取り組みが評価され、2020年、2021年に社会貢献が川崎市より評価され、表彰を受けました。また、2021年より「SDG.S 川崎市ゴールドパートナー」としても認定されています。

 

弊社では、可能な限りお客様のご要望を叶えるための柔軟な葬儀プランと併せて、川崎市の公営斎場(かわさき南部斎苑、かわさき北部斎苑)と横浜市の公営斎場(横浜市戸塚斎場、横浜市久保山霊堂、横浜市南部斎場、浜市北部斎場)を利用することで、出来るだけ葬儀費用を安くするご提案を実施しております。

 

お陰様で、弊社はご利用いただいた皆様からの評価が非常に高く、「ご紹介」や「リピート」でのご依頼が半数を占めます。これからも『ご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービス』をモットーに、高品質な葬儀サービスのご提供に努めて参ります。

 

 

運営会社:株式会社花葬

川崎フロンターレ・川崎ブレイブサンダース 公式スポンサー

運営会社の紹介はこちら!

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名 価格(税抜) 人数の目安 葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000 人数の目安10名程度にオススメ 葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000 人数の目安20名程度にオススメ 葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000 人数の目安30名程度にオススメ 葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000 人数の目安100名程度にオススメ 葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。