横浜市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2022/04/12

横浜市の家族葬の基礎知識

近年、横浜市では家族葬が人気です。横浜市では、家族葬におすすめの葬儀場や葬儀社があります。

今回は、横浜市で家族葬を検討している方には知っておきたい基礎知識や注意点、おすすめの葬儀場や葬儀社などを紹介します。ぜひご覧ください。

1.家族葬とは

家族葬は、ごく親しい人だけで行うお葬式です。家族葬に明確な決まりはなく、参列者の範囲もお葬式によってさまざまです。

 

遺族のみ、遺族と親族、親族とごく親しい友人など、故人や遺族の意向に沿って参列者の範囲が決まります。

 

また、式次第もさまざまです。家族葬でお花いっぱいの豪華な葬儀を行う、一日葬や火葬式・直葬の式次第を行う、自由葬を行うなど色々なケースがあります。

 

核家族化やライフスタイルの変化、新型コロナウィルス感染症の流行などの影響もあり、横浜市で家族葬を選択する方が増えています。

 

2.横浜市の家族葬で知っておきたいこと

横浜市で家族葬を行う場合に、知っておきたい基礎知識を以下にまとめました。

 

●横浜市のしきたり

●横浜市の家族葬における葬儀費用相場

●横浜市で家族葬を安くする方法

 

ここからは、上記を詳しく解説します。

 

横浜市のしきたり

横浜市で昔ながらの慣習を行う地域は少なくなっています。東京などと同じく都会的なお葬式が選択され、しきたりや形式にとらわれず、自由な形式の葬儀を行うケースが増えているでしょう。

 

横浜市金沢区などでは、『白い豆腐で身体を清める』という意味合いから、豆腐1丁を親族で食べる慣習があります。

 

また横浜市では、通夜、葬儀・告別式の後に火葬を行う後火葬が主流です。横浜市の火葬場は混雑していることも多く、ご遺体をご自宅や安置所で数日間安置するケースもあります。

 

横浜市は通夜の後にお酒や料理を振る舞う「通夜振る舞い」が行われることも多い地域です。

 

横浜市の家族葬における葬儀費用相場

横浜市の家族葬の費用相場は、約60万~80万円です。一般葬の費用相場約100万~200万円に比べると、安い費用相場といえるでしょう。

 

また、家族葬の葬儀規模を小さくすれば、50万~80万円よりも葬儀費用を安くおさえることも可能です。

 

横浜市で家族葬を安くする方法

横浜市で家族葬を安くするには、以下のような工夫が必要です。

 

●公営斎場を利用する

●簡略化されたお葬式を行う

●参列者の人数を少なくする

 

公営斎場は寺院斎場や民営斎場に比べて料金が安いため、費用を抑えられるでしょう。また、家族葬で火葬式・直葬や一日葬など簡略化されたお葬式をすれば、その分料金が安くなります。参列者の人数を少なくすれば、小さめの葬祭ホールを借りられます。

 

上記の3つの方法を全て行うと、更に費用を抑えられるでしょう。

 

3.横浜市の家族葬でよく利用される葬儀場

横浜市の家族葬には、戸塚斎場北部斎場南部斎場久保山斎場の4つの公営斎場がよく利用されています。

 

公営斎場は、葬祭ホールと火葬場が併設されているため、移動の手間が省けます。また、料金が安いのが特徴です。一般葬から家族葬、火葬式・直葬までさまざまな葬儀に利用されています。

 

横浜市公営斎場一覧

名称 住所 電話番号 斎場(葬祭ホール)の

有無

戸塚斎場 〒244-0001

横浜市戸塚区
鳥が丘10-5

045-864-7001 有り
北部斎場 〒226-0026

横浜市緑区
長津田町5125-1

045-921-5700 有り
南部斎場 〒236-0036

横浜市金沢区
みず木町1番地

045-785-9411 有り
久保山斎場 〒220-0063

横浜市西区
元久保町3-1

045-231-3060 無し

※近隣にある久保山霊堂が斎場(葬祭ホール)として利用可能。

市営斎場のご案内|横浜市より筆者作成)

 

斎場(葬祭ホール)の利用料金

名称 横浜市内 横浜市外
戸塚斎場 各室:50,000円 各室:75,000円
北部斎場 1室利用時:各室80,000円

大ホール利用時:220,000円

1室利用時:各室120,000円

大ホール利用時:330,000円

南部斎場 各室:50,000円 各室:75,000円
久保山霊堂 1時間:4,000円(通夜・告別式)

1時間:1,000円(法事など)

1時間:10,000円(通夜・告別式)

市営斎場のご案内|横浜市より筆者作成)

 

火葬場の利用料金

区分 横浜市内 横浜市外
10歳以上 12,000円 50,000円
10歳未満 8,000円 34,000円
死胎児 2,400円 10,000円
人体の一部 2,400円 10,000円

火葬料金・休憩室使用料金|横浜市より筆者作成)

 

4.横浜市の家族葬におすすめの葬儀社・注意したい葬儀社

横浜市で家族葬を行う場合、おすすめの葬儀社と注意したい葬儀社があります。ここからは、おすすめの葬儀社、注意したい葬儀社をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

おすすめの葬儀社

横浜市の家族葬におすすめの葬儀社は、地域密着型の葬儀社です。地域密着型の葬儀社は、地域のしきたりをよく理解し、横浜市での葬儀実績が豊富にあります。

 

お葬式は、地域特有のしきたりや慣習があるため、地域の葬儀事情に詳しい葬儀社に依頼するのが最も安心できます。地域に根付いた葬儀社であれば、以下のようなお葬式に関する質問にもスムーズに回答してくれるでしょう。

