川崎市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2020/06/10

葬儀後の法要のマナー 四十九日法要など基礎知識|2021年最新版

忌日法要の中で最後に行われるのが、四十九日の法要です。四十九日の法要は、やるべきことが多く、事前の準備や進め方を知っておくことが大切です。

今回は、準備や進め方など四十九日の法要を徹底解説します。

1.四十九日の法要とは?

「法要」とは、故人の冥福を祈って供養することをいいます。仏教では、亡くなった者は7日ごとに7回、生前の功徳を裁かれるとされています。そのため、四十九日までの間は、この世に残された者たちが、供養をして故人の罪を軽くし、よい報いが受けられるように祈るのです。

 

亡くなった日を1日目として初七日忌に始まり、四十九日後に行われるのが七七日忌(なななぬか)の法要です。四十九日の法要は、故人の霊の行き先が決まるものとして盛大に行われることも多くなっています。遺族は、法要を滞りなく進めるためにも、香典返し、引き物、お供えものなどの事前準備を行わなければなりません。

 

【一緒にお読みいただきたい四十九日関連の記事はこちら】

四十九日の法要にふさわしい服装とは?

四十九日法要 当日の準備と流れ

四十九日法要の準備と全体の流れ

2.四十九日法要の事前準備

四十九日の法要の準備は、2、3か月前くらいから行います。

 

1)日程を決める

まず2、3か月前に日程を決めます。一般的には、亡くなった日を1日として数え、四十九日に法要の日程を合わせるのが理想です。菩提寺や参加者の都合が合わない場合は、日を調整します。四十九日を過ぎるのは良くないとされているため、日程をずらず場合には日を早めるのが基本です。

 

葬儀後の挨拶回りなどの際に四十九法要の打ち合わせを僧侶と行うケースも多くなっています。打ち合わせを行っていない場合には、施主が菩提寺に直接出向いて日程調整のお願いするといいでしょう。

 

2)案内状を作成、送付

法要の1カ月前ぐらいには参列してもらう人に案内状を送ります。少人数の場合は、電話でもいいでしょう。案内状の文面は、事前に作成しておきます。内容は、時候の挨拶、四十九日法要のご案内、日時、場所、出欠の期日などを記載し、完結な文章でまとめます。

 

3)引き出物の準備

参列者に「引き物」を渡す場合は、その準備も必要です。引き出物は、一世帯に一個用意するのが基本です。香典返しと一緒に渡す場合は、引き物の表書きに「志」、香典返しに「満中陰志」と記載して区別します。引き出物は、香典の金額の三分の一程度の品物を送るのが相応しいとされています。お茶やお菓子、カタログギフト、タオルなども多く選ばれ、引き出物に人気の品物です。引き出物には、水引の付いた掛け紙(のし紙)を使用します。

 

4)会食人数の確認

四十九日法要の後に会食をする場合は、会食人数の確認をします。1ヶ月前には、大まかな出欠をとりましょう。会食を行う会場には、何日前まであれば人数の変更が可能であるか確認しておきます。尚、会食場所へ移動する際に自家用車ではなく、バスやタクシーを利用する場合は、それらの手配も必要になります。

3.四十九日法要の流れ

四十九日法要に形式は特にありません。前もって僧侶に相談し、法要の内容を決めておくとよいでしょう。

 

四十九日法要の一般的な流れは、僧侶の読経に始まり、遺族、親族、参列者の焼香、僧侶の法話の順に行います。1時間程度で終わるケースが多いです。その後は、お墓参りをします。「納骨」を合わせて行う場合は、墓参りではなく「納骨式」を行います。

 

法要が終わった後は、会食です。法要を行った会場で仕出しを頼む場合や、別のレストランや料亭などに席を設けることもあります。レストランや料亭で行う場合は、予約の際に法要の集まりであることを伝えておかなければなりません。

 

会食を行わない場合、参列者に折り詰めとお酒を渡すのが一般的です。僧侶が会食を辞退した際は、「御善料」を包みます。

4.四十九日の法要のお布施の金額

お布施は、読経に対するお礼としてお寺にお渡しするものです。葬儀や法要でのお布施の金額は、地域や宗派などによっても異なるものです。一般的なお布施の金額相場は、1万~5万円程度です。

 

葬儀で渡すお布施金額の1割程度を目安に四十九日のお布施を決めていくケースが多いようです。迷った際は、お寺と古くから付き合いのある地域の方などに聞いて見るとよいでしょう。

5.本記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?四十九日の法要は、個人の霊の行き先が決まるものであり、非常に重要な法要とされています。七七日忌をもって忌明けとされ、四十九日を境目に遺族は一旦通常の生活に戻ります。一つの区切りとなる四十九日法要を滞りなく行うためにも、案内状や引き出物などの事前準備をしっかり行っていきたいものです。

 

川崎市や横浜市の葬儀や法要でお悩みの方は、ぜひ弊社ご相談ください。弊社は、業界最安値を実施する地域密着型の葬儀社です。地域のしきたりを理解し、実績も豊富にあります。

 

花葬クラブにて無料相談も承っておりますので、まずはお気軽に弊社へご連絡ください。

 

6.筆者のプロフィール

 

㈱花葬は、現代表の大屋徹朗(※平成21年9月30日に「葬祭ディレクター1級」を取得)が、大手葬儀社の営業時代に感じた『もっと低価格でご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービスを提供したい』との思いから、2017年に川崎市中原区で創業した葬儀社です。2021年10月で創業5年目を迎えますが、2021年5月末現在、横浜市・川崎市で既に1.500件以上の葬儀提供実績があり、おかげ様で多数のメディアでも取り上げられております。

 

現在、川崎フロンターレの公式スポンサーを務めており、両者と地域貢献活動でも連携を取っております。その取り組みが評価され、2020年、2021年に社会貢献が川崎市より評価され、表彰を受けました。また、2021年より「SDG.S 川崎市ゴールドパートナー」としても認定されています。

 

弊社では、可能な限りお客様のご要望を叶えるための柔軟な葬儀プランと併せて、川崎市の公営斎場(かわさき南部斎苑、かわさき北部斎苑)と横浜市の公営斎場(横浜市戸塚斎場、横浜市久保山霊堂、横浜市南部斎場、浜市北部斎場)を利用することで、出来るだけ葬儀費用を安くするご提案を実施しております。

 

お陰様で、弊社はご利用いただいた皆様からの評価が非常に高く、「ご紹介」や「リピート」でのご依頼が半数を占めます。これからも『ご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービス』をモットーに、高品質な葬儀サービスのご提供に努めて参ります。

 

 

運営会社:株式会社花葬

川崎フロンターレ・川崎ブレイブサンダース 公式スポンサー

運営会社の紹介はこちら!

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名 価格(税抜) 人数の目安 葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000 人数の目安10名程度にオススメ 葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000 人数の目安20名程度にオススメ 葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000 人数の目安30名程度にオススメ 葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000 人数の目安100名程度にオススメ 葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。