川崎市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2020/04/10

仏教と深い関わりを持つ「お樒」とはどんな花?

皆さんは「シキミ(樒)」と言う植物をご存知ですか?日本や中国が原産の常緑樹で、春にはクリーム色の美しい花を咲かせ、鮮やかな緑色をした葉は光沢もあり綺麗です。今回は日本で古くから仏事に欠かせない植物として扱われて来たシキミをご紹介したいと思います。

1.鑑真が日本に伝えた

シキミを日本に持ち込んだのは鑑真和尚だとされていて、その花は仏様の世界で咲く「 ショウレンゲ(青蓮華)」に似ていると言われています。

 

シキミも ショウレンゲも仏様の住む天竺から伝えられたと言う説もあり、鑑真和尚はショウレンゲの代わりとしてシキミを持ち込んだのかも知れません。

 

シキミは古くから真言宗など密教系の宗派でよく使われていましたが、現在は宗派に関係なくお供えとして広く利用されています。最近は友人葬や日蓮正宗では必ず使いますね。

2.猛毒を持つ植物

シキミの果実は中華料理で使う「八角」に似た星形をしていますが、猛毒があり食べるとけいれんや意識障害を起こすため、「悪しき実」から「シキミ」と言う名が付いたそうです。

 

土葬が多い時代には、獣から亡骸を守るために毒性のあるシキミをお墓に供えたとも言われています。

 

八角の実が成るほうは「トウシキミ」という近縁種で、日本では温室以外で見る事はほとんどありません。

 

トウシキミの果実は甘い香りがしますが、シキミの果実はお香の様なツンとした香りがするので、間違えて食べないように気を付けましょう。

3.様々な利用法

シキミの樹皮や葉には強い香りがあり、乾燥させて粉にしたものが抹香や線香の原料として使われたり、ドライアイスの無い時代には死臭を消す為に焚きしめたりと様々な仏事で使われて来ました。

 

また、シキミの仲間の「トウシキミ」の果実から発見された「シキミ酸」は、インフルエンザの治療薬として有名な「タミフル」の製造原料にもなるそうで、今後も様々な場での活躍が期待されます。

4.まとめ

日本でシキミは「仏様の木」として広まり、寒い時期など花が手に入らない時にも一年中美しい緑の葉が生い茂る事から、仏花として重宝されていたようです。最近はあまり見なくなりましたが、お寺様は喜びます。

 

花葬のコラムでは、これからお葬式を経験される方に後悔の無いお葬式をしてもらえるように、様々な疑問や不安に対する解決策やマナーなどを日々、掲載しお知らせしていきます。

 

しかし、後悔の無いお葬式にしていくには事前の準備や知識を皆様自身が得ておくことです。お葬式に関する知識は、とても多く、コラムだけでは伝えるのが難しいので是非一度、問い合わせをしてください。

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名価格(税抜)人数の目安葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000人数の目安10名程度にオススメ葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000人数の目安20名程度にオススメ葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000人数の目安30名程度にオススメ葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000人数の目安100名程度にオススメ葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。