横浜市の葬儀コラム|葬儀なら花葬


2021/09/11

横浜市の葬儀の流れ 逝去~支払いまで

横浜市でいざ葬儀を行うと、葬儀の流れについて意外に知らないことも多くあると気づきます。いざという時の葬儀に慌てないためにも、事前に葬儀の流れや葬儀場などを理解しておくことが大切です。

今回は、横浜市の葬儀の流れやおすすめの葬儀場を紹介します。ぜひご覧ください。

1.横浜市の葬儀の流れ

では、早速横浜市の葬儀の流れを詳しく見ていきましょう。

 

①臨終、お迎え、ご安置

お亡くなりになると、葬儀社に連絡を入れます。病院から安置所、ご自宅など指定の場所までご遺体を運んでもらいます。

 

②葬儀社との打ち合わせ

ご遺体を安置し、ひと段落着いたら、葬儀社と打ち合わせを行います。打ち合わせでは、以下のような内容を決めます。

 

●葬儀日程の決定

●喪主の決定

●役場や役所での手続き内容の確認

●宗派の確認

●葬儀場や葬儀プランの選定

●葬儀費用の決定

●お坊さんの手配

●葬祭用品の決定

●返礼品の選定

●料理の手配など

 

葬儀について希望がある場合は、できるだけ打ち合わせの際に伝えましょう。

 

③納棺

故人の好きだったものや生前の思い出の品、お花などを入れ、ご遺体と最後のお別れをします。火葬が終わるまでの時間は1時間程度です。遺族や親族は、待合室などで待機します。

 

④通夜

通夜の進行は、葬儀社が行うのが基本です。遺族は、受け付け開始の2時間前には会場に入ります。葬儀社と打ち合わせを行い、通夜の流れを確認します。供花や供物、会葬礼状、芳名帳などのチェックを行い、不備があれば葬儀社に伝えましょう。

 

通夜では、僧侶による読経と焼香、遺族や参列者による焼香などを行います。焼香が終わると、参列者に返礼品と会葬礼状をお渡しする流れです。通夜の最後には、喪主が挨拶を行います。

 

⑤通夜振る舞い

通夜が終わると、別室で通夜振る舞いが行われます。遺族や親族、参列者とともに生前の思い出を語り、故人を偲びます。

 

⑥葬儀・告別式、出棺

葬儀・告別式の開始1時間前には会場に入ります。葬儀・告別式の進行も基本的には葬儀社が行います。葬儀・告別式の流れなどを葬儀社と打ち合わせし、不明点については事前に確認しましょう。

 

僧侶による読経と焼香、遺族、参列者による焼香が終わると、出棺になります。出棺の際に地域によっては、棺に釘を打つ釘打ちの儀を行う場合もあります。出棺準備が終わると、遺族や親族などで棺を寝台車に乗せ、火葬場へ向かう流れです。

 

⑦火葬

火葬場へ移動し、火葬を執り行います。お坊さんを呼ぶ場合は、火葬の前に読経があります。火葬が終わるまでは、待合室などで待機します。

 

⑧骨上げ

遺骨を骨壷に納める儀式が骨上げです。喪主から遺族の順に、二人一組でお骨を骨壷に納めます。

 

⑨お支払い

葬儀費用は、葬儀後に葬儀社に支払う形がほとんどです。葬儀社によっては、葬儀後のアフターフォローに対応しているところもあります。

2.横浜市でおすすめの公営葬儀場4選!

横浜市の葬儀には、戸塚斎場、北部斎場、南部斎場、久保山霊堂の4つの公営斎場がおすすめです。公営斎場は利用料金が安く、葬儀から火葬までを同一施設で行えるのが大きな魅力です。横浜市内でも人気が高く、小規模の葬儀から大規模の葬儀までさまざまな葬儀が執り行われています。

 

ここからは、4つの公営斎場を詳しく見ていきましょう。

 

戸塚斎場

戸塚斎場は戸塚区に位置し、2つの葬祭ホールと6炉の火葬場を併設した葬儀場です。バリアフリーに対応し、売店や控室もあるなど設備が充実しています。宿泊は5名まで可能です。シャワーの設備はありませんが、布団を借りられます。また、戸塚斎場は、公営斎場の中でペット火葬ができる唯一の葬儀場です。

 

戸塚斎場へのアクセスは、電車やバスを利用する場合、市営地下鉄ブルーライン踊場駅、JR線と市営地下鉄ブルーラインの戸塚駅、相鉄いずみ野線の弥生台駅の3つの駅からアクセスが可能。踊場駅からは、4番出口を出て、徒歩15分程度で着きます。タクシーを利用する場合は、戸塚駅西口から乗車し、約10分程度になります。

 

