お亡くなり・ご危篤の場合

葬儀のコラム | 川崎・横浜の葬儀なら花葬


2020/08/11

家族葬は注意点を守ることが大事!

この記事では、家族葬を行う際の注意点をお話いたします。日本で主流になってきた家族葬ですが、実際に家族葬を行う際は、守るべきことがいくつかありますので、その点について詳細をお伝えします。

1.家族葬を行う際の注意点

日本で主流になってきた家族葬ですが、実際に家族葬を行う際は、守るべきことがいくつかあります。まず、訃報を知らせなければならない人(故人の兄弟姉妹や、年賀状などで故人との関わりの深い方など)への声がけです。

 

参列する方の数がどのぐらいか把握する必要もあります。目安として最大でも30名を境と考え、それ以上になる場合は、一般葬を選択したほうが良いケースもあります。近所の方への配慮も大切です。

 

事情を知らせないと葬儀参列者を見て驚かれることもあるので、ご近所付き合いのある方なら、後で悔やむことがないようにひと声かけることが賢明です。

 

もし、故人がお亡くなりになったことを公にしたくないのであれば、その旨を伝えることも大切です。葬儀後に忘れてはならないことが、葬儀を伝えずに参列できなかった方へ挨拶状を送ることです。その後、事情を理解して弔問にいらっしゃる方にも対応できるように、会葬返礼品は準備しておく必要があります。

2.川崎の葬儀社を利用して家族葬を行うなら

川崎の葬儀社を利用して家族葬をあげたいとお考えの方は、川崎の葬儀社として様々な葬儀をプランニングしてきた【(株)花葬】をご利用ください。家族葬が増加傾向にある背景として考えられるのが、核家族化の増加に伴い血縁者や地縁者との交流が減少したことです。

 

また、長寿社会となり老後の時間が長くなったことで長年交流のある方の数も減り、葬儀の参列者も減少するといった事情もあります。【(株)花葬】では、知識・経験豊富な専門スタッフが、ご遺族様のご要望をしっかりと伺い、プライベートなお別れをプランニングいたします。

3.川崎で葬儀社に格安で行える葬儀を相談するなら

川崎で葬儀社に格安で行える葬儀の相談をしたいという方は、【(株)花葬】にご相談ください。「故人がシンプルな葬儀を希望されていた」「家族や近親者のみに見送って欲しいという故人の想いを叶えたい」「経済的な理由」などの事情で、費用負担を抑えての葬儀をご希望の方は、【(株)花葬】にて専門スタッフが最適な葬儀プランをご提案いたします。

 

直葬・1日葬・2日葬と、ご要望やご予算に応じた葬儀で故人とご遺族の方がご満足いただける葬儀を行いますので、安心してお任せください。

 

葬儀の葬儀プランについて

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名価格(税抜)人数の目安葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000人数の目安10名程度にオススメ葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000人数の目安20名程度にオススメ葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000人数の目安30名程度にオススメ葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000人数の目安100名程度にオススメ葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。

   資料請求