お亡くなり・ご危篤の場合

お通夜・葬儀の服装マナーについて


2020/08/09

お通夜・葬儀の服装マナーについて

本記事では「お通夜・葬儀の服装マナー」についてお伝えします。その他、かわさき南部斎苑で葬儀をお考えなら格安でご紹介できる葬儀社についても書きます。

1.かわさき南部斎苑で葬儀をお考えなら格安でご紹介できる葬儀社

かわさき南部斎苑で葬儀をお考えでしたら【(株)花葬】をご利用ください。【(株)花葬】は、かわさき南部斎苑をはじめ、川崎市内にある式場をご紹介しております。地元川崎に根付いた葬儀社として、ご葬儀後までをも見据えた進行・プランニングをご提案いたします。

 

大手の葬儀社のように式場や斎場を保有していない分、管理費などのランニングコストが必要ないため、格安にて葬儀をご提供しております。かわさき南部斎苑での葬儀をご希望でしたら、ぜひ【(株)花葬】にご依頼ください。きっと、ご満足いただけると思います。

2.かわさき南部斎苑で葬儀を執り行うなら~家族葬から大規模な葬儀まで~

かわさき南部斎苑で葬儀を行うなら、【(株)花葬】へご相談ください。【(株)花葬】では、かわさき南部斎苑を格安でご紹介いたします。少人数規模の家族葬から友人・知人を招いた大規模なご葬儀まで、お客様のご要望に合わせた様々なプランのご提案が可能です。

 

かわさき南部斎苑は川崎市が運営する斎場で、火葬場も併設しており、一般的な2日葬をはじめ、1日葬や直葬など幅広い形式の葬儀に対応可能です。かわさき南部斎苑で葬儀をお考えでしたら【(株)花葬】へお問い合わせください。お問い合わせは、お電話かもしくは専用フォームよりメールにて承っております。

3.お通夜や葬儀に参列する方へ~服装のマナーについて~

最後に、お通夜や葬儀に参列する向けに「服装のマナー」についてお話しましょう。「仮通夜」、「お通夜」、「葬儀」に分けて、それぞれの服装マナーを解説します。

 

仮通夜

亡くなった直後に行われる仮通夜は、紺やグレーなどの地味な服装で問題ありません。不幸のお知らせを聞いて急いで駆けつけるのに、喪服を着て行くと不幸を予期していたようでかえっておかしいとされます。

 

お通夜

遺族や親族の方は喪服を着るのが一般的です。弔問客の場合は仮通夜と同様地味な服装で良いでしょう。

 

葬儀

葬儀や告別式の参列の場合は、基本的にはその場にふさわしいブラックフォーマルを着用します。男性は白シャツや黒ネクタイでどちらも無地のものを選びます。女性はなるべく肌を見せない黒のワンピースやスーツを着用して、ストッキングや靴も黒色が望ましいです。

一覧へ戻る
   資料請求