川崎市の葬儀コラム|葬儀なら花葬

川崎市の葬儀でお悩みの方へ

口コミNo.1葬儀社が
疑問を解決!

地域貢献度

NO.1

口コミ満足度

NO.1

信頼と安心

NO.1

*日本経済リサーチ株式会社2022年2月期調査

川崎市の葬儀の供花・供物について解説します!

【目 次】

安心・明瞭のセットプラン

「不明瞭」な葬儀費用を適正化し
全て自社スタッフが行う葬儀社です

花葬が選ばれる理由

大手口コミサイト
2年連続No.1

1級葬祭ディレクター
在籍

川崎市長より
2年連続表彰

川崎市公認
終活ノート制作

実際にご利用いただいた
お客様の声

swipeスライドでもっとみる /

川崎市

山内家

総合満足度

4.8

「100点満点!」何も言うことが無いくらい完璧でした

続きを読む

「100点満点!」何も言うことが無いくらい完璧でした

続きを読む

川崎市

尾添様

総合満足度

4.9

早くに葬儀のことを考えておく事をおススメします

続きを読む

早くに葬儀のことを考えておく事をおススメします

続きを読む

川崎市

原家

総合満足度

4.8

本当に言うことないくらい親身になってやってくれたと思…

続きを読む

本当に言うことないくらい親身になってやってくれたと思…

続きを読む

川崎市の
おすすめ斎場

かわさき北部斎苑

総合評価

4.8

評価:69件

高津区・麻生区・多摩区・宮前区の方に人気

総合評価

4.8

評価:69件

所在地川崎市高津区下作延6-18-1

駐車場あり

火葬場の併設あり

かわさき南部斎苑

総合評価

4.7

評価:48件

川崎区・幸区・中原区の方に人気

総合評価

4.7

評価:48件

所在地川崎市川崎区夜光3-2-7

駐車場あり

火葬場の併設あり

コラム本文

日本の葬儀では、供花や供物を送る慣習があります。供花や供物を送る時はマナーをよく理解し、失礼のない対応をする必要があります。

今回は、川崎市の葬儀の供花や供物について徹底解説します。宗教別に見た供花や供物なども紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

供花とは

供花とは、葬儀で故人に供えるお花です。通夜や告別式でお花祭壇脇に飾られるスタンド花が供花になります。供花には故人へのご冥福を祈るという気持ちがあり、香典や弔電の代わりに贈るケースもあります。

ま花に差出人の名前を書いた札を立てる場合や、別の場所に設置した芳名板でまとめて掲げることもあります。また、供花は、祭壇脇に個別に供える、花祭壇に供えるなどの方法で飾られます。

供花の数え方は、1つを一基(いっき)、2つを一対(いっつい)と数えます。

供花に用いられる花は、宗教によって異なります。仏教では白を基調とし、菊、ゆり、カーネーション、胡蝶蘭などが一般的です。送る時は、籠飾りの形になります。

神式では、白菊やゆり、カスミソウなどが用いられ、フラワースタンドや籠飾りで送ります。キリスト教式では、胡蝶蘭やゆり、カーネーションが用いられます。菊は一般的に使用されません。

また、供花は、遺族の要望で花の種類や金額を統一するケースもあります。

 

宗教

花の種類・色

供花の形式

仏教

菊、ゆり、カーネーション、胡蝶蘭など

白色や薄ピンク色、紫色など

籠飾り

神式

白菊、ゆり、カスミソウなど

白色、黄色、薄ピンク色など

籠飾り、フラワースタンド

キリスト教

胡蝶蘭、ゆり、カーネーションなど

白色など(色花も可能)

籠飾り

 

供物とは

供物は葬儀などの際に、故人や神様に供える品物です。供花と同様に、故人へのお悔やみの気持ちを表すために贈るお供えものです。

供物の内容は宗教によって異なります。仏教では、果物や缶詰を専用の籠に詰め合わせ、祭壇脇に並べて供えられるケースが多いでしょう。

また、仏教の葬儀において供物は果物や缶詰などを分けて、参列した親族などに配ります。「供えたものを養う」という意味があり、お下がりとして持ち帰ってもらう風習があります。

 

宗教

供物の内容

仏教

線香、ロウソク、菓子類、果物、缶詰など。肉・魚はNGとされる。

神式

果物菓子類、酒や魚など。線香はNGとされる。

キリスト教

供物を送る風習がないため、一般的には供花を送る。

川崎市の供花・供物の費用相場

川崎市の供花や供物の費用相場は、供花が10,000円~30,000円程度、供物が5,000円~10,000円程度となっています。

供花の費用は、生花の種類や一基や一対などによっても変わります。また、故人との関係性によっても送る費用が異なるでしょう。

 

