川崎市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2020/06/25

通夜振る舞いと精進落とし【2021年最新版】

通夜や葬儀の後に、食事やお酒を振る舞うことで故人を偲ぶのが、「通夜振る舞い」や「精進落とし」です。通夜振る舞いと精進落としは、参列者の人数によっても費用が大きく異なります。心のこもったおもてなしになるように、料理やマナーについて事前に知識をえておきたいところです。

今回は、通夜振る舞いと精進落としの料理やマナーを徹底解説します。ぜひ参考にしてください。

1.通夜振る舞いの料理とマナー

通夜振る舞いは、故人とともにするこの世で最後のお食事という意味があります。また、ご遺族から弔問客へ「何かつまんでいってください」と声を掛けてお礼とお清めをする意味もあります。

 

通夜振る舞いでは、食事やお酒を提供するのが一般的。通夜の終わりに声を掛けることで、参加する人と参加しない人が決まります。そのため、人数の予測が立てにくいといえます。参列者は、通夜振る舞いへの参加への声掛けには、できるだけ断らないのがマナーです。それは、通夜振る舞いの食事に箸を付けることで供養になるからです。事情がある場合は、目立たないように遺族や世話人に挨拶をして退席しましょう。

 

食事は、オードブル、お寿司、サンドイッチ、揚げ物や煮物など、盛り合わせ料理が多いです。お酒が入って盛り上がることもありますが、宴会ではないということを理解するのが大切です。故人の思い出を語るしめやかな席になるよう、遺族や参列者も心得ておきましょう。また、参列者は、長居をしないのが一般的です。

 

しかし、例外もあります。故人がお酒や賑やかな席が好きだった場合には、遺族や親せき、友人などで集まり、盛り上がることで、よい供養になることもあります。

2.通夜振る舞いの予算

通夜振る舞いの予算の立て方は、会葬者予想人数×7割+親戚の人数(1人あたり3,000円程度)で計算します。通夜の世話人やお手伝いの人は、食事に同席しません。別にお弁当を用意するか、同じ食事を別の部屋で食べてもらうのが一般的です。弔問客の全員が帰宅してから、会葬者と同じように食事やお酒でもてなします。

 

通夜振る舞いの食事の手配は、葬儀社に依頼しましょう。家族は葬儀の準備など忙しくなることが予想されるため、葬儀社が請け負うのが一般的です。

3.精進落としの食事とマナー

精進落としは、火葬後に自宅や式場に戻ってから、会食の運びになります。以前は、死後から四十九日までの間、遺族は肉と魚を避けた精進料理を食べ、忌明けに精進落としをふるまう風習がありました。現在では、四十九日まで精進料理を食べ続ける風習がなくなり、火葬後に会葬者へのお礼として精進落としの料理をふるまうケースが多くなっています。

 

精進落としの料理では、懐石料理や松花堂弁当をお出しするのが一般的です。肉や魚もメニューに加わります。レストランや懐石料理店などで席を設ける場合は、必ず精進落としの集まりであることを予約時に伝えなければなりません。精進落としの旨を伝えることで、マダイ、イセエビなどめでたい席に使われる食材を避けてくれます。

 

近年は、アレルギーの方も増えています。親せきや友人など参加人数の把握と同時にアレルギーについても事前に確認しておくとよいでしょう。

 

通夜振る舞いと同様に、精進落としは、主催者側(ご遺族側)が会葬者をもてなす席です。僧侶を上座、次に世話人が並ぶなど、席順を予め決めておくとスムーズに会食が運びます。

 

食事が始まると、喪主と遺族は参加者へお酌に回ります。年配者やお疲れの方がいる場合も多いでしょう。会葬者に負担のないように早めに区切りを付けるように配慮することも大切になります。

4.精進落としの予算

精進落としの1人あたりの予算は5,000円程度が相場です。お酒代は別途必要になります。参加人数が多い場合は、配膳人が必要になることも。

 

不明点については、葬儀社に事前に確認しておきましょう。

5.本記事のまとめ

通夜振る舞いや精進落としの食事、マナーについて解説しました。通夜振る舞いの料理には、主に、オードブルやお寿司、サンドイッチなど盛り合わせ料理が振る舞われます。精進落としの料理には、懐石料理や松花堂弁当が出されることが一般的です。故人を偲ぶ機会にふさわしい席になるよう、通夜振る舞いや精進落としのマナーを心得ておきたいところです。

 

弊社は、横浜市や川崎市の葬儀を請け負う地域密着型の葬儀社です。業界最安値の実施など低価格を実現。各メディアでも取り上げられ、多方面から地域の葬儀社として注目を集めています。

 

葬儀にお悩みの方は、ぜひ弊社へご相談ください。無料相談も承っておりますので、まずはお気軽にご連絡いただけると嬉しく思います。

6.筆者のプロフィール

 

㈱花葬は、現代表の大屋徹朗(※平成21年9月30日に「葬祭ディレクター1級」を取得)が、大手葬儀社の営業時代に感じた『もっと低価格でご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービスを提供したい』との思いから、2017年に川崎市中原区で創業した葬儀社です。2021年10月で創業5年目を迎えますが、2021年5月末現在、横浜市・川崎市で既に1.500件以上の葬儀提供実績があり、おかげ様で多数のメディアでも取り上げられております。

 

現在、川崎フロンターレの公式スポンサーを務めており、両者と地域貢献活動でも連携を取っております。その取り組みが評価され、2020年、2021年に社会貢献が川崎市より評価され、表彰を受けました。また、2021年より「SDG.S 川崎市ゴールドパートナー」としても認定されています。

 

弊社では、可能な限りお客様のご要望を叶えるための柔軟な葬儀プランと併せて、川崎市の公営斎場(かわさき南部斎苑、かわさき北部斎苑)と横浜市の公営斎場(横浜市戸塚斎場、横浜市久保山霊堂、横浜市南部斎場、浜市北部斎場)を利用することで、出来るだけ葬儀費用を安くするご提案を実施しております。

 

お陰様で、弊社はご利用いただいた皆様からの評価が非常に高く、「ご紹介」や「リピート」でのご依頼が半数を占めます。これからも『ご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービス』をモットーに、高品質な葬儀サービスのご提供に努めて参ります。

 

 

運営会社:株式会社花葬

川崎フロンターレ・川崎ブレイブサンダース 公式スポンサー

運営会社の紹介はこちら!

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名 価格(税抜) 人数の目安 葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000 人数の目安10名程度にオススメ 葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000 人数の目安20名程度にオススメ 葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000 人数の目安30名程度にオススメ 葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000 人数の目安100名程度にオススメ 葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。