お亡くなり・ご危篤の場合

川崎市の葬儀・家族葬なら1級葬祭ディレクター在籍の葬儀社・花葬


2020/10/15

横浜市の葬儀について徹底解説!葬儀場や火葬場、費用などについて知りたい

皆さんは、横浜市にある葬儀場や火葬場、葬儀社などについて知っていますか?横浜市で葬儀を執り行われる方は、葬儀場や火葬場、費用相場などについて詳しく理解しておきたいところです。

今回は、横浜市でおすすめの葬儀場や費用相場、葬儀社を選ぶポイントなど、横浜市の葬儀について徹底解説します。

1.横浜市の葬儀について

横浜市の葬儀では、公営斎場を利用することが多くなっています。

 

公営斎場は、民営斎場などに比べて比較的安く利用できることなどから、横浜市民の方に人気です。そして、公営斎場を利用する場合、予約や手配などを全て自身で行わなければならないため、葬儀社に依頼するのが一般的です。

 

葬儀社は、斎場の予約から当日の段取りまで全ての手配を行ってくれますので、公営斎場を検討されている方は、まず葬儀社に相談するのがよいでしょう。そして、横浜市では、公営斎場の他に寺院斎場や民営斎場を利用するといったケースもあります。

2.横浜市の葬儀におすすめの公営斎場

横浜市には、4つの公営斎場があります。公営斎場は、火葬場のみの施設、火葬場と葬祭ホールがある施設、葬祭ホールの規模など、施設によってそれぞれに内容が異なります。

 

公営斎場を利用される方は、葬儀の規模や交通の便、葬儀費用などを考慮し、できるだけ希望に近い斎場を選んでいくことが大切。

 

ここからは、横浜市でおすすめの4つの公営斎場について詳しく見ていきましょう。

 

戸塚斎場

横浜市戸塚区にある公営斎場が、戸塚斎場。戸塚斎場は、戸塚区はもちろんのこと、港南区、栄区、泉区など横浜市南部や西部の方などに多く利用されている施設です。そして、横浜市の公営斎場の中でもペット火葬ができる唯一の施設となっており、ペット火葬に利用される方も少なくありません。

戸塚斎場には、火葬場と葬祭ホールがあります。火葬炉の数や葬祭ホールの席数など施設の概要は以下の通りです。

 

戸塚斎場の施設詳細

住所〒244-0001
神奈川県横浜市戸塚区鳥が丘10番地の5
電話番号045-864-7001
火葬炉の数6炉
火葬場の休憩室の数8室(5室は40人用、3室は20人用)
葬祭ホールの数2室(1階と2階にそれぞれ1室ずつ)
葬祭ホールの席数各室64席

市営斎場のご案内|横浜市より筆者作成)

 

戸塚斎場には、約30台の駐車スペースがありますが、駐車場には限りがあるため、できるだけ公共交通機関を利用するのがおすすめ。電車、バスなどを利用して行く場合は、市営地下鉄ブルーライン踊場駅、JR線と市営地下鉄ブルーラインの戸塚駅、相鉄いずみ野線弥生台駅の3つの駅からアクセスが可能。踊場駅4番出口からは徒歩15分、戸塚駅からは、西口を出て戸塚バスセンターの乗り場から神奈川中央交通バス戸79系統「弥生台駅行き」に乗車し、「戸塚斎場前」で下車。また、弥生台駅からは、神奈川中央交通バス戸79系統「戸塚バスセンター行き」に乗車し、「戸塚斎場前」で下車します。

 

北部斎場

横浜市緑区にある北部斎場は、緑区や旭区、青葉区、都筑区など横浜市北部の方が利用することが多くなっており、火葬場と葬祭ホールが併設されています。そして、火葬炉が16炉、葬祭ホールが4室ある部屋が100席と、公営斎場の中でも規模の大きい施設です。施設の概要は、以下の通り。

 