種類

費用相場

供花

10,000円~30,000円程度

供物

5,000円~10,000円程度

川崎市の葬儀で供花・供物を送る方法

川崎市では、供花や供物の注文をインターネットや生花店、青果店、葬儀社などに依頼できます。しかし、インターネットや生花店、青果店での注文は、葬儀場まで届けてもらう手間がかかり、あまりおすすめとは言えません。

供花や供物の注文は、葬儀を受け持つ葬儀社に依頼するのが一番よいでしょう。他の供花などとのバランスを考慮してもらえ、配送もスムーズに進みます。

葬儀社への依頼は、電話やファックス、インターネットから注文できます。ここでは、供花・供物の葬儀社への依頼の流れを以下にまとめました。

ホームページやパンフレットなどから供花・供物の種類、金額を選ぶ

葬儀社は10,000円、15,000円、20,000円、30,000円など、さまざまな価格帯のものを用意しています。どの価格帯を選ぶかは送り主の自由ですが、式場内の統一感を出すために、遺族によって予め価格帯や商品が決まっているというケースもあります。

不明点があれば事前に遺族や葬儀社に尋ね、確認しましょう。

 

葬儀社に送り先の喪家名(○○家)や喪主名を伝える

漢字やひらがななど氏名に間違いのないよう注意し、他の斎場への誤配送がないようにします。

葬儀社に送り主の氏名、住所、電話番号を伝える

送り主の氏名、住所、電話番号を伝えましょう。送り主の情報は、連絡先や請求書の送付先として使用されます。

札名を伝える

供花や供物に立てる札名を伝えます。札名は、FAXやメールなどでのやりとりが好ましいです。口頭で伝えると間違えるケースも多いため、できるだけ文書で伝えるようにします。

葬儀社への支払い

銀行振込や現金払い、クレジットカード決済など葬儀社が提供する中から支払い方法を選びます。

川崎市で供花・供物を送る時のマナーや注意点

川崎市で供花や供物を送る時には、以下の点に注意します。

・遺族の意向を確認する

・宗教や宗派を確認する

・届ける時間帯に注意する

ここからは、上記を詳しく見ていきましょう。

 

遺族の意向を確認する

供花や供物を送る前に、遺族の意向を確認しましょう。訃報の連絡時や葬儀の案内状で、供花や供物の辞退を伝えられたら、供花や供物を送るのは控えます。近親者など親しい間柄であっても辞退の案内がある時は、送らないのがマナーです。

好意で送ったことがかえって失礼当たることもあるため、くれぐれも注意が必要です。

また、葬儀では供花や供物を飾る場所や飾りつけなどにもこだわっているケースが多いです。そのため、葬儀を請け負う葬儀社に手配を依頼するのが最も安心できます。

葬儀社に依頼すれば、供花の花の種類や色、供物の大きさ、祭壇に飾るスペースなどを配慮してくれるため、行き違いや失礼などがなくなります。

 

宗教や宗派を確認する

供花や供物を送る前に、宗教や宗派を確認しましょう。

供花は、仏教や神式、キリスト教式など宗教や宗派によっても送る花の種類や色が異なります。また、供物は宗派によって送ってよいものと、送ってはいけない物が違います。

まずは遺族の意向を確認し、不明点などがあれば、葬儀を請け負う葬儀社に依頼し、確認するのがよいでしょう。

届ける時間帯に注意する

供花や供物は、届ける時間帯に注意します。通夜に送る時は通夜当日の午前中までを目安に送ります。また、葬儀・告別式に送りたい場合は葬儀・告別式の前日までに手配するのがマナーです。

式が始まる直前や式の途中に届いてしまうと、遺族の方に迷惑をかけてしまいます。できるだけ早めに手配し、案内状を貰ってから準備するようにしましょう。

また、供花や供物を電話注文で送る場合、口頭だけのやり取りに注意します。間違いを防止するために、ファックスなどの文面にまとめるようにしましょう。

まとめ

川崎市の葬儀で供花や供物を送る時は、まず遺族の意向を確認しましょう。供花や供物の辞退の案内があった場合は、送らないのがマナーです。

また、宗教や宗派をよく確認し、花の種類や贈り物に失礼のないよう注意します。送る時は、葬儀を請け負う葬儀社に依頼するのが最も安心できます。

弊社の花葬は、川崎市や横浜市を中心に葬儀を請け負っています。地域に根付き、川崎市や横浜市のしきたり、慣習をよく理解しているのが弊社です。地域の方からの口コミでは、3冠を達成するなど、高好評をいただいております。

川崎市の葬儀や供花、供物でお悩みの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

プラン名 価格(税抜) 人数の目安 葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000 人数の目安10名程度にオススメ 葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000 人数の目安20名程度にオススメ 葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000 人数の目安30名程度にオススメ 葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000 人数の目安100名程度にオススメ 葬儀の流れハイクラスプラン

※表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。