川崎市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2020/06/21

無宗教葬儀(自由葬)について 2021年最新版

葬儀には、仏式や神式の葬儀などの宗派があります。最近では、特定の宗教にこだわらず、自由な形で葬式を行う「無宗教葬儀(自由葬)」が増加しています。また、事前に家族葬を行い、改めて自由な形で「お別れ会」をすることで、故人を偲ぶことも少なくありません。

今回は、マナーや供養など無宗教葬儀(自由葬)を徹底ガイドします。ぜひご覧ください。

1.無宗教葬儀(自由葬)の葬儀例

無宗教葬(自由葬)の形態は、自由です。故人らしく偲ぶものであれば、形式は問わずどんな形でも構いません。無宗教葬(自由葬)は宗教者を主体としない形態で式を行います。

 

「宗教にこだわらず葬式を行いたい」と希望する方に選ばれ、故人や遺族の意向が反映されやすい葬儀です。自由葬は、日本で最も多い仏式の葬儀とは会場作りも違うため、葬儀、進行、司会者、納骨、四十九日などをどのような形式で決めていくのかが悩みです。

 

自由葬を選択する場合は、経験豊富な葬儀社でなければ、スムーズな対応や提案ができないことがあります。相談の際は、葬儀社に施工例(実施例)を見せてもらうことをおすすめします。

 

また、近年はお寺様との関係が薄れていると言われて久しいです。しかし、菩提寺がある場合に自由葬を希望する際は、親族やお寺との話し合いも必要です。トラブルにならないよう、事前の相談が大切になります。

 

ここでは、自由葬で用いられることの多い葬儀例のいくつかを紹介します。

 

・仏式の読経の代わりに、故人の好きだった音楽を流す

音楽葬と呼ばれています。楽器やバンドによる演奏などが行われるケースもあり、音楽に重きを置いた式になります。

 

・メモリアルコーナーを設ける

生前の写真や家族、友人との写真、趣味のものなど思い出の品々を飾ることで、故人を偲びます。

 

・故人の思い出をビデオでたどる

専門業者に生前に撮影したビデオ編集の依頼などをし、葬儀で流します。ビデオのBGMとして音楽を入れるケースも多くなっています。

 

・焼香ではなく献花を行う

百合やカーネーションなどお花を用いて献花を行います。近年では、白や紫、ピンクなどカラフルな色合いの献花を手向けるケースも増加しています。

 

・家族全員が一言ずつ故人の思い出を述べる

家族の皆で生前の思い出を語り、故人を偲びます。

 

・祭壇ではなく、生花祭壇を飾る

生花祭壇で豪華な式にします。

2.無宗教葬儀(自由葬)のマナー

ここからは、服装や香典など無宗教葬儀(自由葬)のマナーを詳しく紹介します。

 

服装

無宗教葬儀(自由葬)の服装は、とくに指定がない場合は喪服で参列するとよいでしょう。遺族は正喪服や準喪服を、参列者は準喪服や略喪服を着用。靴やバッグなども黒系の物で揃えます。アクセサリーは華美なものは避け、着用する場合には、真珠の一連のネックレスが好ましいでしょう。

 

服装に迷った際は、仏式の葬儀と同様の服装にするのが一般的です。

 

香典

無宗教葬儀(自由葬)においても香典は持参するのが基本です。無宗教葬儀(自由葬)の不祝儀袋は、「御霊前」を選ぶのが一般的です。しかし、ご遺族が香典を辞退しているケースでは、お気持ちを汲んで持参しないのがよいでしょう。

 

献花

無宗教葬儀(自由葬)の献花の手順を紹介します。

 

①右手に花、左手に茎を持ちます。

②遺族に一礼後、遺影に一礼.

③花が自分の方に向くように祭壇に添えます。

④遺影に黙とうを捧げます。

⑤遺影に再度一礼し、ご遺族に一礼

⑥自席に戻ります。

3.無宗教葬儀(自由葬)の供養

ここからは、無宗教葬儀(自由葬)の供養の種類を紹介します。

 

■永代(えいたい)供養

菩提寺のお墓ではなく、継承者不要の「永代供養墓」がある寺院や霊園管理者に供養をしてもらいます。小さな墓が集まったものなどさまざまなタイプがあります。

 

■散骨

遺骨をパウダー状にして海(海洋散骨)などに撒いて供養します。散骨は、決められたルールを守ることが基本です。配慮する点や散骨が条例で禁止されている場所もあります。散骨を希望する場合は、葬儀社に事前に相談するのがおすすめです。

 

■樹木葬

樹木葬は、桜などの樹木に囲まれて葬儀を行うという意味ではありません。概念としては、樹木がお墓になります。樹木葬は「焼骨を墓地以外の区域に埋葬・埋蔵してはならない」という墓埋法に沿った形で行われます。尚、日本で最初に樹木葬を始めたのは、岩手県の知勝院です。

4.本記事のまとめ

無宗教葬儀(自由葬)は、自由な形式の葬儀であり、故人や遺族の意向を反映させ、その人らしい葬儀ができるものでとして人気となっています。無宗教葬儀(自由葬)を行う方は、葬儀内容や進行、納骨などの内容を葬儀社と相談しながら決めていくことがおすすめです。

 

横浜市や川崎市の葬儀には、ぜひ弊社をご検討ください。弊社は地域密着型の葬儀社であり、業界最安値など低価格を実現。地域のお客様からも厚い信頼を得ています。

 

花葬クラブにて無料相談を承っておりますので、まずは、お気軽に弊社へご連絡ください。

5.筆者のプロフィール

 

㈱花葬は、現代表の大屋徹朗(※平成21年9月30日に「葬祭ディレクター1級」を取得)が、大手葬儀社の営業時代に感じた『もっと低価格でご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービスを提供したい』との思いから、2017年に川崎市中原区で創業した葬儀社です。2021年10月で創業5年目を迎えますが、2021年5月末現在、横浜市・川崎市で既に1.500件以上の葬儀提供実績があり、おかげ様で多数のメディアでも取り上げられております。

 

現在、川崎フロンターレの公式スポンサーを務めており、両者と地域貢献活動でも連携を取っております。その取り組みが評価され、2020年、2021年に社会貢献が川崎市より評価され、表彰を受けました。また、2021年より「SDG.S 川崎市ゴールドパートナー」としても認定されています。

 

弊社では、可能な限りお客様のご要望を叶えるための柔軟な葬儀プランと併せて、川崎市の公営斎場(かわさき南部斎苑、かわさき北部斎苑)と横浜市の公営斎場(横浜市戸塚斎場、横浜市久保山霊堂、横浜市南部斎場、浜市北部斎場)を利用することで、出来るだけ葬儀費用を安くするご提案を実施しております。

 

お陰様で、弊社はご利用いただいた皆様からの評価が非常に高く、「ご紹介」や「リピート」でのご依頼が半数を占めます。これからも『ご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービス』をモットーに、高品質な葬儀サービスのご提供に努めて参ります。

 

 

運営会社:株式会社花葬

川崎フロンターレ・川崎ブレイブサンダース 公式スポンサー

運営会社の紹介はこちら!

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名 価格(税抜) 人数の目安 葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000 人数の目安10名程度にオススメ 葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000 人数の目安20名程度にオススメ 葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000 人数の目安30名程度にオススメ 葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000 人数の目安100名程度にオススメ 葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。