川崎市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2020/06/11

葬儀の生前予約・終活|2021年最新版

最近では、葬儀の生前予約をする人も増えています。葬儀の生前予約は、自身の葬儀について本人や家族が葬儀社と相談して決められるため、後悔のない葬儀にすることが可能です。

今回は、葬儀の生前予約のメリットやデメリットなどを徹底解説します。生前予約を検討される人は、ぜひ参考にしてください。

1.葬儀の生前予約とは?

葬儀の生前予約とは、自身の葬儀について生前から希望を葬儀社に相談しておくことです。葬儀形式や葬儀規模、式次第、費用など希望する内容を本人や家族が葬儀社に伝えます。日程はもちろん決められませんが、事前に葬儀社に相談することで、後悔のない葬儀を送ることができます。また、残された家族にできるだけ迷惑をかけたくないという場合にも、生前予約は選ばれているのです。

 

アメリカでは多くの人が、自分の希望に従って葬儀を行っています。日本では、20年ほど前から「生前予約」が浸透しました。本人が、葬儀社と葬儀内容や費用を決めて生前に契約するシステムが、日本における終活の1つとして珍しいものではなくなってきたのです。

2.生前予約をするメリットとは?

生前予約をするメリットには、以下のようなものがあります。

 

・納得のいくスタイルで葬儀を行える

納得のいくスタイルで葬儀を行えるのは、生前予約の大きなメリットといえるものです。通常の葬儀では、故人の思いを全て反映させるのは難しい側面もあります。その点、生前予約は、故人の意志の通りに葬儀を行えます。「参列者をたくさん呼んで盛大な葬儀にしたい」「趣味の音楽を会場に流す音楽葬にしたい」「希望のお花で斎場をいっぱいにしたい」などといった希望を叶えられるのです。

 

・大体の葬儀費用が分かることで、遺族や親族への負担を減らせる

葬儀において、家族にできるだけ迷惑をかけたくないと思う方も多いでしょう。その点生前予約は、自身の葬儀費用の大まかな金額を把握することが可能です。葬儀費用が分かることで、計画的に費用を残せるなど、遺族や親族への負担を減らせます。

 

・もしものときにも安心できる

生前予約は、自身の葬儀についてじっくりと考えられるため、もしもの時に安心できます。近年は、家族などを交えて生前予約を行うケースも多いといえます。本人だけでなく、家族にとってもいざという時の葬儀に備えられるのは、大きなメリットになるでしょう。

3.生前予約のデメリットとは?

メリットだけでなく、生前予約のデメリットについてもしっかりと理解しておきましょう。以下は、生前予約のデメリットについてまとめたものです。

 

・自分1人だけで決めることで、スムーズにいかない可能性がある

生前予約では、自身の希望する葬儀ができるのが大きなメリットになる一方で、自身の家族の気持ちを無視できません。そのため、葬儀がスムーズにいかない可能性もあるのです。後のトラブルを回避するためにも、生前予約について家族の了承を得ておくのがよいでしょう。

 

・生前予約から時間が経過することで上手く行かないケースも

生前予約をしてから時間が経ちすぎてしまうことで、葬儀が上手く行かないというケースもあります。希望の葬儀の形が変わる、葬儀会社が倒産してしまう、生前予約をした家族が亡くなってしまったなど、時間の経過とともにさまざまなことが変わってしまう場合もあるのです。途中解約できるプランや変更可能なプランを選ぶ、信頼できる葬儀会社を選ぶなど、時間の経過に備えて策を練っておくことがおすすめです。

4.生前予約は家族に相談する

生前予約は本人だけで決めてしまうケースも少なくありません。しかし、できるだけ家族に相談しておくのがよいでしょう。

 

希望の葬儀形式や葬儀規模、式次第、費用などについて予め伝えておくことで、家族もいざという時に慌てずに対処できます。特に費用を用意している場合には、その旨を伝えることで家族の心配を減らすことにつながるでしょう。

5.本記事のまとめ

生前予約は、家族の負担を減らし、希望のスタイルで葬儀を行えるなどのメリットがあります。近年は、葬儀形式が多様化し、家族葬や自由葬、直葬などさまざまな葬儀が行われるようになりました。生前予約は、故人の意志を尊重した葬儀が行えるものです。近年の傾向にあったものでもあり、人気となっているのです。

 

映画「男はつらいよ」の俳優・渥美清さんの葬儀では「この世からひっそりと消えたい」という遺志を尊重して、密葬が行われました。渥美清さんのように、故人の遺志を尊重できるのが、生前予約なのです。

 

横浜市や川崎市の葬儀や生前予約には、ぜひ弊社をご利用ください、弊社は、地域密着型の葬儀社であり、お客様のご要望に柔軟に対応できるのが大きな魅力です。また、業界最安値の低価格の葬儀は、地域のお客様から非常に喜ばれています。

 

自分らしい葬儀にするためにも、弊社で生前予約の相談をされてみてはいかがでしょうか。

 

6.筆者のプロフィール

 

㈱花葬は、現代表の大屋徹朗(※平成21年9月30日に「葬祭ディレクター1級」を取得)が、大手葬儀社の営業時代に感じた『もっと低価格でご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービスを提供したい』との思いから、2017年に川崎市中原区で創業した葬儀社です。2021年10月で創業5年目を迎えますが、2021年5月末現在、横浜市・川崎市で既に1.500件以上の葬儀提供実績があり、おかげ様で多数のメディアでも取り上げられております。

 

現在、川崎フロンターレの公式スポンサーを務めており、両者と地域貢献活動でも連携を取っております。その取り組みが評価され、2020年、2021年に社会貢献が川崎市より評価され、表彰を受けました。また、2021年より「SDG.S 川崎市ゴールドパートナー」としても認定されています。

 

弊社では、可能な限りお客様のご要望を叶えるための柔軟な葬儀プランと併せて、川崎市の公営斎場(かわさき南部斎苑、かわさき北部斎苑)と横浜市の公営斎場(横浜市戸塚斎場、横浜市久保山霊堂、横浜市南部斎場、浜市北部斎場)を利用することで、出来るだけ葬儀費用を安くするご提案を実施しております。

 

お陰様で、弊社はご利用いただいた皆様からの評価が非常に高く、「ご紹介」や「リピート」でのご依頼が半数を占めます。これからも『ご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービス』をモットーに、高品質な葬儀サービスのご提供に努めて参ります。

 

 

運営会社:株式会社花葬

川崎フロンターレ・川崎ブレイブサンダース 公式スポンサー

運営会社の紹介はこちら!

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名 価格(税抜) 人数の目安 葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000 人数の目安10名程度にオススメ 葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000 人数の目安20名程度にオススメ 葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000 人数の目安30名程度にオススメ 葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000 人数の目安100名程度にオススメ 葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。