北部斎場の詳細

住所〒226-0026
横浜市緑区長津田町5125番地1
電話番号045-921-5700
火葬炉の数16炉
火葬場の休憩室の数16室(14室は40人用、2室は20人用)
葬祭ホールの数4室(全て1階にあります)
葬祭ホールの席数各室100席

市営斎場のご案内|横浜市より筆者作成)

 

北部斎場は、地上に60台、地下に120台と広い駐車スペースが確保されているため、車で来場される方も多いようです。電車・バスなどを利用する場合は、JR線十日市場駅を降り、南口から市営バス55系統「若葉台中央行き」に乗車し、「北部斎場入口」で下車。そして、北部斎場入口交差点を曲がって直進すると、施設があります。バスを下車してからは、徒歩で10分程度となっています。

 

南部斎場

横浜市金沢区にあるのが、南部斎場。南部斎場は、金沢区や磯子区、栄区、港南区など横浜市南部の方が利用することの多い施設であり、火葬場と葬祭ホールがあります。南部斎場の施設の概要は、以下の通り。

 

南部斎場の詳細

住所〒236-0036
横浜市金沢区みず木町1番地
電話番号045-785-9411
火葬炉の数10炉
火葬場の休憩室の数7室(40人用)
※7室のうち2室は、仕切りをすることで
20人用として利用が可能。
葬祭ホールの数2室(1階と2階にそれぞれ1室ずつ)
葬祭ホールの席数1階 48席 / 2階 67席

市営斎場のご案内|横浜市より筆者作成)

 

南部斎場には、普通自動車が64台、バスが10台停めることのできる駐車場があります。電車やバスを利用する方は、京浜急行線の金沢八景駅や金沢文庫駅から行くことが可能。金沢八景駅からは、神奈川中央交通バスまたは、京浜急行バスに乗り、「隧道東口」で下車し、徒歩10分程度で施設に到着。金沢文庫駅西口からは、タクシーで15分程度となっています。

 

久保山斎場

久保山斎場は、横浜市西区に位置し、西区や保土ヶ谷区、神奈川区、南区、中区など、横浜市東部の方が利用することが多くなっています。そして、久保山斎場には葬祭ホールがなく、火葬場のみの施設です。久保山斎場を利用される方は、近隣の久保山霊堂を葬祭ホールに利用することも多く、他には、寺院斎場や民営斎場を利用するケースなどもあります。久保山斎場の施設概要は、以下の通り。

 

久保山斎場の施設詳細

住所〒220-0063
横浜市西区元久保町3番1号
電話番号045-231-3060
火葬炉の数12炉
火葬場の休憩室の数12室(40人用)

 

久保山斎場は、普通自動車が68台、バスが12台と、合計で80台の駐車スペースがあります。電車やバスを利用する場合は、京浜急行線の黄金町駅、JR横須賀線の保土ケ谷駅、相鉄線の西横浜駅の3つの駅からアクセスができ、いずれの場合も、駅から市営バスに乗り、「久保山霊堂前」で下車します。

 

火葬場の利用料金

公営斎場の火葬場の利用料金は、どの施設も一律の料金設定です。そして、葬祭ホールは、施設毎に料金が設定されています。どちらも横浜市内の方と市外の方では、異なる料金設定となっています。

 

火葬場の利用料金

区分横浜市内横浜市外
10歳以上12,000円50,000円
10歳未満8,000円34,000円
死胎児2,400円10,000円
人体の一部2,400円10,000円

 

火葬料金・休憩室使用料金|横浜市より筆者作成)

 

 

葬祭ホールの利用料金

葬祭ホールの利用料金

施設名横浜市内横浜市外
戸塚斎場各室50,000円各室75,000円
北部斎場各室50,000円各室75,000円
南部斎場1室利用:各室80,000円
大ホール利用220,000円
1室利用:各室120,000円
大ホール利用:各室330,000円

 

