お亡くなり・ご危篤の場合

川崎市の葬儀・家族葬なら1級葬祭ディレクター在籍の葬儀社・花葬


青葉区で葬儀場を
お探しの方へ

青葉区の
おすすめ葬儀場をご紹介

  • 旭斎場

    241-0806 神奈川県横浜市旭区下川井町1556−7

    045-453-8640

    駐車場あり(10台)

    火葬場の併設なし

  • アーバスホール

    〒226-0016 神奈川県横浜市緑区霧が丘2丁目15−9

    045-921-8881

    駐車場あり

    火葬場の併設なし

  • 徳恩寺

    〒227-0065 神奈川県横浜市青葉区恩田町1892

    045-961-6593

    駐車場あり

    火葬場の併設なし

花葬は
地域密着の葬儀
青葉区の葬儀費用を適正価格にしました

花葬は
地域密着の葬儀
青葉区の葬儀費用を適正価格に

多数のメディア
ご紹介いただいています!

TV神奈川テレビ「Business Link」

花葬独自の、ご家族に寄り添った葬儀についてご紹介いただきました。

花葬独自の葬儀が紹介されました。

表彰川崎市長より感謝状

花葬の車椅子寄贈事業について、川崎市長より表彰いただきました。

花葬の社会貢献活動が表彰されました。

格付け 一般社団法人 日本儀礼文化調査協会 格付け5つ星獲得

格付け 葬儀社の格付けで5つ星獲得

花葬のサービスが、専門機関から「5つ星」の評価を受けました。

日本儀礼文化調査協会から5つ星を獲得。

新聞 朝日新聞 / 神奈川新聞 / 経済新聞 / 東京新聞 / 産経新聞

新聞 朝日・神奈川・経済新聞など多数

全国紙はじめ各紙で花葬のサービスが取り上げられています。

全国紙など各紙で紹介されています。

雑誌 週刊女性 / ソナエ / 葬儀専門誌 / 日本が誇るビジネス大賞

雑誌 週刊女性 / 葬儀専門誌 など多数

女性誌・業界誌で花葬についてご紹介いただいています。

業界誌など各誌で紹介されています。

WEBYahoo / 産経ニュース など多数

最新のWEBメディアにも多数掲載中です。

葬儀の前後も無料で
しっかりサポート

葬儀の前後も無料で
しっかりサポート

ご葬儀の前

電話相談
  • 葬疑問やご不安を解消
  • 費用や場所のご相談
  • 流れ等をアドバイス
対面事前相談

葬儀専門の相談員が、ご予算やご要望に合わせて様々なアドバイス

ご葬儀

ご逝去〜ご葬儀当日

ご搬送/ご安置/ご納棺
お通夜/告別式

ご搬送/ご安置/ご納棺/お通夜/告別式

ご葬儀後

アフターフォロー
  • 役所手続き、相続等
  • お墓・ご供養のご相談
  • 返礼品のご相談等

青葉区での葬儀事例

青葉区の葬儀事例 No.1

青葉区の葬儀事例 No.2

青葉区の葬儀事例 No.3

青葉区周辺の平均葬儀費用

市区町村平均葬儀費用
横浜市西区67,9万西区の葬儀費用について
横浜市鶴見区80,4万鶴見区の葬儀費用について
横浜市神奈川区77,2万神奈川区の葬儀費用について
横浜市南区88,7万南区の葬儀費用について
横浜市港南区82,2万港南区の葬儀費用について
横浜市保土ヶ谷区72,6万保土ヶ谷区の葬儀費用について
横浜市旭区71,9万旭区の葬儀費用について
横浜市磯子区73,9万磯子区の葬儀費用について
横浜市港北区75,7万港北区の葬儀費用について
横浜市緑区75,9万緑区の葬儀費用について
横浜市青葉区77,2万青葉区の葬儀費用について
横浜市都筑区71,8万都筑区の葬儀費用について
横浜市戸塚区71,9万戸塚区の葬儀費用について
横浜市栄区74,9万栄区の葬儀費用について
横浜市泉区73,9万泉区の葬儀費用について
横浜市瀬谷区72,6万瀬谷区の葬儀費用について
横浜市中区69,9万中区の葬儀費用について
横浜市金沢区77,7万金沢区の葬儀費用について

2020年4月末現在 自社調べ

青葉区のよくある質問


A横浜市青葉区には互助会・全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)加盟店の葬儀社・葬儀屋などがあります。葬儀社がたくさんある地域ですので、価格重視や、品質重視など、希望に合わせて葬儀社を選ぶことが出来ます。葬儀社選びでお困りの事がありましたら、花葬までご相談ください。

