川崎市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2021/08/27

川崎市の家族葬の流れや死亡後の手続き

川崎市で家族葬を行う人は、葬儀の流れや葬儀後の手続きについて知っていますか? 葬儀は決めることややるべきことが多く、非常に慌ただしく進んでいきます。ゆっくり考える暇がないことで、時間が経ってから後悔することも少なくありません。後悔しないためにも、葬儀について正しい知識を得ることが大切です。

今回は、川崎市の家族葬の流れや死亡後の手続き、お勧めの公営斎場などを紹介します。ぜひご覧ください。

1.川崎市の家族葬について

川崎市では、家族葬を行う人が増えています。家族葬は、家族などごく親しい人だけで行う葬儀のことをいいます。家族葬に明確な定義や決まりはなく、家族や親せきで送る、家族、親せき、親しくしていた友人で送るなど参列者の範囲は葬儀によってさまざまです。

 

コロナ禍では「できるだけ少人数で葬儀を行いたい」「家族のみで送りたい」といった要望も増えています。このような希望に沿う形として家族葬が多くの場所で選ばれています。

 

参列者の範囲についてはこちらで詳しく解説しています。

家族葬の参列者はどこまで? 参列者の範囲や注意点など家族葬を徹底ガイド!【2021年最新版】

2.川崎市の家族葬の流れ

ここからは、川崎市の家族葬の流れを詳しく見ていきましょう。

 

➀臨終、お迎え、ご安置

お亡くなりになると、葬儀場や安置所、自宅などに故人を安置します。

 

②葬儀社との打ち合わせ

葬儀社と家族葬について打ち合わせを行います。打ち合わせの項目には、以下のような内容があります。

 

 ●葬儀日程

 ●喪主の決定

 ●宗派の確認

 ●葬儀費用

 ●葬儀場

 ●プラン内容

 ●手続き一覧

 ●必要事項の確認など

 

希望などがあれば、打ち合わせの際に葬儀社に伝えましょう。お呼びしない方には会葬礼状のご案内の手配を行います。

 

③納棺

通夜当日に、故人と最後のお別れをします。故人の好きだったものや生前の思い出の品、お花などを入れ、遺族や親族で故人の旅支度に立ち会います。

 

④通夜

基本的には、一般葬と同じ流れで通夜の葬儀を執り行います。参列者が少ない場合、家族葬では受付が省略されるケースもあります。

 

⑤通夜振る舞い

家族葬の通夜振る舞いは親族控室などで行われることも多くなっています。アットホームな雰囲気の中、遺族や親族で生前の思い出を語り、故人を偲びます。

 

⑥葬儀・告別式、出棺

葬儀・告別式の葬儀規模は小さいものになります。葬儀式の流れは、通夜と同様に一般葬と同じ流れで進むケースが多くなっています。

 

⑦火葬

火葬場へ移動し、火葬を執り行います。お坊さんを呼ぶ場合は、火葬の前に読経があります。火葬が終わるまでは、待合室などで待機します。

 

⑧骨上げ

遺骨を骨壷に納める儀式が骨上げです。喪主から遺族の順に、二人一組でお骨を骨壷に納めます。

 

⑨支払い

川崎市では、葬儀後に葬儀費用を支払う葬儀社が多くなっています。支払い方法や支払い期日などについては、打ち合わせ時にしっかりと確認しましょう。

3.川崎市の家族葬における手続き一覧

葬儀の手続きは項目が多くあります。期限内に書類を提出できるよう、要件やスケジュールを確認することが大切です。特に死亡届と毎火葬許可申請は、死亡後7日以内の期限となっているため、速やかな提出が求められます。以下の表を確認し、申請漏れのないようにしましょう。

 

死亡後の手続き一覧 概要
死亡届 死亡診断書とともに役所や役場に提出

提出期限:死亡後7日以内

埋火葬許可申請 埋葬、火葬をするのに必要な書類であり、役場や役所に提出する。

提出期限:死亡後7日以内

介護保険資格喪失届 介護保険証を持参し、役場や役所に提出

提出期限:死亡後14日以内

住民票の抹消届 役場や役所に提出

提出期限:死亡後14日以内

年金受給停止の申請 社会福祉事務所や国民年金課に申請

提出期限:国民年金は死亡後14日以内

世帯主の変更届 役所や役場に提出

提出期限:死亡後14日以内

雇用保険受給資格者証の返還 管轄のハローワークに提出

提出期限:死亡後1か月以内

国民年金の死亡一時金請求 役場や役所、年金事務所などに申請

提出期限:死亡後2年以内

埋葬料の請求 加入していた健康保険組合や協会けんぽなどに申請

提出期限:死亡後2年以内

葬祭費の請求 加入していた健康保険組合や協会けんぽなどに申請

提出期限:葬儀から2年以内

高額医療費の申請 70歳未満で医療費の自己負担額が高額になった場合に健康保険組合や社会保険事務所などに申請

提出期限:対象の医療費の支払いから2年以内

遺族年金の請求 年金事務所に申請

提出期限:死亡後5年以内

所得税準確定申告・納税 故人が事業者や年収2000万円以上の給与所得者だった場合などに管轄の税務署に申告

提出期限:死亡後4ヵ月以内

相続税の申告・納税 遺産総額が相続税の基礎控除を超える場合に管轄の税務署へ申告

提出期限:死亡後10ヶ月以内

4.川崎市の家族葬には2つの公営斎場がおすすめ

川崎市の家族葬には、かわさき北部斎苑かわさき南部斎苑の2つの公営斎場がおすすめです。公営斎場は葬儀費用が安く、葬儀から火葬までを同一施設で行えるのが大きな魅力です。売店や休憩室など施設設備も充実しています。葬祭ホール直葬や一日葬などの規模の小さな葬儀から、大規模の葬儀までさまざまな葬儀に対応しています。