葬祭ホール使用料金|横浜市より筆者作成)

 

 

予約方法

公営斎場の予約は、インターネット予約サービスと自動音声による電話予約サービスがあります。

 

初めての予約の場合は、事前の業者登録が必要。火葬場のみの予約の場合は、横浜市民の方は利用日の7日前から、市外の方は利用日の3日前から予約が可能。葬祭ホールの予約は市民の方は利用日の6日前から、市外の方は2日前から予約ができます。

 

尚、葬祭ホールを予約したい場合は、通夜、告別式、火葬を同一斎場で行うことが条件となっており、葬祭ホールを予約することでこれらが一括で予約されるシステムとなっています。

 

横浜市斎場予約方法

インターネット予約サービス横浜市営斎場・斎場予約システム
電話予約サービス048-663-8771

火葬炉・斎場ホールの予約|横浜市より筆者作成)

3.横浜市の葬儀費用の相場とは?

葬儀費用の相場は、葬儀規模や葬儀スタイルなどによっても大きく異なるため、一概にいくらと言えるものではありません。一般葬の場合は100万円~200万円、家族葬の場合は50万円~80万円が一般的な葬儀の費用相場といえます。

 

ここでは、横浜市の葬儀社である花葬と、他社の葬儀費用の比較を例に横浜市の費用相場を見ていきましょう。表を見ると、依頼する葬儀社によっても、費用は大きく異なることが分かります。花葬は、公営斎場を利用することも多く、比較的安い価格での葬儀を提供している横浜の葬儀社です。

 

・ 花葬         39.3万円

・ T社(ネット葬儀社) 48.8万円

・ M社(会員制)    約110万円

・ A社(ネット葬儀社) 35万円~

・ W社         65万円~

4.葬儀社を選ぶ際のポイント

葬儀を営まれる方は、葬儀社を選ぶ際のポイントについても知っておきたいところでしょう。ここからは、ポイントについて詳しく解説します。

 

葬儀費用の明確さ

葬儀社を選ぶ際は、葬儀費用の明確さを見ていくとよいです。

 

葬儀費用の見積書が提出されたら、内容に不明瞭な点はないかをチェックしていくことが大切。

 

具体的には、「ドライアイス」「枕飾り」など費用の詳細な項目についてしっかりと記載があるかどうか、追加でかかる費用など見積書に含まれていない金額について、担当者による説明があるかどうかなどを見ていきます。

見積書について疑問点や不明点がある場合は、積極的に担当者に質問をし、疑問を解消していく必要があります。

 

担当者の対応

担当者の対応も大切なポイントになるのが、葬儀社選び。葬儀社選びは、親切で丁寧な受け答えなど、担当者が信頼のおけるものであるかどうかをしっかりと見ていかなければなりません。

 

担当者は、葬儀社の顔と呼べるものでもあり、葬儀社を表すものでもあります。高圧的で一方的な提案をしてくるような不誠実な対応が垣間見えた場合は、その葬儀社に依頼するのは辞めたほうがよいといえるかもしれません。

 

口コミなども参考に

葬儀社は、口コミサイトなども参考にしていくとよいです。当然ながら口コミは、葬儀社を知る一つの目安となります。

 

葬儀社に直接聞きにくいような内容が口コミに記載されていたといったケースもあるため、口コミには一度目を通し、参考にしていくことがおすすめです。

5.横浜市で葬儀を営まれる方は花葬へご相談を

おすすめの葬儀場や火葬場、費用相場など、横浜市の葬儀について解説しました。横浜市には、4つの公営斎場があり、横浜市民の方は、比較的安い金額で利用できることなどが分かりました。

 

横浜市で葬儀を営まれる方は、葬儀費用を適性化し、低価格を実現している花葬への依頼をご検討ください。

 

横浜市の葬儀社選びに悩まれている方は、ぜひ一度花葬へご相談ください。

 

 

一覧へ戻る
   資料請求