川崎市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2020/07/28

位牌の選び方

四十九日法要までに用意しなければならないものに位牌があります。位牌は、故人様の魂が宿り、その家の祖先として末永く祀られる大切な仏具です。

「位牌はどこで買えばいいのだろうか?」、「位牌の相場はどれくらいなのだろうか?」、「種類がたくさんあるけれど、どれを選べばいいのだろうか?」そうした疑問にお応えするべく、この記事には、位牌について詳しく解説いたします。

1.位牌はご先祖様そのもの

まずは、位牌の基本的な知識から確認しておきます。

位牌とは、仏壇の中に祀る木の札板のことです。

札板の正面には故人様やご先祖様の戒名や命日を、裏面には生前のお名前や亡くなった年齢を彫刻します。

「木の札板」とは言いますが、表面は漆塗りなどが施されており、種類は数十にも及びます。

昔から位牌は故人様、ご先祖様そのものだと言われています。

家が火事になったら、まず先に位牌を持って逃げろと、昔の人はよく言ったそうです。

故人や先祖の霊が宿る依代(よりしろ)です。

仏壇の中でも、ご本尊(中央に祀られる仏様)と並んで魂が込められ礼拝の対象となるものなので、ご家族の中でよく話し合ってご用意することをお勧めします。

2.本位牌は四十九日法要までに用意する

位牌は、四十九日法要までに用意します。

なぜならば、四十九日法要は、故人様が晴れて祖霊の仲間入りをする大切な法要だからです。

葬儀の時に用意された白木の位牌は、あくまでも四十九日法要までの仮の位牌です。

法要では、この白木の仮位牌と、新しく用意してもらう本位牌を並べて拝んでもらいます。

白木位牌の中にある故人様の魂を、本位牌に移すためです。

3.位牌を選ぶ 仏壇がある場合

すでに自宅に仏壇があり、ご先祖様の位牌が祀られているのであれば、その位牌に合わせて新しい位牌を考えます。

位牌には実にたくさんの種類がありますが、ご先祖様の位牌の形に合わせた方が統一感が会って見栄えが良いでしょう。また、大きさもご先祖の位牌と同等のものが望ましいでしょう。

ご先祖様の位牌より大きくなってはならないとよく言われますが、逆に小さくしてしまうと次の代やその次の代でさらに小さな位牌にしなければならなくなるため、同等の大きさのものでよいでしょう。

また事前に次に挙げる3点を調べた上で仏具店に出向くと話が早く進みます。

 

●今あるお位牌の寸法(札板の高さ、札板の幅、位牌全体の高さ)

●今あるお位牌の彫刻内容(表裏の写真があればよい)

●今あるお位牌の台座の写真

4.位牌を選ぶ 仏壇がない場合

もしも自宅に仏壇や位牌がないのであれば、その家にとってはじめての位牌になるので、好みのものを自由に選べます。

位牌は基本的には仏壇の中で祀るものです。

ですから、仏壇も合わせて考えなければなりません。

この場合、まずは自宅に合う仏壇を選んで、それからデザインやサイズで調和のとれる位牌を選びましょう。

(株)花葬では、仏壇や位牌の販売もしております。お困りの方はお気軽にご相談下さい。

5.仏具店に彫刻する内容を伝える

位牌が決まりましたら、彫刻する内容を仏具店に伝えましょう。

位牌に彫刻する内容は、次の4点です。

 

●戒名

●俗名(生前の名前)

●命日

●年齢(数え年)

 

これらは葬儀の時にお寺様からいただく白木位牌の両面に書かれています。

その内容をメモするか、あるいは写真に納めるかして、仏具店に伝えましょう。

6.さまざまな種類

位牌の種類は実にさまざまです。同じ形のものでも、金の施し方によって、面金、面粉、三方金、総金、総粉などがあり、どれを選んでよいのか分からなくなるでしょう。希望する形や予算を伝えた上で、仏具店にアドバイスしてもらいましょう。

 

以下、位牌の種類を取り上げます。

 

塗り位牌

 塗り位牌とは、漆塗りが施された位牌のことです。最も選ばれている位牌の種類でしょう。

現在、国産の生漆はその産出量の激減により価格が急騰しています。

位牌の塗りで使われる多くはカシュー漆(カシューの樹液を用いた合成漆)かウレタン塗装です。

中には本漆を使用したものもありますが、価格は数十万円と大変高価でしょう。

また、塗りの部分だけでなく、金の部分の使用の違いによっても金額が異なります。

 

唐木位牌

唐木位牌とは、黒檀や紫檀などの銘木を用いた位牌のことです。

これらの銘木は木目が美しく、その木目を生かした素朴な位牌です。

 

回出位牌・繰出位牌(くりだしいはい)

回出位牌は、1つの位牌の中に複数の札板が納められる位牌です。

祀らなければならないご先祖様がたくさんいる時に、場所をとらずにお祀りできるので大変便利です。

正面には扉窓がついており、札板の順番を変えることで、日に合わせてお祀りするご先祖様を変えることができます。

 

モダンな位牌

最近の仏壇は、デザインが大変モダンで、機能的なものが多く選ばれています。

従来の仏壇よりも新しいタイプの仏壇が選ばれているのに比例して、位牌も従来のものから新しいモダンなものが選ばれるようになっています。

これまでの塗り位牌や唐木位牌ではなく、ウォールナットやタモなどの外国の木材のもの、クリスタル製、斬新なデザインのものなどなどさまざまな位牌があります。

7.筆者のプロフィール

 

㈱花葬は、現代表の大屋徹朗(※平成21年9月30日に「葬祭ディレクター1級」を取得)が、大手葬儀社の営業時代に感じた『もっと低価格でご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービスを提供したい』との思いから、2017年に川崎市中原区で創業した葬儀社です。2021年10月で創業5年目を迎えますが、2021年5月末現在、横浜市・川崎市で既に1.500件以上の葬儀提供実績があり、おかげ様で多数のメディアでも取り上げられております。

 

現在、川崎フロンターレの公式スポンサーを務めており、両者と地域貢献活動でも連携を取っております。その取り組みが評価され、2020年、2021年に社会貢献が川崎市より評価され、表彰を受けました。また、2021年より「SDG.S 川崎市ゴールドパートナー」としても認定されています。

 

弊社では、可能な限りお客様のご要望を叶えるための柔軟な葬儀プランと併せて、川崎市の公営斎場(かわさき南部斎苑、かわさき北部斎苑)と横浜市の公営斎場(横浜市戸塚斎場、横浜市久保山霊堂、横浜市南部斎場、浜市北部斎場)を利用することで、出来るだけ葬儀費用を安くするご提案を実施しております。

 

お陰様で、弊社はご利用いただいた皆様からの評価が非常に高く、「ご紹介」や「リピート」でのご依頼が半数を占めます。これからも『ご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービス』をモットーに、高品質な葬儀サービスのご提供に努めて参ります。

 

 

運営会社:株式会社花葬

川崎フロンターレ・川崎ブレイブサンダース 公式スポンサー

運営会社の紹介はこちら!

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名 価格(税抜) 人数の目安 葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000 人数の目安10名程度にオススメ 葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000 人数の目安20名程度にオススメ 葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000 人数の目安30名程度にオススメ 葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000 人数の目安100名程度にオススメ 葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。