川崎市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2021/09/25

川崎市の火葬式・直葬の費用相場や葬儀の流れ

川崎市の葬儀に、火葬式・直葬を選択する方も増えています。火葬式・直葬を行う場合、葬儀費用相場や葬儀の流れを理解しておくことが大切です。

今回は、川崎市の火葬式・直葬の葬儀費用相場や葬儀の流れ、おすすめの葬儀場などを紹介します。ぜひ参考にしてください。

1.火葬式・直葬とは

通夜や告別式を行わず、火葬のみの葬儀が火葬式・直葬です。火葬式・直葬は最も簡略化された葬儀形式であり、葬儀時間が半日程度と短いのが大きな特徴です。また、葬儀費用は葬儀形式の中で最も安くなります。

 

そして、コロナ禍では葬儀の形も柔軟に変化しています。「できるだけ短時間で葬儀を済ませたい」「参列者の人数を少なくしたい」などの要望に応える形として、火葬式・直葬が多くの場所で選ばれているのです。

 

火葬は、法律上ご逝去後24時間経過していない場合には執り行うことができません。火葬式・直葬を行う場合は、火葬場の空き状況や遺族の都合などを考慮し、日程を決定するものとなります。

2.川崎市の火葬式・直葬の葬儀費用相場

火葬式・直葬の一般的な葬儀費用相場は、15万~20万円程度です。

 

そして、消費者協会「第11回葬儀に関するアンケート調査報告書」2017年調べによると、東京、神奈川、埼玉の葬儀の平均費用は186万円、全国平均は195万7千円となっています。

 

また、一般葬の葬儀費用相場は100万円~200万円程度、一日葬の葬儀費用相場は40万円~60万円程度です。

 

データを見ると分かるように火葬式・直葬の葬儀費用は、全国平均や他の葬儀形式よりも安くなっています。

 

しかし、葬儀費用は選ぶ葬儀場や葬儀社によっても大きく異なるため、実際には15万円~20万円より安くなることも高くなることもあります。葬儀場や葬儀社を選ぶ際はこちらを参考にし、数社を比較検討しながら選びましょう。

 

火葬式・直葬の葬儀費用相場……15万~20万円程度

 

地域別に見た葬儀費用相場

地域 平均金額
東京・神奈川・埼玉 186万円
全国 195万7千円

3.川崎市の火葬式・直葬の流れ

3-1.臨終

葬儀社に連絡を入れ、ご遺体を迎えにきてもらいます。病院で亡くなった場合は、病院から葬儀社を紹介されるケースもあります。しかし、病院紹介の葬儀社は、費用が高額なるケースもあるため、注意が必要です。納得のいく葬儀にするためにも、遺族の意志で葬儀社を慎重に選ぶことが大切です。

 

3-2.安置

火葬の日程までは自宅や安置所でご遺体を安置するのが一般的です。横浜市を含む大都市圏の火葬場は、近年混雑傾向にあります。混雑状況によっては、数日間ご遺体を安置するといったケースもあります。

 

3-3.葬儀社との打ち合わせ

ご遺体の安置が終わると、葬儀社と打ち合わせをします。打ち合わせには、以下のような内容があります。

 

●区役所などの手続きの案内、必要事項の確認

●喪主の決定

●お葬式の日程と場所の選定

●葬儀プランと費用の決定

●宗教者の手配の有無

●祭壇や棺、骨壺の決定

●料理、返礼品の決定など

 

3-4.納棺、出棺

棺にお花や生前の思い出の品などを入れ、故人様と最後のお別れをします。納棺が終ると、火葬場へ出棺です。納棺から出棺までは1時間程度となっています。

 

3-5.火葬

火葬場へ移動し、火葬を執り行います。僧侶を呼ぶ場合は、火葬の前に読経があります。火葬が終わるまでの時間は1時間程度です。遺族や親族は、待合室などで待機します。

 

3-6.骨上げ

遺骨を骨壷に納める儀式が骨上げです。喪主から遺族の順に、二人一組でお骨を骨壷に納めます。尚、骨壺は「四十九日の法要」が終わるまで自宅で保管します。

 

