お亡くなり・ご危篤の場合

川崎市の葬儀・家族葬なら1級葬祭ディレクター在籍の葬儀社・花葬


2020/12/20

横浜市で香典を渡すタイミングを徹底解説! 渡し方のマナーも紹介

横浜市で香典を渡すタイミングには、さまざまなケースがあります。それぞれの渡し方の作法を理解することで、いざという時に正しい対応ができるようになるでしょう。
今回は、横浜市で香典を渡すタイミングについて解説。渡し方のマナーも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

1.横浜市で香典を渡すタイミング

では、早速、葬儀に参列する場合、香典を辞退された場合など、さまざまなケースの横浜市で香典を渡すタイミングを詳しく見ていきましょう。

 

葬儀に参列する場合

葬儀に参列して渡すというのが、最も一般的な香典の渡し方です。葬儀に参列する場合、通夜、告別式そのどちらで渡すのがよいのか、迷う方も多いでしょう。葬儀における香典の渡すタイミングにこれといった決まりはなく、通夜、告別式どちらで香典を渡しても問題ないといえます。尚、葬儀で香典を渡す場合は、基本的に受付で渡すものとなります。

 

葬儀に参列できない場合

やむを得ず、葬儀に参列できないというケースもあるでしょう。こういった場合は、

 

●代理人に葬儀に参列して貰う

●郵送で送る

 

といった方法で香典を渡していきます。代理人に葬儀に参列してもらうことが、失礼にあたらないかと心配になる方もいるでしょう。しかし、代理人を立てて葬儀に参列したいという思いは、決して失礼あたるものではありません。そして、代理人が葬儀に参列する際は、葬儀に間に合うように弔電を送るという心遣いも忘れずにしていきたいものです。

 

また、遠方に住んでいる方などは、郵送で香典を送るといったケースもあります。郵送で送る際は、現金書留を利用して送るとよいです。

 

香典を辞退された場合

家族葬などに多いのが、遺族が香典を辞退されるというケースです。遺族が香典を辞退される場合は、事前に訃報などで知らされているのが一般的。こういった際は、無理に香典を渡すことはせず、遺族の意向に沿うのがよいです。

 

尚、横浜市の家族葬の香典についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、気になる方は併せて読んでみることがおすすめです。

 

家族葬で香典は渡してもよい?横浜市の家族葬の香典マナーについて解説

 

葬儀後に弔問して渡す場合

葬儀に参列できなかった場合は、葬儀後に弔問して香典を渡すケースもあります。尚、弔問の際は、手土産などは基本的に必要ありませんが、果物やお菓子などの供物を持参するのもよいでしょう。

2.横浜市の香典の渡し方のマナー

香典を渡すタイミングについて解説してきましたが、香典の渡し方のマナーについても気になるところです。ここからは、それぞれのケースの香典の渡し方のマナーを解説します。

 

葬儀場の受付で渡す

葬儀で香典を渡す場合、受付で渡すのが基本となっています。香典は袱紗に包んで葬儀場へ持参するのがマナーです。受付で渡す際は記帳をし、香典を渡すという流れが一般的。尚、記帳が先である場合や香典を渡すのが先である場合、そのどちらのケースもありますが、受付の手順通りに進めていくとよいです。

 

自分の順番が来たら、まず受付の方に一礼をします。受付の方が親族や遺族などである場合は、「ご愁傷様でございます。」などとお悔みの言葉を述べましょう。そして、袱紗から香典袋を取り出し、受付から見て正面の向きになるよう香典袋を持ち替えて渡します。

 

尚、葬儀で受付が設けられていないといったケースもあります。こういった場合は、遺族に直接手渡しするか、ご霊前に供える形が一般的。遺族に渡す場合も、香典袋は袱紗に包んで持参し、渡す際は香典袋が遺族から見て正面を向くようにして渡します。ご霊前に供える場合は、反対に、香典袋が自分から見て正面にくるようにして供えるのがマナーです。

 

代理人が葬儀に参列して渡す

代理人が葬儀に参列して香典を渡す場合は、まず代理であることを伝えなければなりません。受付では、「今回、〇〇の代理人として葬儀に参列しています。」などと述べていきましょう。記帳の際は、香典を出した方の名前と連絡先を記載するようにし、(代理)などと書くと分かりやすいです。代理人は、あくまで代わりに参列していることを忘れず、記帳の際に自身の名前を書くことのないよう、注意しましょう。

 

郵送で送る

葬儀に参列できない場合などに郵送で香典を送る際は、現金書留を利用します。現金書留には、直接お金を入れず、香典袋に包んで送りましょう。四十九日の法要前は「御霊前」、四十九日法要後は「御仏前」の香典袋を用意するのが一般的です。そして、香典袋には、表書きに氏名を記載し、中袋には住所、氏名、金額などを書きます。現金書留に住所や氏名を記載していることで、香典袋への記載を省いてもよいと考える方も中にはいるかもしれません。しかし、香典袋にも必要な内容を記載するのがマナーです。そして、香典袋は、薄墨で書きます。

 

また、現金書留にはお悔みの言葉や葬儀に参列できないことを詫びる内容を添えた手紙を同封するとよいです。便箋は、白無地などシンプルなものを用意します。

 

弔問して渡す

弔問して香典を渡したい場合は、まず遺族へ連絡を取り、ご自宅に伺って良い日程を聞きます。基本的には遺族の都合に合わせた日程に弔問するのがマナーです。そして、弔問の時期は、四十九日前に伺うのがよいとされています。四十九日を過ぎると、香典返しを遺族が行いづらいということもありますので、できるだけ葬儀から日数が経過しないうちに弔問に行くようにしましょう。

 

弔問時の服装は、喪服を着用する必要はなく、平服を着用します。平服だからといってジーパンやTシャツ、スニーカーのようなカジュアルな恰好は、弔問にはふさわしくないものとなりますので注意が必要です。男性はジャケットにチノパン、スーツなどを、女性はワンピースやスーツなどを着用し、きれい目カジュアルを心がけるとよいでしょう。

 

そして、遺族には、「お悔やみ申し上げます。」などとご挨拶をし、弔意を伝えます。遺族を気遣う意味でも長居はせず、早々に切り上げるようにしましょう。

3.まとめ

横浜市で香典を渡すタイミングには、通夜や告別式などの葬儀場で渡す以外にも、代理人が葬儀に参列して渡す、郵送で渡すなどさまざまな方法があります。横浜市の葬儀で香典を渡す方は、こちらの内容を参考にし、遺族に失礼のないように渡していきたいものです。

 

最近では、葬儀社の案内で全国対応や1都3県などといった記載があるものもよく見かけるようになりました。 しかし、葬儀は地域によって、しきたりや場所の特徴などがあります。知らないことで、結果としてお客様に迷惑をかけてしまうといったケースもあるのです。そのため、全国対応・1都3県などと記載のある葬儀社には気をつけたほうがよいといえます。

 

横浜市の葬儀でお悩みの方は、ぜひ弊社へご相談ください。弊社は、横浜市や川崎市の葬儀を行う葬儀社であり、業界最安値を実施するなど、低価格を実現しているのが大きな魅力。また、大手口コミサイトで2年連続1位を獲得するなど、地域のお客様から厚い信頼を得ています。

 

まずは、弊社へお気軽にご連絡いただけると嬉しく思います。

一覧へ戻る
   資料請求