お亡くなり・ご危篤の場合

家族葬なら川崎・横浜の「(株)花葬」。

コンテンツ

コンテンツ

【高津区】葬儀の食事内容と種類とは?評判の良い葬儀社へご依頼を

葬儀は多くの方が人生の最期に経験することであり、参列者が故人を偲ぶ場です。高津区でも様々な葬儀スタイルがありますが、どのスタイルでも食事が出されることが多いです。食事は喪家が参列者や来ていただいた僧侶に対して出すものであり、会食を通じて故人を偲び供養します。通夜や葬儀以外にも、火葬や初七日でも食事を用意しなければなりません。

用意する食事はお腹いっぱい食べてもらうというよりも、参列者みんなで故人を思う場という意味合いが強いです。初めて葬儀をする方にとっては、どんな食事を用意すればいいかわからないのではないでしょうか。そこで、こちらでは葬儀のときの食事内容と種類について解説します。

高津区での葬儀の際に用意する食事の種類とは

高津区での葬儀の際に用意する食事の種類とは

葬儀での食事は通夜、葬中、初七日で用意します。参列した遺族や親族、そして来ていただいた僧侶が故人を偲んで供養する場です。

●通夜

通夜では通夜振る舞いという食事を用意し、通夜に参列した人に料理やお酒を振る舞うことが故人の供養になるとされています。お酒は故人を清める意味があるので、必ず用意しなければなりません。参列者が食事の席についたら、喪主の開式の挨拶、会食、そして喪主の閉式の挨拶という流れで進めます。

●葬中

葬中では告別式の後、火葬の間、火葬後に食事を振る舞います。このときには、精進落としとして会食しますが、現在では法要の後に出す食事も精進落としとすることがあります。食事をするときは献杯する決まりであり、故人に対して敬意を表し、死を悼んで行います。ただし、献杯は盛大に行うのではなく、静かに行うのが特徴です。

●初七日

初七日では、火葬場にいるときと初七日法要の後のどちらかで食事を提供します。このときの食事は、葬儀に参列した人や僧侶に対し、お礼を込めてもてなす意味があります。

葬儀ではこれら3回の会食の場を設けるのが一般的ですが、地域のしきたりや遺族・親族の考え、お寺の方針などによって、通常と行い方やタイミングが違う場合もあるので、事前に確認した方が良いでしょう。

高津区の葬儀での食事内容は?

高津区の葬儀での食事内容は?

葬儀での食事は前述した通り、通夜、葬中、初七日の3回です。それぞれの会食の場は意味合いが違うので、それぞれで用意する食事も違います。

●通夜

通夜の席での通夜振る舞いでは、昔は肉や魚、ネギなど香りの強い食べ物は避けて、精進料理を出すことがほとんどでした。これは仏教の考えからきていますが、現在の通夜振る舞いでは、故人が生前好きだった食事を出すこともあるので、好きなものを提供して構いません。ほとんど食事に手をつけずに帰る人もいるために、軽食、寿司、オードブルなど大勢で気軽に食べられる食事を出すことが多いです。

●葬中

葬中の精進落としでは会食する人数がわかっているため、1人ずつ食べられるような仕出し弁当や寿司、懐石料理などを用意しておきます。また、通夜振る舞いと同じ食事にならないように工夫してください。これは通夜振る舞いと精進落としは、同じ参列者が出席することが多いからです。

●初七日

初七日での食事も、精進落としのときと同じように、1人ずつ食べられる形式のものを出します。僧侶が会食に参加できない場合は、御膳料の名目で食事代を包んで渡すようにしましょう。費用は5,000円~10,000円程度です。すでに火葬のときに食事をしていれば、持ち帰り用弁当を渡すときもあります。

葬儀では通夜、葬中、初七日にふさわしい食事を用意しよう!評判の葬儀社へご相談を

どんな葬儀のスタイルでも、参列者や僧侶に対して食事を用意します。それは故人を偲ぶためであり、または参列した方や僧侶をねぎらう意味もあるからです。通夜、葬中、初七日で会食の意味合いは違うので、ふさわしい食事を用意してください。

高津区で葬儀をするなら、花葬へご相談ください。食事についても、親身になって色々とアドバイスをしてくれると評判です。

事前相談はこちら

お役立ちコンテンツ

川崎で葬儀社を利用しての家族葬のご相談は【(株)花葬】へ

会社名 株式会社 花葬
住所 〒211-0053 神奈川県川崎市中原区上小田中6-7-1
電話番号 0120-594-073
URL https://hanasou-sougi.co.jp/
資料請求特典