3-7.葬儀社への支払い

葬儀社への支払いは、後払いであることがほとんどです。クレジットカードや現金、銀行振込などの方法で支払いを行います。

4.川崎市の火葬式・直葬におすすめの葬儀場

川崎市の火葬式・直葬には、かわさき北部斎苑かわさき南部斎苑の二つの公営斎場がおすすめです。川崎市の公営斎場は民営斎場に比べて利用料金が安く、葬儀から火葬まで同一施設で行えるのが大きな魅力です。火葬式・直葬に公営斎場を利用すれば、葬儀費用の大きな節約になります。

 

火葬場の利用料金は、川崎市民が12歳以上で6,750円となっています。川崎市民の利用料金が適用になるのは、故人が川崎市在中であった場合です。喪主の住民票が川崎市にあっても、故人が川崎市在中でなければ川崎市民の料金は適用されません。くれぐれも注意が必要です。

 

川崎市の葬儀場について詳しくはこちらをご覧ください。

施設名称 かわさき北部斎苑
所在地 〒213-0033
川崎市高津区下作延6-18-1
電話番号 044-822-3171
葬祭ホール 3室
火葬場 16炉
休憩室 11室

 

施設名称 かわさき南部斎苑
所在地 〒210-0863
川崎市川崎区夜光3-2-7
電話番号 044-277-8146
葬祭ホール 4室
火葬場 12炉
休憩室 9室

 

葬祭ホールの利用料金

収容人数 川崎市内 川崎市外
200人収容 90,000円 270,000円
100人収容 45,000円 135,000円
50人収容 22,500円 67,500円
25人収容 11,250円 33,750円

 

火葬場の利用料金

区分 川崎市内 川崎市外
火葬場12歳以上 6,750円 60,000円
火葬場12歳未満 4,500円 30,000円
火葬場死産児 2,250円 15,000円

 

4.川崎市の火葬式・直葬に向いている人

以下に、川崎市の火葬式・直葬に向いている人を記載しています。

 

火葬式・直葬に向いている人

 

●葬儀費用をできるだけ安く抑えたい

●故人が高齢で親族も高齢者が多いため、身体的負担の少ない式がしたい

●式を行う必要はないが、最後にお顔を見てしっかりとお別れしたい

●コロナ禍において、できるだけ遺族や参列者の対面時間を少なくしたい

 

葬儀費用を安く抑えたい場合や高齢者が多い葬儀などに、経済的負担や身体的負担を考慮して火葬式が選ばれています。また、コロナ禍ではできるだけ少人数、且つ、短時間で葬儀を済ませたいといった要望も増加。半日程度で行われる火葬式・直葬は、コロナ禍の葬儀に適したものとなっています。

5.川崎市の火葬式・直葬の葬儀社選び

選ぶ葬儀社によって葬儀プランの内容や費用が変わるため、葬儀社選びも非常に重要です。ここからは、川崎市の火葬式・直葬の葬儀社の選び方を紹介します。

 

5-1.地域の実績が豊富な葬儀社を選ぶ

川崎市の火葬式・直葬の葬儀実績が豊富な葬儀社を選びましょう。葬儀実績が豊富な葬儀社は、地域の葬儀事情やしきたりを理解しているため、安心して葬儀を任せることができます。

 

最近は、全国対応や一都三県対応の葬儀社も増えてきました。しかし、葬儀は地域のしきたりや葬儀事情を知らないと難しいことも多くあります。これらの葬儀社に依頼することでトラブルに発展するケースもありますので、くれぐれも注意が必要です。

 

川崎市の火葬式・直葬の葬儀社選びでは、葬儀実績が豊富な地域に根付いた葬儀社を選ぶのがおすすめです。

 

5-2.葬儀社の対応を確認する

問い合わせや相談の際に、葬儀社の対応をしっかりと確認しましょう。優秀な葬儀社は、遺族の要望をくみ取り、柔軟に対応してくれます。また、質問には分かりやすく丁寧に答えてくれるでしょう。

 

反対に一方的にプランを押し付けてくるような高圧的な態度の葬儀社は、よい葬儀社とはいえません。このような葬儀社には、くれぐれも注意が必要です。

 

