横浜市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2021/01/15

葬儀の種類とは? 横浜市の葬儀形式と費用、近年の傾向などを紹介

近年は葬儀の多様化が進み、さまざまな種類の葬儀があります。横浜市でも葬儀社がさまざまな葬儀形式を提供しており、葬儀の選択肢は増えているといえます。

今回は、横浜市の葬儀の種類や種類別に見た葬儀費用相場などについて詳しく解説。これから葬儀を執り行うという方は、ぜひご覧になってみてください。

1.横浜市の葬儀の種類

横浜市の葬儀の種類には、一般葬、家族葬、一日葬などさまざまなものがあります。ここからは、横浜市の葬儀形式を詳しく見ていきましょう。

 

一般葬

通夜と告別式を二日間で執り行う一般葬は、最もスタンダードな葬儀形式。一昔前は、多くの場所で主流となっていた葬儀です。

 

一般葬は、家族以外にも、友人や知人、職場関係の人など多くの人を呼び、豪華な葬儀にしたいといった方に向いています。盛大な葬儀になることも多い分、高額な費用がかかることも少なくありません。

 

家族葬

家族などのごく親しい人だけで葬儀を行うのが、家族葬。家族葬は、遺族や親族などでゆっくり故人を偲びたいなどといった方に多く選ばれ、近年増加傾向にある葬儀形式です。そして、一般葬と同じように通夜、告別式を執り行いますが、一般葬に比べて参列者の人数が少なく、葬儀規模も小さいものになることが多いといえます。

 

また、家族葬は、ごく親しい人などといったように参列者を限定するため、参列者を選ぶのが難しいといった側面もあります。時には、参列を断らなければならないこともあり、そういった方には、後日の弔問などで対応をしていく必要があります。

 

一日葬

一日葬は、通夜を行わず、告別式、火葬式を一日で行う葬儀です。時間が短縮されるため、肉体的にも精神的にも葬儀にかかる負担を減らすことができます。そして、通夜がない分、葬儀費用も安く抑えられることになります。長時間葬儀に参列するのが難しいという高齢者などに喜ばれることも多く、近年は、一日葬を選択する方も増えています。

 

直葬

火葬式とも呼ばれる直葬は、通夜、告別式を行わず、火葬のみで送る葬儀形式。宗教的な儀式を執り行わないケースが多く、故人との最後のお別れの時間が短いのも特徴的です。直葬は、葬儀をできるだけ簡略化したい、葬儀費用を抑えたいなどといった方に向いている葬儀形式です。

 

自由葬

名前の通り、自由な形式で葬儀を執り行うのが、自由葬。自由葬にこれといった決まりはなく、宗教的儀式を行う場合、そうでない場合、そのどちらもあります。自由葬の中でも、バンドの生演奏をする、故人が生前好きだった音楽を流すなど、音楽にこだわった葬儀を音楽葬といいます。

 

自由葬は、式次第などの葬儀内容を遺族で自由に決められるのが特徴的であり、故人らしい葬儀を行いたいといった方に多く選ばれている葬儀です。しかし、その一方で、一般的な葬儀に親しみのある方などに理解してもらうのが難しいといったこともあります。また、菩提寺がある場合には、お寺の了承も得ることも大切です。自由葬を行いたい場合は、まず遺族や親族、お寺など、周囲の了承を得る必要があるでしょう。

 

社葬

社葬は、会社の創業者や社長、重役が亡くなった場合などに、企業が施主となって執り行う葬儀です。一般的な葬儀よりも豪華な葬儀となり、数百人単位など非常に多くの参列者が訪れることも少なくありません。

2.葬儀の種類別に見る葬儀費用相場

以下は、葬儀種類別の一般的な費用相場を表したものです。表を見ると、直葬の葬儀費用相場が最も安いことが分かります。葬儀費用は、選ぶ葬儀社や葬儀場、地域などによっても大きく異なるといえますが、葬儀形式を決める際は、以下の費用相場を一つの目安にしていくとよいでしょう。また、自由葬や社葬は、執り行う葬儀によって葬儀規模や葬儀内容が大きく変わるため、費用相場を一概に決めることはできないものとなっています。

 

 

