川崎市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2020/05/14

葬儀の通夜や葬儀の日程の決め方

人が亡くなって、まずしなければならないのが、通夜や葬儀の日程の調整です。ところが、さまざまな事情により、喪主の希望通りの日程で葬儀を執り行うことができない場合もあります。それはどのようなときなのでしょうか?それでは、葬儀の日程の決め方、そして、葬儀の日程に関する通例をご紹介して行くことにします。

1.葬儀の日程の決め方・注意点

葬儀の日程を決めるポイントは、以下の3点に注意を払うということです。

 

1:家族や親戚・遠方から訪れる参列者の都合

2:宗教者の都合 【一番大切】

3:葬儀場・火葬場の空き具合

 

それでは、それぞれについて解説しましょう。

 

1:家族や親戚・遠方から訪れる参列者

家族の中で海外出張や結婚式などどうしても外せない予定がある場合は、その予定を優先して良いと思います。

また遠方から訪れる方の中には、宿泊を必要とする方もいらっしゃるのではないかと思います。

この場合では、葬儀会場に宿泊設備が完備されていることが望ましいですので、葬儀会場の日程を確認するとともに、宿泊施設の有無も確認しておく必要があります。

宿泊施設が無い場合では、今は各駅にビジネスホテルが多数ありますが、混んでいる場合も有りますので日程が決まり次第早めの予約をオススメします。

 

2:司式者の予定も確認

お寺様などは季節的に供養祭などが重なるときがあります。

やはり土曜・日曜は法事が高い確率で入っていますので、僧侶の日程を一番先に確認しておく必要があります。

勿論、教会葬も祝日などには、お祈りがあったり、神社もお祭り等がありますので注意してください。

 

3:葬儀場・火葬場の空き具合

葬儀会場は火葬場の日程によって借りる日時が決定されることがほとんどなのです。

葬儀社が一番早い日程を教えてくれますので、それから司式者・家族の都合・親戚の都合という順番で決めましょう。

直葬の場合であっても、法律上、故人が亡くなってから24時間以内の火葬は行うことができません。従って、病院で亡くなった後すぐに火葬場に行って火葬することはできません。

2.火葬場にも休日があります

日本には六曜があり、川崎では、友引が火葬場の休日となっています。横浜市は輪番制(※1)で、市内火葬場の1か所は友引でも稼働しています。これ以外の地域でも、往々にして友引は休日となっている火葬場が目立ちます。

 

ではなぜ、友引の日に火葬が行われないことが多いのでしょうか?

それは、友引は「友」を「引く」という言葉のイメージから、「凶事に友を引く」とされ、葬儀の日程としてふさわしくないと考えられているからです。

 

ですが、色々な都合でこの日にお葬式を行うこともありますし、地方によってはお葬式が立て続けに起こった場合に「共引人形」と呼ばれる人形を棺に収めてお葬式を行うこともあるそうです。

 

つまり、この世に残っている友を連れていく代わりに、人形を連れて行って下さい、ということです。

ただし、これは仏式や神式の葬儀の話であって、キリスト教の場合では六曜の概念がありませんので、友引を気にすることなく葬儀や火葬が行われることがあります。

 

※1 輪番制とは…特定組織の中で、操業と休業を交代で行う制度

3.本記事のまとめ

番外編

友引以外の日でも、元旦は火葬場も休日となっています。2日から稼働している火葬場もあるようですが、正月三が日は葬儀や火葬を行わないというのが通例となっています。

 

たとえば、12月31日に亡くなった場合では、正月三が日は葬儀、火葬ともに執り行われず、また、火葬場そのものが休日となるため、4日以降の予約ということになります。

 

この場合では、火葬場が混み合うことが予想されますので、待たなければならない日にちが長くなる可能性もあります。

 

そして、地域によっては1月15日まで葬儀が執り行われないこともあり、この場合は先に火葬を行い、後日にお通夜と葬儀を執り行う運びとなります。

 

打ち合わせをしていると、日程を簡単に決めたがる方が居ますが、このような形で沢山の都合を確認しながら決めていくので大変なのです。

 

葬儀の事前相談について詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

4.筆者のプロフィール

 

㈱花葬は、現代表の大屋徹朗(※平成21年9月30日に「葬祭ディレクター1級」を取得)が、大手葬儀社の営業時代に感じた『もっと低価格でご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービスを提供したい』との思いから、2017年に川崎市中原区で創業した葬儀社です。2021年10月で創業5年目を迎えますが、2021年5月末現在、横浜市・川崎市で既に1.500件以上の葬儀提供実績があり、おかげ様で多数のメディアでも取り上げられております。

 

現在、川崎フロンターレの公式スポンサーを務めており、両者と地域貢献活動でも連携を取っております。その取り組みが評価され、2020年、2021年に社会貢献が川崎市より評価され、表彰を受けました。また、2021年より「SDG.S 川崎市ゴールドパートナー」としても認定されています。

 

弊社では、可能な限りお客様のご要望を叶えるための柔軟な葬儀プランと併せて、川崎市の公営斎場(かわさき北部斎苑かわさき南部斎苑)と横浜市の公営斎場(横浜市北部斎場横浜市久保山斎場横浜市南部斎場横浜市戸塚斎場)を利用することで、出来るだけ葬儀費用を安くするご提案を実施しております。

 

お陰様で、弊社はご利用いただいた皆様からの評価が非常に高く、「ご紹介」や「リピート」でのご依頼が半数を占めます。これからも『ご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービス』をモットーに、高品質な葬儀サービスのご提供に努めて参ります。

 

 

運営会社:株式会社花葬

川崎フロンターレ・川崎ブレイブサンダース 公式スポンサー

運営会社の紹介はこちら!

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名 価格(税抜) 人数の目安 葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000 人数の目安10名程度にオススメ 葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000 人数の目安20名程度にオススメ 葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000 人数の目安30名程度にオススメ 葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000 人数の目安100名程度にオススメ 葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。