 

「宗派に関することが知りたい」

「横浜市特有のしきたりは?」

 

また、葬儀場や費用についても詳しい情報を知っているため、気軽に相談することが可能です。

 

注意したい葬儀社

横浜市の家族葬に注意したい葬儀社は、ネットの葬儀社です。一都三県対応や全国対応などのネットの葬儀社は、地域に根付いていないため、注意が必要です。

 

ネットの葬儀社に依頼しても、地域のしきたりや葬儀事情を理解していないため、葬儀に関する疑問が解消されません。そのため宗教儀式に関する内容を自身で調べ、菩提寺に問い合わせるなど、遺族に余計な手間がかかるケースもあります。

 

お葬式の準備が始まると、葬儀内容について決めることが多く、遺族は時間に追われます。葬儀社が曖昧な対応であると遺族のやるべきことが増え、更に忙しくなってしまうことも考えられるでしょう。

 

お葬式に同じだけの費用を支払うなら、地域に根付いた葬儀社を選ぶ方が安心できます。

 

「申し込みが簡単だから」

「どの葬儀社に依頼すればよいかよく分からないから」

 

などの理由で安易にネットの葬儀社に決めてしまうのは危険です。

 

葬儀社を決める際は数社を比較検討して情報収集しながら、後悔のないように選びましょう。

 

5.横浜市の家族葬における注意点

横浜市の家族葬は、以下のような点に注意します。

 

●参列者の呼ぶ範囲

●葬儀場までの距離

●香典の金額を考慮

 

ここからは、上記を詳しく紹介します。

 

参列者の呼ぶ範囲

家族葬は、まず参列者の呼ぶ範囲を明確にしなければなりません。遺族と親族、遺族と親族とごくしたい友人までなど、どこまでの範囲の人をお呼びするのかを決め、それに応じた対応をする必要があります。

 

訃報の連絡は、葬儀にお呼びする人までにするのが基本です。参列者以外の方に連絡を入れてしまうと、弔問に訪れる可能性もあり、かえって混乱を招くこともあります。

 

そのため参列者以外の方には、お葬式の後にハガキなどで「葬儀は近親者のみにて執り行なったこと」を報告します。

 

葬儀場までの距離

葬儀場までの距離を確認しましょう。

 

具体的には、バスやタクシーなど葬儀場までのアクセス方法や時間、駅からの徒歩での距離などを確認します。葬儀場までのアクセスが悪いと、参列者が不便に感じてしまいます。身体の不自由な方や高齢者などがいる場合は、特に注意が必要です。

 

費用面や葬儀場の雰囲気、施設設備なども大切ですが、葬儀場までの距離も選ぶ際の重要なポイントです。

 

時間があれば実際に葬儀場まで出向き、アクセスについて確認しましょう。

 

香典の金額を考慮

参列者の人数から貰える香典の金額を予め把握します。

 

家族葬で貰える香典の金額を予想すると、葬儀費用を想定できます。香典の金額を想定しなければ、葬儀後に「葬儀費用が思ったよりも高かった」など後悔することもあります。

 

参列者の人数から香典の金額を把握し、無理のない範囲で葬儀を行いましょう。

 

6.本記事のまとめ

家族葬では、横浜市のしきたりをよく理解している葬儀社に依頼することが大切です。全国対応や一都三県対応などのネットの葬儀社は、しきたりをよく理解していないため、くれぐれも注意が必要です。

 

弊社の花葬は、横浜市や川崎市の地域に根付いた葬儀社です。地域の葬儀実績が豊富にあるため、安心して葬儀を任せられます。

 

横浜市の葬儀にお悩みの方は、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。

 

7.筆者プロフィール

 

㈱花葬は、現代表の大屋徹朗(※平成21年9月30日に「葬祭ディレクター1級」を取得)が、大手葬儀社の営業時代に感じた『もっと低価格でご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービスを提供したい』との思いから、2017年に川崎市中原区で創業した葬儀社です。2021年10月で創業5年目を迎えますが、2021年5月末現在、横浜市・川崎市で既に1.500件以上の葬儀提供実績があり、おかげ様で多数のメディアでも取り上げられております。

 

現在、川崎フロンターレと川崎ブレイブサンダースの公式スポンサーを務めており、両者と地域貢献活動でも連携を取っております。その取り組みが評価され、2020年、2021年に社会貢献が川崎市より評価され、表彰を受けました。また、2021年より「SDG.S 川崎市ゴールドパートナー」としても認定されています。

 

弊社では、可能な限りお客様のご要望を叶えるための柔軟な葬儀プランと併せて、川崎市の公営斎場(かわさき南部斎苑、かわさき北部斎苑)と横浜市の公営斎場(横浜市戸塚斎場、横浜市久保山霊堂、横浜市南部斎場、浜市北部斎場)を利用することで、出来るだけ葬儀費用を安くするご提案を実施しております。

 

お陰様で、弊社はご利用いただいた皆様からの評価が非常に高く、「ご紹介」や「リピート」でのご依頼が半数を占めます。これからも『ご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービス』をモットーに、高品質な葬儀サービスのご提供に努めて参ります。

 

 

運営会社:株式会社花葬

川崎フロンターレ・川崎ブレイブサンダース 公式スポンサー

運営会社の紹介はこちら!

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名 価格(税抜) 人数の目安 葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000 人数の目安10名程度にオススメ 葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000 人数の目安20名程度にオススメ 葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000 人数の目安30名程度にオススメ 葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000 人数の目安100名程度にオススメ 葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。