葬儀のコラム | 川崎・横浜の葬儀なら花葬


2020/04/25

ここを見て!葬儀社選び 「良い葬儀社」を見極めるポイント

世の中には多くの葬儀社が存在しますが、「一体、どの葬儀社を選んだら良いのだろうか?」、「自分たちにあった葬儀社はどうやって見つけるの?」など、様々な不安や疑問をお持ちだと思います。本日は「良い葬儀社」を見極めるポイントについて解説します。

1.葬儀社の種類

希望する葬式の規模や形態が固まったら、それに沿った葬式が実現できる葬儀社を探します。

葬儀社は、「町の葬儀屋さん」といわれる葬儀専門業者と、葬儀プランの前払い割賦販売を提供する互助会に二分されます。

 

ただ近年は自社では施行せず、窓口となって受注し、提携する葬儀社につなぐ「仲介業者」が増えています。

とりわけ、スーパー大手のイオンが2009年、葬儀仲介に参入し、店舗内の窓口で一律料金の葬式プランの取り扱いを始めたことは、業界に大きな変化をもたらしました。

 

たとえば、それまで「ドンブリ勘定」「不明瞭」との批判があった料金が明確化しつつあります。その一方で価格競争が激化し、実態の怪しい業者が紛れ込んだり、格安をうたいながら追加で高額請求したりするトラブルも発生しています。

2.葬儀社とのトラブル

葬儀社との間で起こりやすいのは、やはり料金トラブルです。プラン内容が不明瞭だったり、オプションが説明なしに付けられて追加請求されたりして、最終的に想定より高くなるケースも少なくありません。まして、生前予約をしても葬儀社がつぶれては元も子もありません。

 

これらを避けるには、経営主体を見極め、明細の付いた見積書を出してもらうこと、プランの中身やオプションについて納得のいくまで説明を求めることが肝心です。

 

さらに、大事な儀式を任せるのですから、スタッフの資質もチェックしましょう。身だしなみはもちろん、説明がわかりやすいか、疑問に丁寧に答えてくれるかも重要です。

3.葬儀社選びで抑えるべきポイント

葬儀社選びで抑えるべきポイントは次の三点です。

 

1 事前相談のきっかけ

葬儀社が提供するチラシやパンフレットによる事前相談募集だけではなく、利用者向けのセミナーを定期的に開催するなど、ライブで情報発信していれば、自分の目で確かめられて安心。

 

2 わかりやすい説明

わかりやすく説明してくれることも大事。不慣れなことなので、こちらの疑問にも丁寧に答えてもらいたい。豊富な葬祭の知識と経験をもつスタッフがいると心強い。

 

3 言葉づかいが丁寧で、誠実に対応

葬祭業もサービス業のひとつ。言葉づかいや身だしなみ、接遇マナーが一定水準に達していないと、せっかくの儀式も台無しになる。しっかりチェック。

 

4 要望や希望を受け止めてくれる

葬式の主体はあくまでも依頼者。こちらの言い分や要望を的確に理解したうえで、折り合いのつく結論を出してほしい。自社のパターンに当てはめようとするところは要注意。

 

5 自社の施行写真や記録を提示

相談時に、実際に施行した際の写真などを見せてもらえると安心できる。返礼品やお礼状なども、カタログだけでなく実物を手に取って見られるほうが望ましい。

 

6 明確な見積書を無料で発行

事前相談の内容を盛り込んだ、わかりやすい書式の見積書が無料で出せることも重要。葬儀費用だけでなく、お布施や料理なども含めたトータル費用の目安を提示してくれると安心。

4.いい葬儀社、悪い葬儀社の簡単な見分け方

《いい葬儀社の特徴》

● あなたの希望をしっかり聞き入れ丁寧な対応をしてくれる

● わかりやすく説明してくれる

● 見積書の内容が明確になっている

● 担当者の人柄が良く親身になって対応してくれる

● 利益の出ない葬儀を希望しても丁寧に対応してくれる

● 店舗を持っている

● 契約を急がせることはしない

● 支払期限に余裕がある

● 実績十分

● 葬儀のディレクターの資格有

 

《悪い葬儀社の特徴》

● あなたの質問に対して答えない

● 利益の少ない葬儀を希望すると態度が冷たくなる

● 契約を急がせる

● 見積もりを出さない(内訳が不明瞭)

● 値引きを前面にPRしている

● 店舗を持っていない

● 支払期限が短い

● 実績不十分

● 葬儀のディレクターの資格無

 

「悪い葬儀社」は「良い葬儀社」の逆と考えれば簡単です。でも悪い葬儀社は営業トークはとても上手なので、騙されないでしっかりと見抜いてください。

 

こういった事を知るために、ぜひ事前相談には足を運ぶことをおすすめしています。葬儀社を選ぶのはとても大変時間と知識が必要になります。正しい知識をもって、しっかり見抜いていきましょう。生前のうちに良い葬儀社に出会っておくと、いざという時に慌てずに済みます。

5.まとめ

時代の変化とともに葬儀の形も変わっていきます。正直に言えば、いい葬儀社は町の葬儀社が一番安心できると思います。そんなに依頼があるわけでは無いので、一人一人に対して温かく送ってくれると思います。

 

互○会や大手の葬儀社は高いし、流れ作業のように進んでいきます。私も12年以上、勤務してたので。ネットの派遣型は、どんな葬儀社がくるかも分からないマンションが事務所の葬儀社だったり、怪しい葬儀社など少しギャンブル性が高いと思います。

 

ですので、少し大変ですが沢山の葬儀社に相談やアドバイスを受けるといいと思います。
後悔のない葬儀の為に。ぜひ、弊社にご相談ください。

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名価格(税抜)人数の目安葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000人数の目安10名程度にオススメ葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000人数の目安20名程度にオススメ葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000人数の目安30名程度にオススメ葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000人数の目安100名程度にオススメ葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。