A花葬では横浜市青葉区で13.7万円からの葬儀のプランがございます。 また横浜市青葉区の生活保護の方の葬儀も承っております。自己負担のない葬儀プランを提案させていただきます。

A横浜市青葉区で評判の葬儀社・葬儀屋は、大成祭典・緑葬儀社・ライフセレモニー・デンエン葬祭になります。花葬ではどの葬儀社よりもお客様のご要望に沿った葬儀プランを提案し、一番の評判の良い葬儀社を目指します。

A横浜市青葉区では、葬祭給付制度・埋葬給付制度があります。対象者が生前に「国民健康保険の被保険者」「社会保険の被保険者」であった場合に横浜市青葉区役所より「給付金」として5万円受け取ることができます。

A横浜市青葉区のおすすめの葬儀場・火葬場は横浜市北部斎場です。 横浜市内には公営の斎場が全部で4ヵ所ですが、横浜市北部斎場は式場と火葬場が併設した葬儀場となります。青葉区に隣接する緑区にあり、アクセスも良いため青葉区民の9割以上が横浜市北部斎場を選択しています。

横浜市青葉区の葬式事情

横浜市青葉区の概要

青葉区は、市内では港北区に次いで人口の多いエリアとなっており、区の中央部に鶴見川が流れ、東方面に国道246号、西方面には東急こどもの国線の走る区とされています。

現在も、開発の続けられている都市であり、東京へのベッドタウン化も進められているエリアです。

青葉区の地名の由来は、公募によって決定し、美しい街といった印象の強い「青葉区」へと決まりました。

隣接自治体は、横浜市緑区・都筑区であり、また川崎市宮前区・麻生区、東京都の町田市とも隣接しています。

横浜市青葉区の歴史

1889年4月1日、市町村制施行によって、都筑郡田奈村・山内村・中里村・中川村が成立します。

1939年4月1日には、都筑郡田奈村・中里村・中川村・山内村が横浜市港北区に統合されます。

1966年の4月1日、東急田園都市線が開通し、あざみ野駅を除く区内各駅が開業しました。

1969年10月1日、港北区から分離し、緑区となります。

1994年11月6日になると、港北区と緑区を再統合して、青葉区と都筑区を新設し、青葉区が誕生しました。

横浜市青葉区の名所と旧跡

青葉区の名所として、「寺家ふるさと村」や、「こどもの国」、「稲荷前古墳群」や、「満願寺」などが挙げられます。

寺家ふるさと村は、青葉区寺家町に位置し、横浜市内では希少な田園風景の残存する村として、豊かな自然の感じられるエリアとなっています。

また、横浜市では珍しいホタルを観察できる村でもあり、年間を通じて多くの人が訪れます。

こどもの国は、青葉区奈良町に位置し、子どもの情操教育を目的とした施設であるため、動物との触れ合いや、趣味の活動のためのアクティビティなどの催しが開催されています。

学校行事に利用されることも多く、教育分野で大きく貢献している施設であると言えます。

また、稲荷前古墳群は、青葉区大場町に位置し、小さな面積の中で、色々な古墳を見ることができ、満願寺は、青葉区あざみ野に位置する真言宗の寺院であり、創建は400年前と、大変歴史のある寺院です。

横浜市青葉区の火葬場・葬儀場は?

青葉区には公営斎場がないため、隣接する緑区の「北部斎場」を利用される方が非常に多くなっています。

北部斎場は火葬場を隣接しているため葬儀と火葬の間に移動がなく、ご高齢者が多い式でも負担を軽減することができます。

北部斎場での火葬・葬儀のご相談は、お気軽に花葬までお寄せください。

横浜市青葉区での葬儀の風習・習慣は?

横浜市青葉区は、他の区と似たような葬儀習慣を持ちます。

また、他の区でも問題とされている、火葬場などの公的施設の不足などの問題は深刻で、お通夜が行えるまでに、一週間かかるということもあります。

青葉区では東日本では一般的とされる「通夜振舞い」の習慣もあり、参列者には、通夜後に料理が振る舞われ、それを口にすることで、故人を供養できるという意味が込められています。

横浜市青葉区の葬儀なら花葬へ。

花葬は、横浜市内において、大手口コミサイトにて葬儀社としてNo.1の満足度と評価をいただいています。

その理由の一つは、葬儀場・プランをご納得いただける形で自由にお選びいただけることだと自負しております。

一般葬儀はもちろん、横浜市青葉区内で、費用を抑えた家族葬も執り行うことができます。

横浜市青葉区での葬儀についてご不安のある方は、ぜひ花葬の無料相談をご利用ください。

青葉区の資料をお送りします /

無料資料を請求する
   資料請求