横浜市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2020/10/10

横浜市の家族葬向けの葬儀場と葬儀社

「横浜で家族葬をしたいけれど、どの葬儀場を利用すればよいのだろう…」、「家族葬におすすめの葬儀社について知りたい…」など、横浜で家族葬を営まれる方は、葬儀場や葬儀社などについて事前に情報を得ておきたいところでしょう。

今回は、そんな方に向けて、おすすめの葬儀場や葬儀社、費用相場や注意点など、横浜の家族葬について徹底解説します。家族葬の際に役立つ内容となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.横浜の家族葬におすすめの葬儀場

横浜で家族葬などの葬儀を営む場合は、公営斎場を利用することがおすすめ。

 

公営斎場は、横浜市民の方は、火葬場の利用が17,000円程度、葬祭ホールの利用が、50,000円~220,000円程度と、民営斎場に比べて、比較的安い金額で利用することができるのが魅力。

 

尚、葬儀に公営斎場を利用したい場合は、手配などを全て自分自身で行う必要があり、葬儀社に手配を依頼することが一般的となっています。

 

ここでは、横浜の家族葬におすすめの4つの公営斎場を紹介します。

 

2.横浜市戸塚斎場

戸塚区にある戸塚斎場は、戸塚区や泉区、旭区、栄区、港南区など横浜市南部や西部の方が利用することの多い公営斎場。

 

一般葬や家族葬など、さまざまな種類の葬儀が執り行われ、ペット火葬ができる唯一の公営斎場としても有名な施設です。

 

建物は2階建てとなっており、1階と2階にそれぞれ64席入る葬祭ホールがあり、6炉の火葬場も併設されています。

 

駐車場は約50台となっており、電車を利用する場合は、市営地下鉄ブルーライン踊場駅、JR線と市営地下鉄ブルーラインの戸塚駅、相鉄いずみ野線の弥生台駅などから、徒歩やバス、タクシーなどを利用して行くことが可能です。

 

戸塚斎場の施設概要

住所 〒244-0001  神奈川県横浜市戸塚区鳥が丘10番地の5
電話番号 045-864-7001
火葬炉の数 6炉
火葬場の休憩室の数 8室(5室は40人用、3室は20人用)
葬祭ホールの数 2室(1階と2階にそれぞれ1室ずつ)
葬祭ホールの席数 各室64席

市営斎場のご案内|横浜市より筆者作成)

3.横浜市北部斎場

横浜市緑区に位置する公営斎場が、北部斎場。北部斎場は、緑区や青葉区、都筑区、瀬谷区、旭区、保土ヶ谷区など、横浜市北部の方に多く利用され、白を基調とした高級感のある佇まいが印象的。

 

一階建ての施設には、16炉の火葬場と100席入る部屋が4室ある葬祭ホールがあり、駐車場には180台のスペースがあるなど、横浜市の公営斎場の中でも、最も大きい規模の葬儀場となっています。

 

電車やバスを利用しての北部斎場へのアクセスは、JR横浜線の十日市場駅南口を降りてバスに乗り、下車後徒歩10分程度で施設に着くことができます。

 

横浜市北部斎場の施設概要

住所 〒226-0026 横浜市緑区長津田町5125番地1
電話番号 045-921-5700
火葬炉の数 16炉
火葬場の休憩室の数 16室(14室は40人用、2室は20人用)
葬祭ホールの数 4室(全て1階にあります)
葬祭ホールの席数 各室100席

市営斎場のご案内|横浜市より筆者作成)

4.横浜市南部斎場

南部斎場は、横浜市金沢区に位置し、金沢区、磯子区、栄区、港南区など、横浜市南部の方に多く利用されている公営斎場。

 

2階建ての施設には、1階に48席、2階に67席入る葬祭ホールと10炉の火葬場があり、南部斎場を家族葬に利用するといったケースも少なくありません。

 

そして、約74台の広い駐車スペースが確保されているため、車で来場される方も多くなっています。電車で行く場合は、京浜急行線の金沢八景駅からバスを利用、金沢文庫駅西口からタクシーを利用するなどの手段でアクセスが可能です。

 

南部斎場の施設概要

住所 〒236-0036 横浜市金沢区みず木町1番地
電話番号 045-785-9411
火葬炉の数 10炉
火葬場の休憩室の数 7室(40人用)
※7室のうち2室は、仕切りをすることで
20人用として利用が可能。
葬祭ホールの数 2室(1階と2階にそれぞれ1室ずつ)
葬祭ホールの席数 1階 48席 / 2階 67席

市営斎場のご案内|横浜市より筆者作成)

5.横浜市久保山斎場

久保山斎場は、火葬場のみの施設であり、西区や保土ヶ谷区、神奈川区、南区、中区など横浜市東部の方に利用されることの多い公営斎場。

 

葬祭ホールには、久保山斎場から徒歩2分の場所にある久保山霊堂を利用することができ、近隣の寺院斎場や民営斎場などを葬祭ホールに利用される方も少なくありません。

 

3階建ての久保山斎場は、バリアフリーの建物となっており、約80台の広い駐車スペースがあります。電車でのアクセスは、京浜急行線の黄金町駅、JR横須賀線の保土ケ谷駅、相鉄線の西横浜駅のいずれかの駅から市営バスに乗り、「久保山霊堂前」で下車することで施設に到着します。

 

久保山斎場の施設概要

住所 〒220-0063 横浜市西区元久保町3番1号
電話番号 045-231-3060
火葬炉の数 12炉
火葬場の休憩室の数 12室(40人用)

市営斎場のご案内|横浜市より筆者作成)