駐車場は、約50台と限られたスペースしかないため、できるだけ公共交通機関を利用するのがよいでしょう。

 

施設名称 戸塚斎場
所在地 〒244-0001
横浜市戸塚区鳥が丘10-5
電話番号 045-864-7001
火葬炉 6炉
休憩室 8室(5室は40人用、3室は20人用)
葬祭ホール 2室(1階と2階にそれぞれ1室ずつ)
各室64席

戸塚斎場の詳細はこちら

 

葬祭ホールの利用料金

施設名 横浜市内 横浜市外
戸塚斎場 各室50,000円 各室75,000円

 

北部斎場

横浜市緑区にある北部斎場は、100人収容可能な4室の葬祭ホールと16炉の火葬場があります。豪華な葬儀から小規模の葬儀までさまざまな葬儀に対応。横浜市北部を始めとした多くの方が利用しています。

 

駐車場は約180台と広いスペースがあります。そのため自家用車を利用して来場する方も少なくありません。電車やバスでは、JR横浜線十日市場駅や東急田園都市線青葉台駅から行くことができます。タクシーでは、JR横浜線、東急田園都市線の長津田駅南口から10分程度で到着します。

 

施設名称 北部斎場
所在地 〒226-0026
横浜市緑区長津田町5125-1
電話番号 045-921-5700
火葬炉 16炉
休憩室 16室(14室は40人用、2室は20人用)
葬祭ホール 4室(1階に併設)

北部斎場の詳細はこちら

 

葬祭ホールの利用料金

施設名 横浜市内 横浜市外
北部斎場 ・1室利用
各室80,000円
・大ホール利用
220,000円
・1室利用
各室120,000円
・大ホール利用
各室330,000円

南部斎場

南部斎場は、横浜市金沢区にあります。2室の葬祭ホールと10炉の火葬場が併設され、一般葬や家族葬だけでなく、社葬にも対応しています。

 

駐車場は約74台の駐車スペースです。自家用車やマイクロバスで来場される方も多くなっています。タクシーを利用する場合、京浜急行「金沢文庫駅」西口から約10分程度で到着。電車やバスでのアクセスは、京浜急行「金沢八景駅」から神奈川中央交通バス、または京浜急行バスに乗り、下車後徒歩10程度になります。

 

施設名称 南部斎場
所在地 〒236-0036
横浜市金沢区みず木町1番地
電話番号 045-785-9411
火葬炉 10炉
休憩室 7室(40人用)
※7室のうち2室は、仕切りをすることで20人用として利用が可能。
葬祭ホール 2室(1階と2階にそれぞれ1室ずつ)
1階:48席
2階:67席

南部斎場の詳細はこちら

 

葬祭ホールの利用料金

施設名 横浜市内 横浜市外
南部斎場 各室50,000円 各室75,000円

 

久保山霊堂

横浜市西区にあるのが、久保山霊堂です。久保山霊堂に火葬場はなく、葬祭ホールのみの施設です。火葬場には歩いて約3分の場所にある久保山斎場を利用することが可能です。久保山斎場も公営斎場であるため、安い料金設定となっています。久保山霊堂と久保山斎場を葬儀に利用すれば、葬儀費用を大きく節約できるでしょう

 

久保山霊堂の駐車場は約30台の限られたスペースしかありません。来場する際は、できるだけマイクロバスや公共交通機関を利用するのがおすすめです。

 

タクシーでは、JR横須賀線保土ケ谷駅東口から約5分程度で到着します。電車やバスを利用する場合、京浜急行黄金町駅、JR横須賀線保土ケ谷駅東口からバスに乗り、「久保山霊堂前」で下車します。

 

施設名称 久保山霊堂
所在地 〒220-0063
横浜市西区元久保町1-1
電話番号 045-231-7343
火葬炉 なし。
※火葬場には近隣の久保山斎場を利用できる。
休憩室 なし
葬祭ホール 2室
大式場:220席
小式場:40席

久保山霊堂の詳細はこちら

 

葬祭ホールの利用料金

施設名 横浜市内 横浜市外
久保山霊堂 1時間10,000円
(通夜・告別式)
・1時間1,000円(法事など)
・1時間4,000円(通夜・告別式)

 

火葬場の利用料金

戸塚斎場、北部斎場、南部斎場、久保山斎場の火葬場の利用料金は、横浜市民が10歳以上で12,000円と安い料金設定が魅力です。喪主が横浜市在中であっても、故人が横浜市在中でなければ横浜市民の料金は適用になりませんので、混同しないよう注意が必要です。

 

火葬場の利用料金

区分 横浜市内 横浜市外
10歳以上 12,000円 50,000円
10歳未満 8,000円 34,000円
死胎児 2,400円 10,000円
人体の一部 2,400円 10,000円