5-3.口コミを参考にする

葬儀社の口コミも参考にします。最近では、インターネットなどには葬儀社の口コミが多く記載されるようになりました。口コミには、そこでしか知ることのできない利用者のリアルな声が掲載されることも少なくありません。火葬式・直葬に関する葬儀社の口コミと、実際に葬儀社を訪問してみた感想の両方を参考にしながら、優秀な葬儀社を選んでいきましょう。

6.本記事のまとめ

川崎市の火葬式・直葬の葬儀費用相場は、15万円~20万円程度と安いのが特徴的です。また、コロナ禍において短時間で葬儀が終わる火葬式・直葬は、多くの人に選ばれています。

 

川崎市の火葬式・直葬には、弊社がおすすめです。弊社は、業界最安値の葬儀を提供し、火葬式・直葬の実績が豊富にあります。地域に根付いていますので、安心して葬儀を任せることが可能です。

 

弊社では、事前相談も承っております。まずは、お気軽に弊社へお問い合わせください。

 

 

※本記事と併せてお読みいただきたい記事はこちら!

川崎市の火葬式・直葬の流れや費用相場について解説。おすすめの葬儀場2選と葬儀社選びのポイントもご紹介

直葬(火葬式)が最近増えている理由やメリット・デメリットとおススメの火葬場の紹介【2021年最新版】

川崎で葬儀社に低価格の直葬を依頼するなら花葬へ!費用の相談と直葬のメリット

7.筆者のプロフィール

 

㈱花葬は、現代表の大屋徹朗(※平成21年9月30日に「葬祭ディレクター1級」を取得)が、大手葬儀社の営業時代に感じた『もっと低価格でご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービスを提供したい』との思いから、2017年に川崎市中原区で創業した葬儀社です。2021年10月で創業5年目を迎えますが、2021年5月末現在、横浜市・川崎市で既に1.500件以上の葬儀提供実績があり、おかげ様で多数のメディアでも取り上げられております。

 

現在、川崎フロンターレと川崎ブレイブサンダースの公式スポンサーを務めており、両者と地域貢献活動でも連携を取っております。その取り組みが評価され、2020年、2021年に社会貢献が川崎市より評価され、表彰を受けました。また、2021年より「SDG.S 川崎市ゴールドパートナー」としても認定されています。

 

弊社では、可能な限りお客様のご要望を叶えるための柔軟な葬儀プランと併せて、川崎市の公営斎場(かわさき南部斎苑、かわさき北部斎苑)と横浜市の公営斎場(横浜市戸塚斎場、横浜市久保山霊堂、横浜市南部斎場、浜市北部斎場)を利用することで、出来るだけ葬儀費用を安くするご提案を実施しております。

 

お陰様で、弊社はご利用いただいた皆様からの評価が非常に高く、「ご紹介」や「リピート」でのご依頼が半数を占めます。これからも『ご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービス』をモットーに、高品質な葬儀サービスのご提供に努めて参ります。

 

 

運営会社:株式会社花葬

川崎フロンターレ・川崎ブレイブサンダース 公式スポンサー

運営会社の紹介はこちら!

川崎の葬儀でよくある質問

  • qaアイコン
    火葬式・直葬とは、どのような葬儀ですか?
    qaアイコン
    火葬のみを行うのが火葬式・直葬であり、お通夜や葬儀・告別式は行いません。
  • qaアイコン
    川崎市で火葬式・直葬が増えている理由は何ですか?
    qaアイコン
    直近では、コロナ禍で大勢での密集を避ける意味で、短時間で終わる火葬式・直葬を利用される方も多いです。 また、ここ数年では、葬儀の簡略化が進んでおり、火葬式・直葬は葬儀費用が安く、葬儀時間も短いので利用する方が増えています。
  • qaアイコン
    川崎市で火葬式・直葬を利用するのはどんな人ですか?
    qaアイコン
    葬儀費用を安く抑えたい人、葬儀時間を短縮したい人、コロナ禍を考慮して出来るだけ参列者の密集を避けて葬儀を短く終わらせたい人などが多く利用されています。
一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名 価格(税抜) 人数の目安 葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000 人数の目安10名程度にオススメ 葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000 人数の目安20名程度にオススメ 葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000 人数の目安30名程度にオススメ 葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000 人数の目安100名程度にオススメ 葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。