6.横浜の家族葬におすすめの葬儀社 花葬のプラン一例

横浜での家族葬には、神奈川県の葬儀社である花葬にお任せください。横浜市や川崎市の葬儀を多く行う花葬は、必要なサービスをお客様自身で厳選して選ぶことができるなど、安心の低価格を実現している葬儀社です。

 

日本経済リサーチ株式会社による2020年度2月期の「主要な川崎市・横浜市エリア葬儀会社イメージ比較調査」では、口コミ度、地域貢献度、安心と信頼の項目で3冠を達成するなど、しっかりとした実績があります。

 

ここでは、通夜、告別式を行う花葬の2日葬プランの一例を紹介。2日葬プランは、花葬で最も依頼数の多い一般的なプランです。こちらのプランは主に、

 

  • 親戚にもゆっくりとお別れしてほしい

 

  • 費用を抑えながらも、しっかりと家族葬で故人を送りたい

 

  • 故人が高齢であったため、知らせる方が少ない

 

などといった人におすすめ。

 

価格は、税込388,000円となっており、余計な費用を一切省いた格安の料金設定が魅力です。

 

そして花葬では、スタッフが無料で作成する、ご家族との思い出の写真や生前のご愛用の品などを飾らせていただく「思い出コーナー」が大好評となっており、スタッフの温かい対応なども多くのお客様に選ばれる理由の1つとなっています。

 

7.家族葬の費用相場とは?

費用相場と一言にいっても、葬儀規模や葬儀スタイルなどは葬儀によって大きく異なるため、一概に家族葬の費用はいくらといえるものではありません。

 

そして、一般葬と同じく通夜、告別式などを執り行うことの多い家族葬ですが、参列者の数などは一般葬よりも少なく、葬儀規模も小さい傾向にあるため、費用は一般葬よりも安く抑えられるといったケースが多くなっています。

 

一般的な費用相場は、家族葬が100万円~150万円程度、花葬では50万円~80万円程度です。

8.家族葬を営む際の注意点

家族葬を営む際は、以下の点に注意します。

 

  • 家族葬で行いたい内容を考えておく

 

  • 家族葬にお呼びしない方には、会葬辞退のご案内などを送る

 

  • 参列者が少ない分、香典が少なくなることも考慮して葬儀プランを選ぶ

 

家族葬には、これといった形式がなく、無宗教葬儀など希望する自由な形式での葬儀を執り行うことができます。

 

ご遺族の方は、家族葬で行いたい内容を予め考えておくことが大切。希望する内容がまとまっていない場合は、まず、葬儀社に相談するのもよいでしょう。葬儀社が色々なプランを提案してくれることで、イメージがまとまったというケースも少なくありません。

 

そして、家族葬にお呼びしない方には、会葬辞退のご案内を送ることを忘れずに行っていきましょう。会葬辞退のご案内を送ることで、「呼ばれていない…」などのトラブルを事前に回避することができます。

 

また、家族葬は、参列者を家族などの親しい人に限定するため、香典が少なくなるといったことも予め考慮しなければなりません。香典の総額が少なくなることで、支払う葬儀費用が高額になる可能性があるということも念頭に入れて葬儀プランを決めていくことが大切になります。

9.横浜で家族葬を営まれる方は花葬へご相談を

横浜の家族葬におすすめの葬儀場や葬儀社などについて解説しました。横浜で家族葬をするなら、神奈川県の葬儀社である花葬へ葬儀を依頼ください。花葬は、低価格を実現し、口コミ満足度が高く、地域のお客様から厚い信頼を得ている横浜の葬儀社です。

 

横浜の家族葬でお悩みの方は、ぜひ一度花葬へご相談ください。

 

10.筆者プロフィール

 

㈱花葬は、現代表の大屋徹朗(※平成21年9月30日に「葬祭ディレクター1級」を取得)が、大手葬儀社の営業時代に感じた『もっと低価格でご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービスを提供したい』との思いから、2017年に川崎市中原区で創業した葬儀社です。2021年10月で創業5年目を迎えますが、2021年5月末現在、横浜市・川崎市で既に1.500件以上の葬儀提供実績があり、おかげ様で多数のメディアでも取り上げられております。

 

現在、川崎フロンターレと川崎ブレイブサンダースの公式スポンサーを務めており、両者と地域貢献活動でも連携を取っております。その取り組みが評価され、2020年、2021年に社会貢献が川崎市より評価され、表彰を受けました。また、2021年より「SDG.S 川崎市ゴールドパートナー」としても認定されています。

 

弊社では、可能な限りお客様のご要望を叶えるための柔軟な葬儀プランと併せて、川崎市の公営斎場(かわさき南部斎苑、かわさき北部斎苑)と横浜市の公営斎場(横浜市戸塚斎場、横浜市久保山霊堂、横浜市南部斎場、浜市北部斎場)を利用することで、出来るだけ葬儀費用を安くするご提案を実施しております。

 

お陰様で、弊社はご利用いただいた皆様からの評価が非常に高く、「ご紹介」や「リピート」でのご依頼が半数を占めます。これからも『ご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービス』をモットーに、高品質な葬儀サービスのご提供に努めて参ります。

 

 

運営会社:株式会社花葬

川崎フロンターレ・川崎ブレイブサンダース 公式スポンサー

運営会社の紹介はこちら!

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名 価格(税抜) 人数の目安 葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000 人数の目安10名程度にオススメ 葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000 人数の目安20名程度にオススメ 葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000 人数の目安30名程度にオススメ 葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000 人数の目安100名程度にオススメ 葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。