火葬料金・休憩室使用料金|横浜市より筆者作成)

3.横浜市の葬儀社について

選ぶ葬儀社によって葬儀費用や葬儀内容は大きく異なります。そのため葬儀社選びは、非常に重要になります。

 

最近では、一都三県や全国対応などの葬儀社も増えてきました。しかし、葬儀は、土地の特徴や葬儀事情を理解していないと難しいことも多くあります。これらの葬儀社に依頼することでトラブルに発展するケースもありますので、くれぐれも注意が必要です。

 

横浜市の葬儀には、地域密着型の葬儀社を利用するのがおすすめです。地域に付いた葬儀社は地域の葬儀事情をよく理解し、葬儀実績が豊富にあります。地域密着型の葬儀社を探すには、葬儀社の口コミや知人などの意見を参考にするのがよいです。複数の葬儀社を比較検討しながら、優秀な葬儀社を選んでいきましょう。

4.本記事のまとめ

横浜市の葬儀の流れについて詳しく紹介しました。横浜市で葬儀を行う際は、利用料金の安い4つの公営斎場を利用するのがおすすめです。

 

横浜市の葬儀でお悩みの方は、地域密着型の弊社をご利用ください。弊社は、業界最安値の葬儀を提供し、地域の葬儀の実績が豊富にあります。横浜市の葬儀事情をよく理解していますので、安心して葬儀を任せることが可能です。

 

事前相談も承っておりますので、まずはお気軽に弊社へご相談ください。

 

 

※本記事と併せてお読みいただきたい記事はこちら!

横浜市の葬儀・家族葬の常識・風習・しきたりを解説

神奈川県横浜市で家族葬を検討する際の費用相場は?葬儀費用一式、飲食接待費用、宗教者へのお礼の費用などを徹底解説!

神奈川県横浜市ではアットホームな家族葬が増加中!家族葬におすすめの葬儀場や葬儀費用、葬儀マナーなどを紹介

5.筆者プロフィール

 

㈱花葬は、現代表の大屋徹朗(※平成21年9月30日に「葬祭ディレクター1級」を取得)が、大手葬儀社の営業時代に感じた『もっと低価格でご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービスを提供したい』との思いから、2017年に川崎市中原区で創業した葬儀社です。2021年10月で創業5年目を迎えますが、2021年5月末現在、横浜市・川崎市で既に1.500件以上の葬儀提供実績があり、おかげ様で多数のメディアでも取り上げられております。

 

現在、川崎フロンターレと川崎ブレイブサンダースの公式スポンサーを務めており、両者と地域貢献活動でも連携を取っております。その取り組みが評価され、2020年、2021年に社会貢献が川崎市より評価され、表彰を受けました。また、2021年より「SDG.S 川崎市ゴールドパートナー」としても認定されています。

 

弊社では、可能な限りお客様のご要望を叶えるための柔軟な葬儀プランと併せて、川崎市の公営斎場(かわさき南部斎苑、かわさき北部斎苑)と横浜市の公営斎場(横浜市戸塚斎場、横浜市久保山霊堂、横浜市南部斎場、浜市北部斎場)を利用することで、出来るだけ葬儀費用を安くするご提案を実施しております。

 

お陰様で、弊社はご利用いただいた皆様からの評価が非常に高く、「ご紹介」や「リピート」でのご依頼が半数を占めます。これからも『ご遺族の気持ちに寄り添ったご葬儀サービス』をモットーに、高品質な葬儀サービスのご提供に努めて参ります。

 

 

運営会社:株式会社花葬

川崎フロンターレ・川崎ブレイブサンダース 公式スポンサー

運営会社の紹介はこちら!

横浜市の葬儀でよくある質問

一覧へ戻る

低価格でも満足の葬儀!
花葬の4つのセットプラン

プラン名 価格(税抜) 人数の目安 葬儀の流れ
火葬プラン
式を行わない火葬だけのプラン火葬プラン
価格(税抜)138,000 人数の目安10名程度にオススメ 葬儀の流れ火葬プラン
日葬プラン
通夜を行わない告別式だけのプラン1日葬プラン
価格(税抜)288,000 人数の目安20名程度にオススメ 葬儀の流れ1日葬プラン
2日葬プラン
通夜・告別式を行う一般的なプラン2日葬プラン
価格(税抜)388,000 人数の目安30名程度にオススメ 葬儀の流れ2日葬プラン
ハイクラスプラン
花いっぱいのお葬式ハイクラスプラン
価格(税抜)618,000 人数の目安100名程度にオススメ 葬儀の流れハイクラスプラン

※各プランの表示価格は「資料請求割引適応後」の価格です。
※ご希望の条件によっては対応できないプランがございます。詳しくはご相談ください。