横浜市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2022/06/20

横浜市の自宅葬のメリットやデメリット、費用、葬儀社をプロが解説

自宅葬は、慣れ親しんだ自宅で故人を送る葬儀です。
横浜市では、新型コロナウィルス感染症などの影響により、近年自宅葬を行う人が増えています。

葬儀では、遺族や故人が納得する形の葬儀を選ぶことが何よりも大切です。
今回は、横浜市の自宅葬のメリットやデメリット、費用相場、おすすめの葬儀社などを紹介します。
ぜひ参考にしてください。

自宅葬とは

自宅葬とは、故人が慣れ親しんだ自宅で行う葬儀を指しています。斎場などで行う葬儀形式とは異なり、遺族や親族などで思い出に浸り、自宅でゆっくり故人を送ることができます。

葬儀形式に捉われることなく自由な形式の葬儀ができ、会場使用料などがかからないのも自宅葬の大きな魅力です。

一昔前までは、セレモニーホールや斎場で行う葬儀が一般的でした。しかし近年は、新型コロナウィルス感染症の流行などを受け、横浜市で自宅葬を選択する方が増えているのです。

横浜市で自宅葬を行うメリット・デメリット

横浜市の自宅葬には、以下のようなメリットやデメリットが挙げられます。

 

メリット①自宅でゆっくり故人を送れる

メリット②移動の手間が省ける

メリット③斎場使用料がかからない

メリット④自由な形式の葬儀を選択できる

 

デメリット①近所へ配慮しなければならない

デメリット②マンションやアパートでは自宅葬ができないケースがある

デメリット③準備や片付けの手間がかかる

デメリット④葬儀を行えるだけのスペースが必要

 

ここからは、上記を詳しく見て行きましょう。

 

メリット①自宅でゆっくり故人を送れる

 

自宅でゆっくり故人を送れるのは、自宅葬の大きなメリットです。

斎場で行う一般的な葬儀では、多くの参列者を招いて宗教的儀式を行うなど、慌ただしく葬儀が進むことも少なくありません。その点、自宅葬は住み慣れた我が家で葬儀を行うため、リラックスした形の葬儀ができます。

また、「最後は自宅に帰りたい」という故人の希望を叶えられるのも自宅葬の魅力です。思い出の詰まった自宅で家族のみのアットホームな葬儀を行う人も多くいます。

 

メリット②移動の手間が省ける

 

自宅葬では、斎場まで移動の手間が省けます。高齢者や身体の不自由な方にとって、斎場までの移動が負担になることも多いでしょう。

その点自宅葬は、斎場まで移動する必要がないため、参列者の身体的負担を軽減できます。

 

メリット③斎場使用料がかからない

 

自宅葬は葬儀を自宅で行うため、斎場使用料がかかりません。

横浜市で斎場を借りると、費用の安い公営斎場でも最低5万円以上の費用がかかります。一方自宅葬は斎場使用料を抑えられるため、遺族の金銭的負担を軽減することが可能です。

 

メリット④自由な形式の葬儀を選択できる

 

故人の思い出の品を飾る、故人が生前好きだった音楽を流すなど、自宅葬は自由な形式で葬儀を行うことが可能です。また、斎場で葬儀を行う場合使用時間が決まっていますが、自宅葬に時間の制限はありません。火葬の時間に合うようにすればよいため、自由に時間を使えます。

「自由な形で故人を送りたい」という希望のある方に、自宅葬は大きなメリットになります。

 

デメリット①近所へ配慮しなければならない

 

自宅葬を行う場合、近所の方への配慮が必要不可欠です。

棺の出し入れや僧侶を招いての読経、霊柩車など葬儀当日は自宅周辺が騒がしくなる可能性があります。近所の方が驚いてしまわないよう、事前に自宅葬を行う旨を伝えておくのがよいでしょう。

また、自宅葬の時間帯にも気を配り、常識の範囲内で葬儀を行う必要があります。

 

デメリット②マンションやアパートでは自宅葬ができないケースがある

 

横浜市のマンションやアパートでは、自宅葬ができないケースもあります。集合住宅の規約によっては、自宅葬が禁止されていることもあります。

横浜市のマンションやアパートで自宅葬を希望する場合は、まず管理人や管理会社に自宅葬について問い合わせ、確認しなければなりません。

 