 

施設名称 所在地 電話番号 葬祭ホール 火葬場 休憩室
かわさき
北部斎苑
〒213-0033

川崎市高津区
下作延6丁目18番1号

044-822-3171 3室 16炉 11室
かわさき
南部斎苑
〒210-0863

川崎市川崎区
夜光3丁目2−7

044-277-8146 4室 12炉 9室

 

葬祭ホールの利用料金

収容人数 川崎市内 川崎市外
200人収容 90,000円 270,000円
100人収容 45,000円 135,000円
50人収容 22,500円 67,500円
25人収容 11,250円 33,750円

 

火葬場の利用料金

区分 川崎市内 川崎市外
12歳以上 6,750円 60,000円
12歳未満 4,500円 30,000円
死産児 2,250円 15,000円

 

川崎市の公営斎場について詳しくはこちらをご覧ください。

 

5.迷ったらチェック!川崎市の家族葬のQ&A

ここでは、川崎市の家族葬でよくあるQ&Aを紹介します。葬儀の際の参考にしましょう。

 

Q:川崎市の家族葬の葬儀費用相場は?

A:一般的な家族葬の費用相場は、50万~80万円程度です。葬儀費用を安く抑えたい場合は、良心的な価格の葬儀社を選ぶ、使用料金の安い公営斎場を選ぶ、参列者の人数を少なくする、葬儀規模を小さくするなどの工夫が必要です。

 

Q:川崎市の葬儀社を選ぶときはどのような点に気をつければよい?

A:地域の葬儀事情に精通する葬儀社を選びましょう。最近では一都三県対応、全国対応といった葬儀社も増えてきました。しかし、葬儀は、土地のしきたりや特徴を理解していないと難しいことも多くあります。これらの葬儀社に依頼することでトラブルに発展するケースもあるため、注意が必要です。

 

また、葬儀社の対応力や見積書の内容などもしっかりと確認しましょう。見積書に不明瞭な点が多く、一方的にプランを押し付けてくるような葬儀社は優良な業者とはいえません。

地域に根付いた、対応力の高い葬儀社を選ぶことが大切です。

 

Q:葬儀場や火葬場の予約はどのように行う?

A:葬儀場や火葬場の予約は、葬儀社が全ての手配を請け負うのが基本です。葬儀社によっては公営斎場ではなく、民営斎場を利用する葬儀社もあります。公営斎場を利用したい場合はまずその旨を葬儀社に伝え、利用可能かどうか確認する必要があります。

6.本記事のまとめ

川崎市の家族葬には、利用料金の安い2つの公営斎場の利用がおすすめです。また、死亡後の手続きは非常にやるべきことが多くあります。内容をよく確認し、申請漏れのないよう早めに対応することが大切です。

 

川崎市の葬儀には、地域密着型の弊社をご利用ください。弊社は公営斎場を利用し、業界最安値の葬儀を提供しています。地域の方から厚い信頼があり、知人からの紹介やリピーターのお客様が多いのが弊社です。豊富な実績と経験でお客様の葬儀をよりよい形へと導きます。

 

事前相談も承っておりますので、まずはお気軽に弊社へご相談ください。

 

 

※本記事と併せてお読みいただきたい記事はこちら!

世帯主が亡くなった場合に必要な各種手続きの詳細と手続きで気を付ける点や遺品整理の仕方について詳しく解説

死亡後の手続き一覧を紹介!死亡届や埋火葬許可申請など

川崎市の家族葬にお勧めの公営斎場(かわさき北部斎苑、かわさき南部斎苑)や葬儀社の選び方と選びのポイントについてご紹介

7.筆者プロフィール

 

㈱花葬は、現代表の大屋徹朗(※平成21年9月30日に「葬祭ディレクター1級」を取得)が、大手葬儀社の営業時代に感じた『もっと低価格でご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービスを提供したい』との思いから、2017年に川崎市中原区で創業した葬儀社です。2021年10月で創業5年目を迎えますが、2021年5月末現在、横浜市・川崎市で既に1.500件以上の葬儀提供実績があり、おかげ様で多数のメディアでも取り上げられております。

 

現在、川崎フロンターレと川崎ブレイブサンダースの公式スポンサーを務めており、両者と地域貢献活動でも連携を取っております。その取り組みが評価され、2020年、2021年に社会貢献が川崎市より評価され、表彰を受けました。また、2021年より「SDG.S 川崎市ゴールドパートナー」としても認定されています。

 

弊社では、可能な限りお客様のご要望を叶えるための柔軟な葬儀プランと併せて、川崎市の公営斎場(かわさき南部斎苑、かわさき北部斎苑)と横浜市の公営斎場(横浜市戸塚斎場、横浜市久保山霊堂、横浜市南部斎場、浜市北部斎場)を利用することで、出来るだけ葬儀費用を安くするご提案を実施しております。

 

お陰様で、弊社はご利用いただいた皆様からの評価が非常に高く、「ご紹介」や「リピート」でのご依頼が半数を占めます。これからも『ご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービス』をモットーに、高品質な葬儀サービスのご提供に努めて参ります。

 

 

運営会社:株式会社花葬

川崎フロンターレ・川崎ブレイブサンダース 公式スポンサー

運営会社の紹介はこちら!

川崎市の葬儀でよくある質問

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名 価格(税抜) 人数の目安 葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000 人数の目安10名程度にオススメ 葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000 人数の目安20名程度にオススメ 葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000 人数の目安30名程度にオススメ 葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000 人数の目安100名程度にオススメ 葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。