お亡くなり・ご危篤の場合

家族葬なら川崎・横浜の「(株)花葬」。

コンテンツ

コンテンツ

宮前区で葬儀をする前に!家族葬での参列者の決め方は?会社への連絡の流れ

葬儀には個人葬、1日葬、一般葬などのスタイルがありますが、近年よく耳にするのが家族葬です。身内や知人などの故人と縁のあった人のみが葬儀に参列して行うスタイルであり、一般葬よりも葬儀費用が安くできるというメリットがあります。川崎市宮前区でも、家族葬を行いたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

家族葬を行うときには、誰を葬儀に呼ぶか悩むことがあります。家族や身内などの故人と親しい人のみを呼ぶのが一般的ですが、知人や職場の人でも故人の葬儀に参列したいと考える方はいるため、事前に説明をしておかなければトラブルになりかねません。こちらでは、家族葬に呼ぶ人はどのようにして決めればいいのか、会社への連絡はどのような流れになるのかを解説します。

宮前区の葬儀で家族葬の参列者の決め方

宮前区の葬儀で家族葬の参列者の決め方

家族葬は、直系の家族や近親者などを呼ぶのが一般的であり、故人と縁のある人だけを呼んで葬儀を行うので家族葬といいます。一般葬とは違い限られた人のみが参列するため、事前に参列者を決めておき、周囲の人に家族葬で葬儀を行うことを知らせておかなければなりません。

●家族葬の参列者

家族葬は直系の家族や近親者、具体的にいうと故人の両親、子どもの家族、兄弟、配偶者とその父母まで参列するのが一般的です。ただし、明確な定義はないので、この人は呼んではいけないという決まりはありません。生前に故人と交流が深かった人や献身的に介護した人などは、参列することもあるでしょう。

原則として、参列して欲しい人には葬儀の案内書を送付し、参列者以外には故人が亡くなったことの連絡をする際に、家族葬で執り行う旨を書き添えて案内を送ります。参列しない方には、香典も不要であることを忘れずに連絡しなければなりません。家族葬を自宅で行うときは、葬儀当日に急遽、近所の方が顔を出すかもしれません。近所の方が来たときは、どう対応するのかも事前に決めておくようにしましょう。家族葬を行う際は、参列しない方への連絡も欠かさないようにしておきましょう。

職場への連絡の流れ

職場への連絡の流れ

家族葬は、故人と縁のある人のみを呼ぶので、会社の方へは葬儀の案内書は送付しないのが一般的です。ただし、会社の方が参列しないといっても、葬儀を行うことの連絡は必要となります。故人が勤めていた会社には退職などの手続きを行ってもらわなければならず、遺族が勤めている会社にも休暇申請の連絡が必要な場合もあるからです。会社に総務部門があれば総務に連絡し、どのように対応すべきかを確認します。その後、直属の上司に連絡しておきますが、会社に伝えることや流れは以下の5つです。

1.誰が亡くなったか

会社に勤めていた人ならその人のことを、親族なら故人との関係を説明します。

2.葬儀スタイル

家族葬を行うので、会社の人の参列は遠慮してもらうことを伝えます。身内だけで葬議をすることを伝えてください。

3.いつまで休むか

会社に休みを取るときは、いつまで休むか連絡します。会社によっては、忌引休暇を申請できる場合もありますが、忌引休暇で足りないときは有給休暇を使ってください。

4.休暇中の連絡先

緊急連絡先を会社に教えます。葬儀中であっても万が一に備えて、会社からの電話を受けられるようにしておきましょう。

5.香典について

香典、弔電、供花、供物を受け取るかどうか連絡します。家族葬の限られた人数でも会社の人が参加したいというときがあるので、その場合には香典は受け取らないと伝えてください。会社によっては福利厚生の一環で香典を出すと決まっている場合もあるので、その時は素直に受け取りましょう。

宮前区で家族葬を行うときの会社への連絡は忘れずに!

家族葬は限られた人が参列する葬儀なので、参列者へはもちろん、当日参列しない人への連絡も欠かせません。連絡せずにいると、後々トラブルへと発展する可能性もあります。家族葬は一般葬と違う部分が多いので、何かとわからないことがあるでしょう。宮前区で家族葬を行うなら、花葬にご相談ください。些細な疑問などにも丁寧にお答えいたします。

他社との違い

お役立ちコンテンツ

川崎で葬儀社を利用しての家族葬のご相談は【(株)花葬】へ

会社名 株式会社 花葬
住所 〒211-0053 神奈川県川崎市中原区上小田中6-7-1
電話番号 0120-594-073
URL https://hanasou-sougi.co.jp/
資料請求特典