葬儀形式葬儀費用相場
一般葬100万~200万円程度
家族葬50万~80万円程度
一日葬50万円程度
直葬15万~20万円程度
自由葬葬儀によって大きく異なる
社葬葬儀によって大きく異なる

 

3.横浜市の近年の葬儀傾向について

近年、横浜市では、葬儀費用をできるだけ安く抑えたいという人も増えており、一日葬や直葬など簡略化した葬儀形式も多く選ばれるようになりました。それに伴い、横浜市の葬儀社が提供するプランにもさまざまなプランが出され、多様化するお客様のニーズに合わせ、葬儀形式も柔軟に変化していることが分かります。

 

また、最近では、葬儀社の案内で全国対応や1都3県などといった記載があるものもよく見かけるようになりました。 しかし、葬儀は地域によって、しきたりや場所の特徴などがあります。横浜市という場所の特徴を知らないことで、結果としてお客様に迷惑をかけてしまうといったケースもあるのです。そのため、全国対応・1都3県などと記載のある葬儀社には気をつけたほうがよいといえます。

4.葬儀形式を決める際の注意点

葬儀形式を決める際は、以下のような点に注意していくとよいです。

 

①こだわりや希望を明確にする

当然ながら、希望する葬儀は人によって異なるものです。葬儀を執り行う際は、葬儀におけるこだわりや希望を明確にすることが大切。希望とする葬儀が見えてくることで、どのような葬儀形式を選ぶべきかということがはっきりしてくるものです。また、故人の意向がある場合には、生前の意志を尊重し、意向に沿った葬儀形式になることも少なくありません。

 

②参列者の人数に合う葬儀形式にする

葬儀形式は、参列者の人数も考慮して決めていきたいものです。例えば、参列者が50人以上いる葬儀の場合は、一般葬で送るのが相応しいといえるでしょう。また、参列者の人数が、ごく親しい家族のみといった場合は、家族葬や直葬を選択するケースも多いといえます。このように参列者の人数に合う葬儀形式にすることで、葬儀のバランスが取れるものになります。

 

③予算に合う葬儀形式にする

遺族は、葬儀に捻出できる予算を決め、予算に合う葬儀形式にすることが大切。予算が少ない場合には、一日葬や直葬などの簡略化された葬儀を選び、予算が多い場合には、一般葬で豪華な式にすることも可能です。このように予算が分かることで、どの葬儀形式が相応しいのかはっきりするといえます。

 

④周囲の了承を得る

葬儀形式を決める際には、周囲の了承も得ておきたいところです。自由葬や直葬、一日葬などの葬儀は近年多くの方に選ばれる葬儀形式となりましたが、高齢の方などには、まだまだ馴染みが少ない葬儀形式でもあります。これらの葬儀を執り行う際は、遺族など周囲の了承を事前に得ることも大切。また、菩提寺がある場合に宗教的な儀式を執り行わない場合は、お寺の理解も得ておく必要があります。

 

できるだけ納得のいく葬儀にするためにも、喪主や遺族は、執り行う葬儀形式について、周囲の方に事前に説明しておくとよいでしょう。

5.本記事のまとめ

解説してきたように、葬儀の種類には、一般葬、家族葬、一日葬、直葬などさまざまなものがあります。葬儀を執り行う方は、それぞれの葬儀形式の特徴を理解しておくことが大切です。参列者の人数や故人の意向などを考慮しながら、遺族は、できるだけ希望に合う葬儀形式を選んでいきたいものです。

 

横浜市の葬儀には、弊社がおすすめです。弊社は、葬儀費用の適性化を図り、低価格を実現しているのが大きな魅力となっています。そして、地域の葬儀社ですので、横浜市の土地の特徴やしきたりについて知識があり、実績も豊富です。

 

横浜市の葬儀はこちらから!

横浜市の葬儀にお悩みの方は、ぜひ一度弊社へご相談ください。横浜市の葬儀について熟知している葬儀のプロである弊社スタッフが、お客様のご要望に答え、希望する葬儀を実現いたします。

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名価格(税抜)人数の目安葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000人数の目安10名程度にオススメ葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000人数の目安20名程度にオススメ葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000人数の目安30名程度にオススメ葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000人数の目安100名程度にオススメ葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。