デメリット③準備や片付けの手間がかかる

 

自宅葬では、準備や片付けの手間がかかります。部屋の片づけや飾りつけ、参列者をもてなすための準備、片づけなどが遺族の負担になるケースもあるでしょう。

そのため横浜市で自宅葬を選択する場合は、準備や片付けの手間も考慮しなければなりません。

 

デメリット④葬儀を行えるだけのスペースが必要

 

自宅葬は、葬儀を行えるだけのスペースが必要になります。具体的には、棺の出し入れや仏具の置き場、僧侶や参列者が座るスペースなどが必要です。

また、階段やエレベーターの幅を計り、棺が通れるかを確認しなければなりません。部屋が狭く、葬儀を行えるだけのスペースがないといった場合には、自宅葬が難しいケースもあります。

横浜市の自宅葬の費用相場

横浜市の自宅葬の費用相場は、20万~30万円程度です。

自宅葬では斎場使用料がかからないため、その分葬儀費用が安く抑えられます。火葬場の使用料金や葬儀社にかかる費用などがありますが、一般葬が100万~200万円程度、家族葬が50万~100万円程度と比べても費用はかなり安くなります。

自宅葬を葬儀社に依頼せず全て自分達だけで行うケースでは、5万円程度の費用になります。しかし、実際は遺族だけで全てを用意するのは難しく、葬儀社に依頼するのが一般的になるでしょう。

 

横浜市の自宅葬の費用相場

20万~30万円程度

 

横浜市の自宅葬の葬儀社の選び方

横浜市の自宅葬で葬儀社を選ぶ場合、以下の3点を抑えます。

 

  • 横浜市で評判の良い葬儀社
  • 横浜市のことをよく理解している葬儀社
  • 自宅葬の実績が豊富な葬儀社

 

ここからは、上記の内容を詳しく紹介します。

 

横浜市で評判の良い葬儀社

 

自宅葬では、横浜市で評判の良い葬儀社を選びましょう。具体的には、インターネットなどで横浜市の口コミ評価を確認し、葬儀実績やスタッフの対応、費用感などを確認します。

 

横浜市のことをよく理解している葬儀社

 

自宅葬には、横浜市のことをよく理解している葬儀社がおすすめです。

最近では、一都三県対応や全国対応などの葬儀社をよく見かけます。しかし、これらの葬儀社は地域の慣習などをよく理解していないケースが多いのが特徴です。実際に一都三県対応や全国対応の葬儀社に依頼し、トラブルに発展したというケースもあります。

 

自宅葬の実績が豊富な葬儀社

 

横浜市の自宅葬の実績が豊富な葬儀社を選びましょう。

自宅葬の実績については、葬儀社への資料請求や問い合わせの際に確認しましょう。また、どのようなプランが実現でき、こちらの要望をどこまで聞いてくれるかなど、柔軟な対応をしてくれる葬儀社を見極めることも大切です。

自宅葬を依頼するなら、横浜市に精通している地域に根付いた葬儀社を選びましょう。地域密着型の葬儀社は横浜市のしきたりを把握しているため、安心して葬儀を任せられます。

費用感やスタッフの対応などを確認しながら、信頼できる葬儀社を選びましょう。

まとめ

横浜市の自宅葬には、自宅でゆっくり故人を送れる、斎場使用料がかからないなどのメリットがあります。また、近所への配慮が必要不可欠であり、準備や片付けの手間がかかるなどのデメリットもあります。

メリットやデメリットを理解した上で、自宅葬を選ぶことが大切です。

 

弊社の花葬は地域に根付いた横浜市の葬儀社です。地域の慣習やしきたりをよく理解し、自宅葬の実績も豊富にあります。また、横浜市の口コミで三冠を達成するなど、口コミ評価が高いのも花葬の大きな特徴です。

 

横浜市の自宅葬でお悩みの方は、ぜひこれを機会に弊社・花葬までご相談ください。弊社スタッフが、お客様の要望に応え、納得の葬儀を提供いたします。

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名 価格(税抜) 人数の目安 葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000 人数の目安10名程度にオススメ 葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000 人数の目安20名程度にオススメ 葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000 人数の目安30名程度にオススメ 葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000 人数の目安100名程度にオススメ 葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。